【映画】ありがとう、トニ・エルドマン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック
  • 【映画】ありがとう、トニ・エルドマンイメージ1

    (C)Komplizen Film

第69回カンヌ国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞するなど、世界中で高い評価を獲得。噛み合わない父娘の普遍的な関係をユーモラスに描いた、涙あり笑いありのヒューマンドラマ。悪ふざけが大好きな父・ヴィンフリートは、キャリア志向の娘・イネスを心配していた。ドイツを離れ異国で働く彼女は、たまに会っても仕事の電話ばかりで、ろくに話すこともできない。そこでヴィンフリートは急遽、娘のもとへ。突然の訪問にイネスは驚くものの、数日間一緒に過ごし、父を見送った。しかしホッとしたのも束の間、今度は「トニ・エルドマン」という別人になりすまして再び父が現れて…。監督・脚本は「恋愛社会学のススメ」のマーレン・アデ。観る物の予測を超える不意打ちの連続。そこから浮かび上がる父と娘の真実の愛の物語がここにある。

監督・脚本:マーレン・アデ
出演:ペーター・シモニスチェク サンドラ・フラー ミヒャエル・ビッテンボルン トーマス・ピュッター ハーデウィック・ミニス

配給:ビターズ・エンド

6月24日(土)より、全国順次ロードショー!

情報の一覧へ戻る

携帯でもイーアイデム
http://www.e-aidem.com/
二次元コードから「携帯版イーアイデム」にアクセス!
フォトギャラリーシリウス