【8コマ漫画】木下晋也 『特選!ポテン生活』 (25) - 熱狂に包まれて/旅のお供

「ポテン生活」とは、ギャグ漫画界の新鋭・木下晋也が描く、の~んびりして、それでいてすこしクスッとしてしまう8コママンガ。独特の中毒性から、連載していたブログや単行本が大きな話題になりました。ジモコロでは、そんな「ポテン生活」から、おもしろか…

読むと後戻りできない「タネ」の話。手塚治虫『火の鳥』初代編集者が語る

埼玉県飯能市で在来種・固定種の野菜のタネを扱う「野口種苗研究所」の野口勲さん。手塚治虫氏『火の鳥』の初代担当編集をつとめたという野口さんに、タネと私たちの未来の関係について聞いてみました。

10年毎日カレーを食べ続けている男の「スパイスまみれな人生観」

10年半以上、毎日カレーを食べ続け、ブログ『365カレー(∞)』にその生活を綴る南場四呂右さん。大阪の有名店「旧ヤム邸」の下北沢進出など、スパイスカレーブームの話、そして「カレーは21世紀のストリートカルチャーなのか?」という疑問について伺いまし…

女子高生と一緒に『焼き菓子屋さん』の仕事を一日体験したい!

求人情報だけではわからないその職業の現実を、ライターが実際に一日体験! 今回は、「焼き菓子屋さん」を体験してみました。給料や勤務時間は?業務の良いところ、つらいところは?すべてを明らかにしてみせましょう!

東大院卒・TOEIC満点ー中学3年の夏、僕は中卒で大工になるはずだった...

東京大学大学院の修士課程修了、TOEIC満点、新卒でリクルートホールディングス入社、現在は編集チームを主宰…エリート街道を通ってきたように思えるライターの長谷川リョーですが、ある出会いがなければ、中卒で大工になっていたかもしれないといいます。彼…

「ゴールデンカムイ」で興味を持った人へ |アイヌってこんな人たちでした

マンガ(春からはアニメも)「ゴールデンカムイ」で、最近なにかと話題のアイヌ民族。かっこいい衣装をまとった彼らは、過去にどういう生活をしていたのでしょうか。日常会話で使えるアイヌ語つき!

【8コマ漫画】木下晋也 『柳田さんと民話』 - 26話「ネズミの恩返し」

「ポテン生活」「おやおやこども。」などの人気漫画を描く木下晋也の連載、「柳田さんと民話」。この作品はひとり旅を趣味とする男性・柳田久仁夫が、日本各地で地元に伝わる民話を聞き歩く8コママンガです。

深すぎる苔の世界~テラリウムの作り方から珍しい種類まで~

道端に生えている苔。私たちが普段見かけているだけでも何十種類にも及ぶそうです。そこで苔について『ミュージアムパーク茨城県自然博物館』にお話を伺いました。さらに今回は、苔テラリウムの作り方を鎌倉にある苔専門店『苔むすび』さんに聞いてきました。

じいちゃんとわたし「ケアプランを作る」第7話

山形県で生まれ育った食いしん坊イラストレーターの杏耶。自分自身のおじいちゃんが認知症になってしまい、家族での介護に取り組む中で感じたことやエピソードを漫画にしました。高齢化社会が進む日本の中で、介護問題とどう付き合うべきか。気軽に読んでみ…

「江頭名言」はなぜ作られた?ネットでウケるためには『お重人格』を手に入れろ

この連載は、ダ・ヴィンチ・恐山が、インターネットにまつわるあれこれについてモニョモニョと歯切れの悪い見解を述べるコラムです。

わたし、スゴ腕の猟師に密着して「とれたてジビエ」にかぶりつきたい!

熊本県の多良木町という町をご存知でしょうか?美しい自然とジビエの町!そこに住むという伝説の猟師を訪ね、イノシシや鹿の肉を堪能してきました!

「心の復興は続いている」18歳の語り部が伝えたい3.11の記憶

2011年3月11日の東日本大震災を小学5年生の時に被災した子どもの話を収めた『16歳の語り部』(ポプラ社刊)という本があります。登場するのは雁部那由多さん、津田穂乃果さん、相澤朱音さんの3人。今回、相澤朱音さんに3.11の記憶、そして「未災地」に伝えた…

マイナス20℃の職場!?『冷凍倉庫』の仕事を一日体験したい!

こんにちは! ライターのみくのしんと申します。 以前、未知の職業を一日体験するという記事で「解体作業」の事を書きました。 www.e-aidem.com めっっっっっちゃめちゃに疲弊したんですが、一生味わうことはなかったであろう業務や、一生話すことはなかった…

ヨガきこりの弟子は元海外サッカー選手。なぜアスリートが木こりになったのか?

