小さな子供は病気になりがち。そんなママたちが活躍できるパートってどんな仕事?

子育て中でもパートで働きたい!

まだ子供は小さいけれど、昼間の空いた時間に少しだけ働きたいという方も多いのではないでしょうか。子育てに一生懸命になるのはもちろん素敵なことですが、時には家庭の外に出て働くことで、ちょっとした気分転換にもなりますよね。

しかし、小さな子供は頻繁に病気になりがち。昨日までは元気だったのに、今朝になって突然高熱が出ててしまい、急遽仕事を休まなければならない・・・なんてことも。そんな時、あまり気持ちの良くない対応をされたり、上司の理解が得られなければ、当然、働き続けることは厳しいですよね。
今回は、そんな子育て中の女性でも安心して働けるパートにはどんな職種があるのか?また、仕事を選ぶ上での大事なポイントをご紹介いたします。

自分と同じ境遇の人がいる職場を選ぶ!

自分と同じように、子育てをしながら働いている女性が在籍する職場を選ぶことが、もっとも大事なポイント。採用する担当者はもちろん、働いている人たちに子育ての理解があるという証拠だからです。そういった職場では、何かあった時はお互い様の精神で自然と助け合いが出来ている場合が多く、非常に働きやすい環境といえるでしょう。
そのような環境を見抜くためには、求人広告の記載情報だけをうのみにせず、面接時にきちんと確認することが大切です。面接官に小さい子供がいることを伝えたとき、あまり良くない印象を受けた場合には、たとえ選考に通過しても働くことはお勧めしません。逆に、「うちにも子育てしながら勤務をしている方が何名かいますよ」というお話を聞けたら安心ですよね。実際に子育て中の人がいるかどうか、急なシフト変更でも融通が利くのかどうか?という点は、必ず面接時に自分から聞いておくようにしましょう。
自分と同じ境遇の人が多い職場を選ぶことで、普段ママ友とはできないような悩み相談ができる、素敵な職場仲間もできるかもしれませんね。

短時間で効率よく働きたいなら接客販売

パートの中では比較的求人数が多い接客販売のお仕事。カフェやレストランなどの飲食店は動き回ることも多く、身体を動かして働きたい人にはぴったり。早番・遅番で交代することが多く、子供が家に居ない平日の昼間だけ働きたいという方はもちろん、朝のモーニング時間だけ働く、など短時間勤務が可能な点が魅力です。
その他、アパレルやコンビニといった接客販売もありますが、一人で運営しなくてはならないお店や、そもそも常に人員不足といった職場は子育て中の女性には向きません。当日休みたいと思っても、代わりの従業員がなかなか見つからず、休みが取れなくなってしまう可能性があります。

規則正しく家庭と両立しやすい一般事務・受付

体力には自信が無い、できるだけ身体に負担が少ない仕事をしたい、という方におすすめなのが事務や受付といった座りながら出来るお仕事。接客販売のように短時間での働き方は少ないものの、終業時間がしっかり決められているところが多く、毎日同じ時間に上がりやすい傾向があります。比較的残業も少ないので、家庭との両立がしやすいという点は子育て中の女性には嬉しいですね。個人個人で仕事が割り振られていることが多いので、急なお休みでもあまり周りに影響を与えず、子育て中の女性が働きやすいパートといえるでしょう。会社ならではのサポートがあるのも安心です。

作業だけに集中できる軽作業ワーク

仕分けや梱包、製造作業から清掃も含めて軽作業ワークといいます。特別な資格などは必要なく、初めてでもすぐに勤務ができるので、すぐにでも仕事をしたい!という方にはおすすめのパート。
従業員数が多い傾向にあるため、急なお休みでも代わりになる人を見つけやく、子育て中の女性でも働きやすい仕事といえます。同じ作業を繰り返し、とにかく目の前の作業に集中することで、家庭のことをいったん忘れられる良いリフレッシュになるかもしれません。面倒な人間関係に悩まされることなく、気楽に働ける点も嬉しいですね。

お給料よりも、働きやすさ

子育て中の女性のパート探しで一番大事なポイントは、働きやすさです。せっかく働き始めたのに、急なお休みを受け入れてくれない、仕事に終われて育児とうまく両立できない、というのでは意味がありません。子育て中の身であることを理解してくれる、そんな素敵な職場を選び、充実したパート生活を送りましょう。

シラソン
/