40代からのパート探し。不採用にならないコツは?

子育ても落ち着いてパートに出たい。40代だけど大丈夫?

家事や育児に追われた30代を過ぎ、気付けばもう40代。子供達も手がかからなくなって、これからのためにそろそろ私も仕事に出たい。でも、いきなりフルタイムは難しいからまずは家の近くでパートから始めてみようかな、と考える人が多いようです。でもやはり不安になるのは、年齢的に受け入れてくれるパート先がどれだけあるかな……というところ。スキルや資格があれば別ですが、未経験でも受け入れてくれるものでしょうか。という疑問を持っている人のために、40代からでも活躍できるパートはどんなものがあるか、そして面接時に印象がグッと良くなるコツもチェックしてみましょう。

未経験でも働けるパートでオススメのものは?

一般的なパートの仕事は、よほどの専門職でない限り、資格や技術が必要なものはありません。ですから未経験でも数ヶ月働けばひと通りの仕事は覚えることができますし、チェーン展開している店舗などでは必ずしっかりとしたマニュアルがあるので心配することはありません。その点ではカフェ、居酒屋などの飲食系、スーパー、コンビニなどの小売大手チェーンなどは未経験でも安心して応募できるパートの代表格といえます。そのほか家事代行や調理、試食販売など、その仕事としては未経験でも、普段の家事でやり慣れていることを活かした職種がオススメです。

久しぶりの面接……。不採用にならないコツってあるの?

学生時代のバイトや就職活動で面接の経験はあるものの、それはもう20年以上前の話。履歴書の書き方も忘れてしまっていませんか?そんなときはこちらの記事を参考にしてください。

採用への第一歩! パート応募のための履歴書 | シラソン 知らないと損するパートのギモン

また、面接時に意外と見られているのが「髪型」や「髪の色」など、頭髪に関する部分です。家事に追われてついつい美容院に行く時間が無く、面接の前日になって慌てて髪染めをするハメに……ということにならないよう、こちらの記事でチェックしておくといいですよ。

第一印象が大事! パート採用の面接におすすめのヘアスタイル | シラソン 知らないと損するパートのギモン

また、採用活動では面接に至るまでの電話やメールでのやりとりや、当日の履歴書の書き方、挨拶、言葉使い、立ち居振る舞いなど細かい部分をチェックされます。その点は10代や20代と比べてさまざまな経験を積んできているアドバンテージを存分にアピールするチャンスです。採用側としては、本来の想定より年齢が少し上の人材でも、即戦力で欲しい人材であれば採用したいと思うはず。電話の応対がちゃんとしていたり、履歴書が丁寧に書かれていたり、身なりが落ち着いたりしていれば、それだけ不採用になりにくくなると考えた方がいいでしょう。

「未経験」でも大丈夫。人生の「経験」をポジティブにプレゼンして!

人生の中で40代はいちばん経験、気力とも充実し、仕事にもやりがいを感じる年代とよく言われます。若い世代にはまだ難しい、現場をうまくまとめられる力や、誰に対しても丁寧な付き合い方、いつも笑顔を絶やさないことなど、今の年齢だからこそできる「人生経験スキル」があるはずです。仕事の経験は実際働き始めればおのずと身に付くものですし、あまり気にする必要はありません。そのかわり面接時にあなたの「人生経験スキル」をできるだけポジティブにプレゼンする準備を怠らないことが肝心です。採用する側はあなたの年齢ではなく、仕事に対する「ブランク感」を敏感に感じ取ります。「ブランク」が実際にあっても、そのことをネガティブに考えていると、ポテンシャルの見込める若年層を優先してしまうことも考えられますので、経験、未経験問わず、常に仕事に対してポジティブな印象で話ができるようにしましょう。

いかがでしたか?それぞれの年代にあった働き方が問われる今の時代において、40代以上でも未経験から始められるパートはさまざまな職種があることが分かります。年齢を重ねた今、新しい環境に身を置くことはとても勇気のいることですが、きっと自分自身にとってプラスになることが多いはずですから、しっかりと準備をして臨みましょう。

シラソン