60歳を過ぎても働きたい!どんなパートがあるの?

「定年後が不安…」と思うのは『損』です!

今やっているパートが60歳で定年。もう仕事はせずに、悠悠自適に過ごそうと思っても、貯金と年金だけで生活するのは不安。それに、旅行とかちょっとした贅沢もしたい。そうなるとやっぱりお金に余裕が欲しいですよね。かと言って同じ職場で再雇用制度を使って65歳まで働くとしても、契約上賃金がかなり下がってしまう。それなら新しいパートを探そうと思っても、60歳以上歓迎の求人があるのか心配…。
いろいろ不安はあると思いますが、まだ働きたいという気持ちがあるのなら、とにかくどんな仕事があるのか見てみましょう。迷っている分、働ける時間を減らすのは損ですよね!

【1】短期求人もあり!コールセンター

一口にコールセンターといっても、その業務内容は求人によって異なります。例えば、官公庁関連で、問い合わせ電話の対応や簡単なデータ入力を行う仕事。研修期間があるので、コールセンターでの勤務経験がなくても挑戦しやすいのが特長です。コールセンターは未経験歓迎や期間限定、週2日~OK、1日3時間~OKなど、希望に合わせてシフトを選べる求人が多数あります。パートの中でも比較的高時給なので、短時間で効率よく稼げます。また、立ち仕事に自信がない人にもおすすめです。

【2】早朝勤務で健康的な1日を♪コンビニスタッフ

「早く寝て、早く起きる方が生活のリズムに合う」という人には、コンビニエンスストアがおすすめ。
レジ・品出し・清掃・発注、ほかにも仕事内容は多岐に渡りますが、ひとつずつ仕事を覚えていくことで、充実感や満足感を得られます。いろいろな仕事を覚える自信がない人は、清掃専門のスタッフを募集しているコンビニもあるので、そのような求人を探すのもひとつの手です。人生経験豊富で、接客に長けており、遅刻や欠勤の少ない高年齢層のスタッフを求めているコンビニは増加傾向にあるようです。

早朝のみならず、昼間や夕方、夜間、深夜と自分の生活リズムに合わせてシフトを選べ、さまざまな仕事ができ、いろいろな人と出会える…。きっと充実した生活を送れるはずですよ。

【3】癒しの接客を。ファーストフード店

ファーストフード店というと、学生が多く働いているイメージがありますが、最近は「接客されると和む」との声もあり、ここでも高年齢層のスタッフが増えています。また、注文が入るたびに調理をし、できたてを提供するスタイルのファーストフード店では、日頃の家事で得た、料理を効率よく進めるコツが役立つはずです。高年齢層ならではのハートフルな接客が求められているファーストフード店で、あなたならではの接客を目指してみてはいかがでしょうか?

【4】接客に自信がない人は客室清掃スタッフ

接客関連以外のパートでは、ホテルの客室清掃があります。清掃のほかにシーツの交換などの付随業務がある場合がほとんどですが、接客をすることは基本ありません。一緒に作業を行う人とのコミュニケーションが取れさえすれば、黙々と仕事に没頭できます。昼過ぎまでの求人が多く、夕飯の準備など余裕を持ってやりたい人にもおすすめです。土日のみの勤務でもOKの求人もあり、無理なく働けます。
働きながら適度な運動もできるので、健康管理を兼ねてのパートにもぴったり。中には清掃後のお部屋のチェックのみの仕事もあります。

【5】未経験・無資格でもOK!福祉関連施設のスタッフ

これからますます求人の増加を見込めるのが福祉関連の仕事です。特に介護関連というと、体力勝負のイメージがありますが、介護に直接関わらない仕事もあります。例えば、グループホームのフロントスタッフや介護施設への送迎ドライバーなどは、体力を気にする必要はほぼなく、さらに、未経験・介護関連の資格がなくてもできます。入所している方は同年代なので、気持ちをくみやすく、より心に寄り添ったサービスができるはずです。実際、福祉業界で活躍する高年齢層の方は多くいます。ヘルパーの資格を持っているのなら、よりさまざまな形で介護に関わることができ、やりがいを感じられるでしょう。
また、病院の食事の調理補助を行うパートもあり、家事を通しての料理経験を生かすことができます。

いかがでしたか?新しいことにチャレンジするのはなかなか勇気がいりますが、今までの経験を生かせたり、新しい出会いがあったり、働く充実感を得られたりするのは、やっぱりうれしいものです。
お金の余裕+αで、あなたにとっての「うれしいこと」が得られるような仕事を選びましょう。

 

<パートの求人情報はこちら!>

シラソン