実はみんなやってる!?パートの複数応募

~ 気になる仕事があったら複数応募してみよう ~

「早くパートを決めたい!」「気になるパートがいくつかあって選べない…」
こんなとき、めぼしい求人は一気に応募しちゃいたいな…と思いますよね。
とはいえ、それっていいのかな?と二の足を踏む人も多いのではないでしょうか。
迷う気持ちはもっともですが、マナーを守りさえすれば、複数応募をすること自体に問題はありません。
実際、複数応募をしている人も少なからずいます。
それでは、複数応募の進め方を見ていきましょう。

なるべく一気に応募しましょう

まず、複数応募をする場合、候補が決まっているのなら、できる限り時間を空けず応募しましょう。
なぜなら、複数の求人に時間を空けて応募すると、面接日、さらに結果が出る日も間が空いてしまう可能性が高くなるからです。
早くパートを決めるためにも、可能な限り一括で応募することをおすすめします。

面接でほかにも受けるところがあるか聞かれたら?

面接の際に「ほかにも面接を受けていますか?」と聞かれることがあると思います。採用されたいと思うと「御社のみです」と答えたくなりますよね。
けれども御社のみと答えてしまうと、志望度の高いパートよりも先に他社の採用連絡が来た場合、内定受諾の返事を待ってもらうことが難しくなります。
「とにかく早くパートを決めたい」「どのパートも気になって選べない」という状況なら「あります。ですが、御社の仕事内容は今までの経験を生かせると思うので魅力的です」などと、改めて志望理由を添えて、正直に複数応募をしていることを伝えるのが得策です。

こんな場合には? その1

面接辞退の連絡は必ず入れましょう。
パートを決めた時点で、すでに面接日を設定している選考があるなら「一身上の都合で面接を辞退させていただきます」と、連絡するのがマナーです。
先方も面接の時間を空けているので、連絡をしないと迷惑をかけることになります。
電話での連絡が基本ですが、面接予定日までかなり余裕があり、日にちを決めるまでのやりとりをメールでしていた場合は、メールでの連絡でも良いでしょう。

こんな場合には? その2

面接で会社の雰囲気や細かい情報を知ると、志望度の差が明確につくこともありますよね。そうなると、第一志望よりも先に第二志望から採用の連絡が来てしまうことが想定されます。
その場合は、採用の連絡をいただいた際に「申し訳ありませんが、家族ともう一度、私が働きに行く日のスケジュールなどを細かく話し合いたいので、お返事にお時間をいただいてもよろしいでしょうか」と、返答の保留をお願いするのもひとつの手です。
また内定連絡をもらった時、平行応募していた企業に勤務が決定してしまっていた場合は、素直に辞退を申し入れ謝罪しましょう。
その際の断り方ですが、ほかのパートに決めたと報告せず「内定を頂いたところを大変申し訳ございませんが、一身上の都合により辞退させていただきたくご連絡いたしました」とお伝えするのが無難です。

複数応募はメリットいっぱい!

複数応募は早く採用が決まる可能性が上がるメリットがあり、また、ほかの会社も見ることで、よりよい選択ができる可能性も上がるといえます。
特に主婦は、育児や子育てと平行して仕事探しをしなくてはならないので、効率よく進めたいもの。
スムーズに気持ちよくパートを見つけるために、社会人としてのマナーを心がけて複数応募をするようにしましょう。

シラソン
/