スキンケア、季節の変わり目は要注意! 春~夏&夏~秋編

ギラギラ照り付ける太陽。あなたの肌を狙っています。

肌の調子がくずれやすい季節の変わり目。
パート1では「スキンケアの注意点 秋~冬&冬~春編」を紹介しました。
今回は春~夏&夏~秋編をお届けします。

春夏は紫外線が強くなってくるため、ケアに力を入れる方も多いはず。しかしせっかくの入念なお手入れがかえって逆効果となることも。基本ポイントをあらためておさえていきましょう。

★春から夏★

日差しがどんどんきつくなってくる春から夏にかけては、紫外線ケアが重要となってきます。皮脂量もふえてくるので、それまで使っていたスキンケア用品やメイク用品を見直す必要性が出てくるかもしれませんね。

テカリやベタつきが気になるからといって保湿をおろそかにすると、内側だけ乾燥してしまうインナードライ肌になります。インナードライは水分が少なくて皮脂が過剰な状態。表面は皮脂が多くて潤っているように感じますからケアを簡単にすませ、さらに乾燥が進行してしまうという、悪循環に陥るのです。
昨今はエアコンが普及していて快適ですが、実は肌にとっては過酷な環境。気を使わないでいるとどんどん水分が蒸発してしまいます。

油分と水分のバランスがとれた肌はしなやかで美しく、トラブルにも強くなります。水分が少ないと肌が過剰に皮脂を出して表面を守ろうとするため、ベタつき・メイク崩れの原因となるのです。適度な水分を与え、油分でフタをして蒸発を防ぎましょう。

「でも自分にピッタリ合う春夏向け化粧水が見つからない」という方は、十分な保湿をしたあと、普段のスキンケア用品に収れん化粧水を加えるのもオススメ。開いた毛穴を引きしめ、皮脂や汗の過剰な分泌を抑える効果が期待できるそうです。Tゾーンやテカリ・べたつきを感じる部分のみの使用でもOKです。

★夏から秋★

気温が下がってすごしやすくなる季節ですが、肌にとってはあまりありがたくないシーズンです。というのも、夏のきつい紫外線にさらされて疲労しているところに、乾燥の波が押し寄せてくるから。
今まで使っていた化粧水が沁みたり、かゆくなったり、赤くなったりしたら肌からSOSのサインが出ています。

しかしここで、慌てて新しいアイテムを投入するのは厳禁。どんなに良い成分であろうと、肌にとっては異物です。表面のバリアが壊れかけている揺らぎ肌には、なるべくシンプルで低刺激なアイテムを使用し、鎮静化を待ちましょう。

乾燥や刺激から肌を守るバリアは角質層といいます。わずか0.02ミリ程度の厚さで、角質細胞と細胞間脂質という物質から成り立っています。この細胞間脂質の主成分はセラミドといって、角質細胞の間に入り込み、細胞同士をつなげる役目をになっているのです。細胞間脂質が隙間なくきれいに整列していれば、刺激物がきても強力にブロック。ですので、このセラミドを守ることが重要と言われています。
市販の化粧品には、セラミドが含まれているものも多くあるようですから、これらを使用すれば効果が得られるかもしれませんね。

夏は気を付けていても日焼けをしてしまうものですが、この時期の美白ケアは慎重に。上記のように肌はとても不安定な状態ですから、最新の有効成分などを含んだ化粧品が刺激となってしまうこともあります。急がば回れで、まずはバリア層を強化し、肌と相談しながら少しずつ美白アイテムを投入していきましょう。

どんな季節でも重要なのは紫外線ケアと保湿。

春から秋の終わりにかけては、紫外線や乾燥との戦いがメインとなってきます、紫外線はしみやしわ、たるみなどの原因となり、肌年齢を衰えさせる強敵。肌のバリアも破壊してしまいます。
まずは紫外線防止剤入りの化粧品をしっかりと使って防御し、その上できちんと保湿を行いましょう。

日差しが強い季節は紫外線対策にも力が入りますが、紫外線は通年ふりそそいでいるため、それ以外の季節もしっかりと向き合う姿勢が大切です。
紫外線にはA波とB派があり、A波はシミやしわの発生に大きく関わっていることがわかってきました。波長が長いため、肌の奥深くまで到達し様々な影響を及ぼします。また、雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質も持っているため、晴れの日以外でも油断は禁物ですよ。

対してB波は肌を真っ赤に焼けさせたり、水膨れをつくらせたりする犯人。波長が短いゆえに地上に届く量は多くなく、夏季に最も多量に降り注ぐと言われていますが、冬場に全く影響がないということではありません。
真夏ほどの紫外線防御は肌の負担となることもありますので、その季節に応じたSPF・PA値の商品を使い、しっかりと防ぎましょう。

パート先への往復は、短時間であっても防御を忘れずに。美しく健康な肌で、楽しくお仕事したいですね。

シラソン
/