ライター・ナカノヒトミの父は『ヨガきこり』。その弟子はシンガポールでプレーしていた元海外サッカー選手でした。今ではアスリートで鍛えた状況把握能力を活かし、若手カリスマ木こりとして活躍。さらにSASUKEにも出場と気になる存在である弟子の小林さん…

デザイナー志望者は必見! 採用されるポートフォリオを作る「た行」の法則

デザイナーを目指す新卒学生や、中途採用に応募しようとするクリエイターまで。自分の作品集・ポートフォリオの作り方を、博報堂アイ・スタジオのディレクターが徹底解説。書類選考や面接に合格しやすいデザイン法則とは?

【8コマ漫画】木下晋也 『特選!ポテン生活』 (24) - 夜のおとも/固定怨念

「ポテン生活」とは、ギャグ漫画界の新鋭・木下晋也が描く、の~んびりして、それでいてすこしクスッとしてしまう8コママンガ。独特の中毒性から、連載していたブログや単行本が大きな話題になりました。ジモコロでは、そんな「ポテン生活」から、おもしろか…

インターネットの記事一つで人生が激変した「15歳のコーヒー焙煎士」の現在

2017年4月、群馬県桐生市に「HORIZON LABO」をオープンした岩野響さん。高校へ行かず、15歳でお店を開いた彼は、ジモコロの記事をきっかけにさまざまなメディアに注目される存在となります。著書『15歳のコーヒー屋さん』『コーヒーはぼくの杖』にも登場する…

偉人占い『幕末編』|龍馬や西郷はどんな性格で、どう生きるべきだった?

歴史上の偉人はどんな性格だったのか? 維新の英雄・坂本龍馬、NHKのドラマで人気の西郷隆盛、長州の才人・高杉晋作、新選組の土方歳三、さらに、三菱の創始者・岩崎弥太郎や、人斬り抜刀斎こと緋村剣心まで、占いで迫ってみました。

鳥取県民の愛する「白バラ牛乳」は、なぜあんなに美味しいの?

鳥取県の大山乳業農業協同組合が製造・販売している激ウマ牛乳「白バラ牛乳」をご存知でしょうか? 鳥取県民のソウルドリンクなだけでなく、パッケージがデザインされたTシャツをイモトアヤコさんがSNSで着用し話題になったり、ネット販売で即完売したりとグ…

「ひよこ鑑定士が儲かる」というのは嘘!? ベテラン鑑定士に真実を聞いた

ひよこのオスとメスを判別する鑑定士、弁護士並みに儲かるという話を聞いたことはありませんか?また、海外で引っ張りだこの職業だとか……?それって本当なの?学校(養成所)を出て1~2年の期間で鑑別士になる方法など聞いてきました!

風評被害3億円!? 草津温泉に100人集めて、自腹で情報発信しよう!

草津白根山・本白根山の噴火で宿泊キャンセルの風評被害が出た草津温泉を応援しよう!群馬県の桐生市、桐生市、前橋市の方たちとも協力し、2018年4月1〜2日に「ジモコロ草津応援ツアー」を実施します!

【まとめ】知って備えよう!ジモコロの「災害」記事12選

あの東日本大震災から7年。ジモコロでこれまで取材してきた「災害」に関する記事をまとめて紹介します。被災した福島や岩手の現地の声、熊本を応援すべく100人以上が集まった黒川温泉ツアーの模様、そして避難メシや車中泊など防災の知識まで!災害について…

「気づいたらみんな巻き込まれている」動員3万人のフェス『森、道、市場』を創る狂気のカリスマ

愛知県蒲郡市で開催される人気フェス「森、道、市場」。その主催者である岩瀬貴己さんのカリスマ性を解剖すべく、「石窯 in car pachipachi」の長尾晃久さん、「もの凄い鯖」の堀田幸作さん、そして山田高広さんにインタビュー!ヘンリーワークさん・堀田裕…

【8コマ漫画】木下晋也 『柳田さんと民話』 - 25話「母の本音」

「ポテン生活」「おやおやこども。」などの人気漫画を描く木下晋也の連載、「柳田さんと民話」。この作品はひとり旅を趣味とする男性・柳田久仁夫が、日本各地で地元に伝わる民話を聞き歩く8コママンガです。

ジモコロ月刊まとめ「記事では言えないウラ話SP」2018年2月

毎月、様々な場所に取材に行くジモコロ編集部。記事には入り切らなかった話とともに、今月の記事を振り返ります!見逃した記事、ありませんか?

