パートの履歴書に貼る証明写真……キレイに撮るコツとは?

顔写真で第一印象が決まります。

「パートに応募しよう!」と思ったとき、まず必要となってくるのが履歴書に貼る証明写真。採用担当者は、まだよく知らないあなたの顔写真を見て、瞬時に「真面目そうだな」「明るそうだな」などと判断します。逆に暗い表情やだらしない恰好だと、いくら書かれた内容が良かったとしても、「あまり一緒に働きたくない」と思われてしまうかもしれません。ですから、ここはしっかり準備しておきたいですよね。

とはいえ、いざ写真を撮るとなると、どのようにすれば良いか悩んでしまう人もいるのでは? スーツにするのか、どんな髪型が良いのか、どこで写真を撮るべきか……など、考え込んでしまうとキリがありません。そこで今回は、パートの履歴書に貼る写真をキレイに撮るコツについてお話します。

履歴書にふさわしい服装は?

パートの履歴書はどのような格好がふさわしいのでしょう。もし志望先のスタッフが、勤務中にスーツを着用していることがわかっていれば、証明写真もスーツで撮ることをおすすめします。しかし、そうでなければ私服でもかまいません。ただし、あくまでも普段着ではなく、きちんとした雰囲気のシンプルなものに。襟付きの白いシャツやカットソーなどにすれば、清潔感のある印象になります。もし寒い時期であれば、その上にジャケットやカーティガンを羽織りましょう。

逆に注意すべき点は、胸元が開きすぎていないかということ。露出が多いとだらしない印象を与えてしまいますので、シャツのボタンをあけるのは第一ボタンまでにとどめ、カットソーでも襟元がつまったものを選びます。

例外として、志望先がアパレル販売員のパートの場合、あなたの服装のセンスをチェックされる可能性があります。その場合は、ブランドのイメージに合うようなコーディネートを考え、採用担当者から見て「この人に店に立ってもらいたい」を思ってもらえるよう心がけましょう。

髪型とメイクは?

履歴書用のメイクは、ナチュラルにするのが基本。コツとしては、全体的に厚塗りせず、目元だけ少し濃い目にしておくのがベターです。ただし、つけまつげや濃いマスカラ、アイライナーは避け、ブラウン系のアイシャドウを使いましょう。また、うっすらピンクのチークをすると顔色がよく見えます。脂性な人は、油取り紙でテカリを抑えておくと良いですね。

髪型は、前髪が目の上にかからないように。顔が隠れると暗い印象になってしまいます。もし伸ばしている最中で切りたくないのであれば、横に流すようにしましょう。その際、整髪料で固定するときれいにまとまります。また、髪が長い人は、一つにまとめてしばるか、肩の後ろに流してスッキリと。オシャレに見える無造作ヘアも、履歴書ではNGです。あくまでスッキリと清潔感のある髪型を心がけましょう。

スピード写真機でも大丈夫?

就職や転職ではフォトスタジオが絶対ですが、パートの場合はスピード写真機でもOKです。最近のスピード写真機は、顔色が良く見えるように加工してくれるものなどもありますので、上手に活用したいですね。

スピード写真機がフォトスタジオと異なる点は、フォトスタジオに比べて照明が弱いため、仕上がりが暗くなってしまうこと。綺麗に撮るためには、ちょっとしたコツが必要です。まず準備するものは、大きな白い紙、またはハンカチ。これを膝の上において撮影すると、上からの光に反射して顔の影ができにくくなり、目の下のクマなどが目立たなくなります。

また、撮るときは背筋をしっかり伸ばし、真っ直ぐカメラを見て、歯を見せない程度に微笑みます。フォトスタジオのように姿勢や表情のアドバイスが受けられない分、自分なりにあらかじめ鏡の前で練習しておきましょう。さらに、椅子の高さも重要なポイント。カメラに向かってあごを引いた体勢で、不自然にならない程度にやや見下ろせるよう、ちょうど良い高さに調整します。

顔写真が上手に撮れると、やる気もアップ!

いかがでしたか?
証明写真が上手に撮れると、面接に呼ばれる確率が上がるだけでなく、自分のモチベーションも上がるはず。顔写真も採用基準の一つだという認識をしっかり持って、入念に準備するようにしましょう。

最近のスピード写真機は、背景の色を選べることがほとんどですが、履歴書の場合はオーソドックスな水色か白、薄いグレーあたりがおすすめ。特に水色は顔色が良く明るい印象になりますよ。そしてなにより、写真は必ず最近撮ったものを使うことが大切。いくら写りが良くても、違う髪型になっていたり、体重が増減したりしていたら、採用担当者から見て手を抜いたことがわかってしまいます。最低3ヶ月以内に撮影したものを使うようにしましょう。

 

<パートの求人情報はこちら!>

シラソン