パート先でパワハラをされたら誰に相談すればいいの?

知ってる?本当のパワハラ事情

働いていると、さまざまな問題が出てきます。なかでも、パワハラというワードは耳にする方も多いのではないでしょうか?今や正社員だけではなく、アルバイトやパートにもはびこる深刻な問題となっています。パート勤務中に被害にあってしまったらどうすればよいのか、また誰に相談すればよいのか?今回はその対処法についてご紹介いたします。

そもそもパワハラとは?

パワハラの定義は、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」とされています。

その中でも、パワハラは6類型に分類されていて、
1.身体的な攻撃
2.精神的な攻撃
3.人間関係からの切り離し
4.過大な要求
5.過小な要求
6.個の侵害
(上記の1~6に該当しないからといって、問題ないということではありません。)
とされています。

「職場内での優位な地位」を背景に、会社の忘年会や行事に声をかけない、話しかけられても無視をする、といった職場内のコミュニティーから除外しようとする行為は、3の人間関係からの切り離しといったパワハラに該当します。この場合、「新人だから」「アルバイト・パートだから」といって切り離されてしまうケースが多いようです。

パワハラ認定されるケースって?

前述したようなパワハラの定義や型があるにもかかわらず、どこまでがパワハラで、どこまでが教育・指導なのか、その線引きが分かりづらく明確化できていないのも現実です。なぜなら、“業務上の必要な指示や注意・指導を不満に感じたりする場合でも、業務上の適正な範囲で行われている場合には、パワハラにはあたらない”という規定があるからです。被害者側がパワハラだと思ったとしても、実際には単なる「業務上の指導」であったというケースも少なくありません。

パワハラの定義で特に重要なのは、“業務の適正な範囲を超えてしまう“という部分にあります。業務の教育・指導において手を出すことや、人の尊厳を踏みにじるような道徳にかかわる発言は、もちろんパワハラに当たります。

被害にあったらするべきこと

一人で抱え込んで働き続けることは、心身のバランスが崩れてしまうだけでなく、解決には何ひとつ繋がりません。パート勤務中に少しでも違和感を覚える被害を受けた場合には、すぐに次の対処方法を行いましょう。

・友人や家族に話してみる
信頼できる人に自分が受けている被害を話してみましょう。
長い間我慢を続けていると、「おかしい」という感覚が鈍ってしまうことがあります。他人に聞いてもらうことで、自分がいた環境は普通ではなかったのだと、と気づかされる可能性もあります。

・相談窓口を利用する
親しい人にはどうしても話しづらい、家族に心配をかけたくなくて言い出せない、というような人は、相談窓口の利用をおすすめします。相談先は大きく分けて二つ。一つ目は、就業先に設けられている相談窓口を利用することです。すべての企業ではありませんが、従業員が働く上での悩みを相談できるように設けられているところがあります。

二つ目は、公的機関です。厚生労働省では誰でも匿名で専門医に相談することができる窓口を設けています。その際、証拠があると話をスムーズに進められるため、あらかじめ録音しておくか、メモを取って被害の詳細を記録しておくことが望ましいです。

・退職する
パワハラのある環境で働き続けていても、何も良いことはありません。仮に本人にやめてほしい旨を伝えられたとしても、それがかえってトラブルになってしまうことがあります。まずはこちらが身を引き、環境を変えることが最重要です。

また、あまりの恐怖でもう職場に踏み入ることすらできない、といった場合は、電話やメールで退職の旨を伝えるのも一つの手です。万が一のトラブルを考慮して、メールで自分の思いを伝えてみるというのも一つの手段です。くれぐれも、無断欠勤だけはしないようにしましょう。

社員証を返却したり、就業先に返さなければいけないものがある場合は、郵送で対応してもらったり、知人に頼むなどして、退職後のトラブル防止に努めてくださいね。

自衛することの大切さ

苦しんでいるその被害が、たとえパワハラの規定に値しないものであったとしても、働くことで心身のバランスを崩すようなことがあってはいけません。なぜなら、そのお仕事が人生の全てではないからです。どんな時も自分をしっかり守り、自分の意思を大切にしていけば、働きやすい就業環境がきっと手に入るはずです。

シラソン