規格外品を有効活用すると規格品まで安くなる!? まったく新しい八百屋『旬八青果店』

今、都内で人気を集めている「旬八青果店」。目黒と品川区を中心に11店舗を展開する八百屋のチェーン店。抜群の鮮度とこだわりの野菜や果物が低価格で手に入ると、リピーターが続出。安さの秘密は、産地で出るという規格外野菜の有効活用。そんな旬八青果店…

住居解体×コンサート!? 文化住宅でパフォーマンスする「前田文化」の試み

高度経済成長期に近畿地方で多く建てられた、風呂なし木造アパート「文化住宅」。その文化住宅の最後=解体にスポットを当て、パフォーマンスする「前田文化」の前田裕紀さんと野崎将太さんに取材しました。お相撲さんや劇団子供鉅人とも共演したり、「騒音…

ゴミ屋敷の掃除動画でファン3万人! 壮絶すぎる部屋をピカピカにしてみた

ゴミ屋敷を片付けるYouTube動画をご存知でしょうか?今回は片付けトントンという清掃業者に、汚部屋のクリーニング費用や、住人の傾向、男性女性どちらが多いのか、などを伺ってきました!

【8コマ漫画】木下晋也 『特選!ポテン生活』 (23) - 捜索困難/ずっと愛してる

「ポテン生活」とは、ギャグ漫画界の新鋭・木下晋也が描く、の~んびりして、それでいてすこしクスッとしてしまう8コママンガ。独特の中毒性から、連載していたブログや単行本が大きな話題になりました。ジモコロでは、そんな「ポテン生活」から、おもしろか…

「俺たち人間は退化しとる」飛騨のウシ飼いが語る”土と内臓”の話

下呂温泉で有名な岐阜県下呂市で、飛騨牛の繁殖を手がける熊崎牧場の熊崎光夫さんに取材しました。伝説の牛「安福」から始まった飛騨牛と、松阪牛や神戸牛との違いとは? 光夫さんのバイブル『土と内臓』に学ぶ化学肥料/有機肥料と微生物の関係、これから目…

マリ共和国のウスビ・サコさんは、なぜ京都精華大学の新学長になったのか?

京都精華大学の新学長に就任した、アフリカ・マリ共和国出身のウスビ・サコさん。空間人類学を専門とし、「曖昧な領域を容認すればもっと心豊かに生きられる」というサコさんの研究について、コミュニティスペース「本町エスコーラ」で伺いました。

この時代にあえて『女性らしさ』を学ぶため、芸者さんに話を聞く

女性らしさって何なんでしょう?今の時代は女性が働くことだって当たり前。でも、だからこそ、あえて今『女性らしさ』を学んで女子力を身につけたい! というわけで、私がもっとも女性らしい職業だと思う芸者さんに話を聞いてきました。ちなみに、芸者遊びの…

街で噂の海賊シェフ「鳥羽周作」は、料理業界に革命を起こす

代々木上原にある「Gris」は、食べログでも高評価のモダンフレンチレストラン。店主の鳥羽周作さんは、32歳未経験から「DIRITTO」「Florilege」の名店に弟子入り、眠気覚ましに自分の腕をオーブンで焼く… と色々すごい人だったのです!看板メニューである越…

『キャンプは道連れ世はお酒』第3話「ショップで学ぶ!テント&寝袋選び」

キャンプコーディネイター&イラストレーターこいしゆうかさんが、お気に入りのアウトドアショップ「WILD-1」「nap produce by NANGA」とカフェ&バー「BASE CAMP」を巡ります。さらにテント&寝袋の選び方のコツもご紹介。 ゆるくアウトドアを楽しみたい、ソ…

「現代人には許しの心が足りない」犬養毅の子孫が語る教育論

岡山県倉敷市の美観地区にある人気のゲストハウス・有鄰庵をはじめ、ショップ・美観堂やスイーツ店・はれもけもを運営する「株式会社有鄰」。その代表を務める犬養拓さんは、なんと犬養毅の子孫でした。大原美術館を作った大原孫三郎も先祖だという犬養さん…

【8コマ漫画】木下晋也 『柳田さんと民話』 - 24話「らっきょうの耳栓」

「ポテン生活」「おやおやこども。」などの人気漫画を描く木下晋也の連載、「柳田さんと民話」。この作品はひとり旅を趣味とする男性・柳田久仁夫が、日本各地で地元に伝わる民話を聞き歩く8コママンガです。

ジモコロ月刊まとめ「記事では言えないウラ話SP」2018年1月

毎月、様々な場所に取材に行くジモコロ編集部。記事には入り切らなかった話とともに、今月の記事を振り返ります!見逃した記事、ありませんか?

