面接や履歴書の志望動機って?

パートをしたいという熱意を込めることが大切

パートに応募するとき、頭を悩ませるのは面接や履歴書で必要な【志望動機】ではないでしょうか。いくら真剣に履歴書を書いても、志望動機によってパートの合否が左右されるのでは?と思ってしまえば何も頭に浮かんできませんよね。志望動機だけで判断されるなんておかしい!と思う人もいるかもしれませんが、もしあなたと同じような年齢・経歴の人が応募してきたら、二人をふるいにかけるには志望動機の内容が決め手となってしまう可能性もあります。
それならば、どんな志望動機でパートの面接に挑み、履歴書を書けばよいでしょうか。

スタンダードな志望動機で勝負!

よくある志望動機ではいくつもある履歴書のなかに埋もれてしまうかもしれない。そう不安になる方はいませんか?しかし、あまりにも奇抜であったり、明らかな嘘を書いたりすると採用担当者への印象は悪くなります。志望動機で大切なのは、ここで働きたい!という意思を伝えることです。あなたの強い思いを応募先に知ってもらえるような文章を作れるよう、ポイントを抑えておきましょう。

応募先(店舗、会社など)にふれて書く
あなたがパート先に選んだのならその店舗や会社について少しは知っていますよね。どんなところがあなたにとって魅力に感じたのかをアピールしながら、志望動機を書きましょう。

【例文】
以前から店に通っていましたが、スタッフの方はいつも優しく丁寧な接客をしてくださいました。温かくて良い雰囲気の店なら、私も長く働けられると思い応募を決めました。

また、企業理念、事業内容などに感銘を受けたところがあればふまえておくのもよいですね。もし、応募先についてあまり知らなければ、店舗を訪れ、働いているスタッフなども詳しく調べておきましょう。

働き方、条件にふれて書く
求人情報のなかには午前中、休日にスタッフが欲しい、短時間勤務可能など、さまざまな働き方や条件を提示しているところがあります。その条件にあなたが当てはまるのならば、そこを重点的にアピールしましょう。

【例文】
午前中でしたら平日は働くことができますので、お店のお役に立てるのではないかと思い応募しました。フルタイムで入ることはなかなか難しいため、できれば短時間勤務で入らせていただきたいです。

このように、あなたと応募先の条件の共通点を示し、応募先にとって欲しい人材であることを訴えるのがよいですね。

印象的な志望動機で挑む!

採用担当者は数え切れないほどの履歴書を見ています。その中で少しでも印象に残すためには、あなただけしか書いていないような志望動機を書くのもいいかもしれません。ただし、あまりにも求人応募から離れた内容や目立ちたいだけの文章ではなく、担当者が思わず採用したいと思うような目をひく志望動機を考えましょう。

応募先の店舗・会社が扱っている商品・ブランドについて、どれだけ思い入れがあるかをアピールする

【例文】
御社が扱っている商品○○○の大ファンで、昔から購入しています。(○○○について詳しく語るとよい印象を与えるかも)そのため、いつか商品に携われる仕事をしたいなと思い、応募しました。

応募先の商品・ブランドについて愛情や知識を持っていること、それに関わる仕事をしたいということをアピールすることで、採用担当者はあなたの仕事への熱意を感じ取ってくれるはずです。

あなたにしかない経験をふまえたエピソードを書き、採用担当者がもっと聞いてみたいと思うこと書く

【例文】
以前、旅行中に○○店のスタッフに助けてもらったことがあり、看板を見る度に思い出しています。今までは客として利用していましたが、これからはスタッフとして御社に関わりたいと思い、応募しました。

細部まで詳しく書かないことで、志望動機を読んだ採用担当者は何があったのだろうと興味を持ってくれるはずです。

唯一無二のエピソードを入れることで、あなたがどんな人物なのか、面接が終わった後も印象深く残るでしょう。

職種によって志望動機を変える!

さまざまなパートがありますが、職種によって志望動機を変えてみるのもよい方法です。接客業のパートを望んでいてもカフェ、居酒屋などの飲食店から、コンビニ、スーパー、アパレルなどの販売店では店内の印象・業務内容・心構えなど多くのものが異なります。それぞれの職種に合った志望動機を書くことで、採用担当者にあなたがどれだけ仕事について知っているのか、仕事をしたいのか伝えられるはずです。

カフェや居酒屋なら
「よく利用していた」「店の雰囲気が好き」「好きなメニューがある」「制服を着てみたい」

コンビニ、スーパーなら
「パートしやすい時間帯がある」「自宅が近く通いやすい」「お金の扱いに慣れている」

アパレルなら
「店の服・ブランドが好き」「人の服を選ぶのが好き」「ファッションやコスメ、流行に強い」

といった志望動機を入れてみるのもいいかもしれません。

また、事務や清掃、軽作業のパートでは「似た仕事の経験がある」「パートをしてこの仕事をもっと知りたい、スキルをあげたい」「性格が几帳面、集中力がある、コツコツとする仕事が好き」などを伝えてみましょう。

どんな仕事であっても応募先でパートをしたいという情熱を込めて志望動機を書くことが重要です。

シラソン