人生ってたのしー!パートを選んでグッドなワーク・ライフ・バランス! 

満員電車に残業。働くために生きているような毎日にサヨナラしたい

険悪な職場の人間関係、永遠に続くかのような事務作業。果たして私の人生に意味なんてあるの……?今、満員電車に揺られながらこんな事を考えている方、いませんか?無限にある仕事に対して人間の一生は一度きり。もし今の仕事で悩んでいるのなら、あなたが選んでいる仕事は必ずしもあなたにとって「オンリーワンの仕事」とは限らないかもしれません。それでも否応無く毎日仕事が立て込んでいては、そんな事を考える余裕すらありませんよね。考える余裕が無くなると思考停止の状態になり、ひたすら悩みながら働き続けるという負のスパイラルに陥ってしまいます。自分の最適なワーク・ライフ・バランスを探る前に、まず現在のライフスタイルを客観的に把握する方法を考えていきましょう。

まずは一週間の仕事内容を書き出してみましょう

大半の仕事は一週間である程度のルーティンが形成され、休日を挟んで繰り返しています。ただ、何年も同じルーティンを繰り返していると、一週間でこなしている仕事が果たして自分にとって見合った業務量なのか、感覚が麻痺してわからなくなってしまいがちです。そこで、自分が行っている一週間分の仕事内容をメモに書き出して客観的に見つめてみてはいかがでしょう。改めて文字や数字にする事で「こんなに仕事を詰め込んでいたのか」と気付くきっかけになるかもしれません。友人や仲の良い同僚にチェックしてもらうのも有効です。最近は業務管理がパソコンやタブレット、スマートフォンなどで手軽にできるソフトやアプリケーションが充実しており、業務を洗い出す事も簡単にできるようになっていますので、一度トライしてみましょう。

パートという仕事のスタイルで自分の時間を確保する

自分の業務量を客観的にチェックし、バランスが取れていない事が分かったら、無理をしないで働き方を変えてみるのも大事です。例えばフルタイム勤務をパートタイム勤務に変更し、自分の時間を確保してプライベートを充実させる事は、長い人生を考えれば損ではありません。収入は確保できても業務に追われ、帰ったら食事をして眠るだけの生活を続けるより、収入を抑える代わりにプライベートを確保し、資格取得のための勉強や、人脈作り、旅行や趣味でリフレッシュするなどの「自分磨き」の時間に充てる事ができるからです。その自分磨きの時間こそ、自らの人生を自らの意志で生きることにつながるといえます。

ワークライフバランスには収入や貯蓄など、金銭感覚が大事!

仕事のスタイルを変えてプライベートも充実。ただ「人生100年時代」に突入したといわれる昨今、これから先の人生も視野に入れることは大事です。業務を抑えた事で同時に収入も抑えられているわけですから、フルタイム時代の金銭感覚だと徐々に家計も厳しくなってしまいます。とはいえ爪に火を灯すような生活をしてしまっては本末転倒ですから、無駄な支出をチェックする、要らないものをオークションサイトなどで売る、少しづつ貯金をするといった事で、生活へのダメージが大きくならないようにしましょう。また、増えた自分の時間を使い、落ち着いた生活の中で「本当にやりたいことは何か」をじっくりと考え、そのために必要な勉強や経験を計画的に進めることで、やがては今までより労働環境の良い仕事や、自分が本当に打ち込んでみたかった仕事へ転職できるチャンスも広がります。

いかがでしたか?人生の中で働く事は大きな部分を占めています。それだけに働く事が「たのしー!」と感じられる自分のライフプランを計画する事が重要です。仕事が大変だと感じても、プライベートでしっかりリセットができる、または仕事以外の時間で、次のステップのための準備をしているのであれば「未来のための投資」と割り切って頑張れるのではないでしょうか。

シラソン