世界初!ソーダ割専用の日本酒「サマーゴッデス」に出合って、美味すぎるから翌日に取材した

福井県の小料理屋「のちのち」で偶然出会った「SUMMER GODDESS」。なんと炭酸割り専用という珍しい純米大吟醸で、これがめちゃくちゃ美味しいんです。福井県大野市にある蔵元「真名鶴酒造」へ突撃して、杜氏の泉恵介さんに話を伺いました。「NEWTON 77」と「…

焼き芋屋に夏は何してるのか聞いたら「ベガスでポーカーしてる」ことが判明

寒い季節は焼き芋がおいしいですよね!特に最近は芋の種類によってはすっごく甘いものがあって最高!でも焼き芋を売ってる人って夏はなにしてるの?気になったので屋台のおじさんに聞いてきました!

国内シェア96%!福井県鯖江はなぜ「メガネの聖地」なのか

メガネフレームの国内生産シェア率96%の土地「福井県鯖江」をご存じでしょうか。眼鏡好きにとって「聖地」ともいえるこの土地。今回、眼鏡の歴史を紐解きつつ、若者全員が悩む「自分に似合うメガネってどう選べばいいの?」という疑問も聞いてきました!

囲碁棋士から見た「ヒカルの碁」ってどうなの? 初代本因坊の孫に聞いてきた

みなさん、囲碁ってやり方わかりますか? 実は囲碁界は今、井山七冠が国民栄誉賞を受賞するなど盛り上がっているのです!というわけで、ヒカルの碁で有名な本因坊戦初代タイトル保持者のお孫さんに、初心者でもわかるルールや、無料のゲーム(アプリ)などを…

ウガンダ人「ゲートボールはCOOL!」 老人の娯楽から世界のスポーツへ

老人の娯楽と思われがちな「ゲートボール」ですが、今や幅広い世代で、そして世界でプレーされるスポーツになっていました。埼玉県「彩の国くまがやドーム」で行われた「全国ジュニアゲートボール大会」「全国社会人ゲートボール大会」で、ジュニアチーム「…

【8コマ漫画】木下晋也 『特選!ポテン生活』 (22) - しみじみ呑めば/オン・ザ・へべれけ

「ポテン生活」とは、ギャグ漫画界の新鋭・木下晋也が描く、の~んびりして、それでいてすこしクスッとしてしまう8コママンガ。独特の中毒性から、連載していたブログや単行本が大きな話題になりました。ジモコロでは、そんな「ポテン生活」から、おもしろか…

【教育現場】小学校の教師あるある50選【モンスターペアレント】

学級崩壊やモンスターペアレントなど、教育現場の話が取りざたされる昨今ですが、実際のところはどうなのでしょうか? 小学校の教師経験がある知り合いに聞いて、あるあるを集めてみました!

「俺のダチは二人死んでる」危険なハチを追い続ける信州の男

ハチを追いかけて地中にある巣のハチの子を採る信州地方の伝統猟「ハチ追い」。狙うのはスズメバチの一種「クロスズメバチ(ジバチ)」です。ハチによる死亡事故も度々ニュースになりますが、ハチ追いの魅力とは一体? 長野県辰野町のハチ追い名人・大久保巻…

「安倍晴明は国家公務員だった」子孫が教えてくれた陰陽師の真実

陰陽師(おんみょうじ)という職業をご存知でしょうか?夢枕獏の小説、岡野玲子の漫画、映画やドラマにもなっていますよね。ニコニコ動画で有名になった豪血寺一族の動画『レッツゴー!陰陽師』というのもあります。イメージとしては呪術の天才・安倍晴明が…

「未来の林業は稼げる」北海道・下川町の60年構想が芽吹いた話

旭川から北東に約100キロに位置する北海道下川町。スキージャンプの葛西紀明さんの出身地としても知られています。環境未来都市の選定も受けているこの町の主要産業は林業。トドマツやアカエゾマツを使った加工品、木質バイオマスエネルギーへの転用など、余…

じいちゃんとわたし「仕方ない」第6話

山形県で生まれ育った食いしん坊イラストレーターの杏耶。自分自身のおじいちゃんが認知症になってしまい、家族での介護に取り組む中で感じたことやエピソードを漫画にしました。高齢化社会が進む日本の中で、介護問題とどう付き合うべきか。気軽に読んでみ…

【8コマ漫画】木下晋也 『柳田さんと民話』 - 23話「ここほれワンワン」

「ポテン生活」「おやおやこども。」などの人気漫画を描く木下晋也の連載、「柳田さんと民話」。この作品はひとり旅を趣味とする男性・柳田久仁夫が、日本各地で地元に伝わる民話を聞き歩く8コママンガです。

【まとめ】2017年総括! 地べたの「文化」と「仕事」を伝えるメディアへ

ジモコロ編集長の柿次郎です。 全国47都道府県のローカル愛のある皆さんに支えられて、3度目の年末を無事迎えることができました。 2017年は通常運営だけにとどまらず、フリーマガジンの制作・配布、ポップアップショップの運営、写真展の開催、全国各地での…