トップ派遣の基礎知識>人材派遣のしくみ



人材派遣のシステムは、派遣会社と派遣先企業、派遣社員の3者の関係で成り立っています。
また、派遣社員の給与の支払いや社会保険については、雇用契約を結んでいる派遣会社が担います。その点が、アルバイトや正社員と異なる派遣社員の特徴です。

派遣会社と派遣社員は、派遣会社での仕事がスタートした時点ではじめて雇用契約を結びます。(派遣会社に登録するだけでは、雇用関係は発生しません)また、派遣期間が終了すると雇用契約も同時に解消されます。

なお、給与の支払い等は雇用関係にある派遣会社が行いますが、業務に関わる仕事の指示は派遣先企業が行います。


・一般派遣
派遣会社の派遣社員として、派遣会社から紹介された派遣先企業で働くワークスタイルを指します。

・紹介予定派遣
直接雇用(主に正社員または契約社員等雇用)を前提とした派遣形態の事を指します。
紹介予定派遣は、派遣先企業で決められた期間(最長6ヶ月)派遣社員として雇用され、期間修了後、双方の同意により、派遣先企業の直接雇用(主に正社員または契約社員等雇用)されるワークスタイルです。

・特定労働者派遣
派遣会社の正社員として雇用され、派遣先が見つからない期間は、派遣会社で勤務するスタイルを指します。
一般派遣のように派遣先企業へ就労中でなくても、派遣会社で常用雇用されているため、安定した収入を得る事ができます。

・メリット
●様々な企業・現場を経験できる
就労期間の定められた雇用形態なので、一つの企業に縛られることなく様々な企業や職場を経験する事ができます。紹介される企業の業界も多種多様。同じようにみえる業務でも企業の数だけ仕事内容の幅・取り組み方が異なります。経験を積むことで自分のスキルを磨く事ができ、キャリアアップにも繋がっていくことでしょう。
●自分の能力・スキルにあった仕事が選べる
派遣会社はあなたの今までの経験とスキルに合ったお仕事を紹介してくれます。紹介時に仕事内容や必要なスキルを詳しく教えてもらえるので、自分の経験が活かせるかどうか、不相応な業務ではないかを確認し就業先を選択することができます。
●仕事の悩みを相談できるスタッフがいる
派遣会社のコーディネーターまたは営業担当が、仕事上の疑問や悩み、不安に関する相談にのってくれます。

・デメリット
●収入にばらつきがある
派遣のお仕事は、ほとんどが時給制です。そのため大型連休がある月などは、月収が下がる可能性があります。計画的なライフプランを心がけましょう。
●雇用が不安定
契約期間が決まっている派遣のお仕事は、派遣先の業績や景気により、契約が更新されないこともあります。例え契約期間が終了してしまっても、すぐに次のお仕事を見つけられるよう、スキルアップに励むことも大切です。ただし契約期間中に突然契約を解除することは、法律で禁止されています。