パートでも育児休業や介護休業をとることができるでしょうか?

パートで遭遇するさまざまなトラブル・・・。
あなたの疑問に社労士がお答えします。

<質問>

私は現在パートで働いていますが、先日子供を授かりました。出産・育児のためにパートを続けることができなくなりますが、それらが落ち着いたら、今の職場に戻って仕事をしたいと思っています。パートの私でも育児休業をとることはできるのでしょうか?また、育児休業期間中、賃金はどうなるのでしょうか?

パートでも一定の要件を満たせば、育児休業・介護休業を取得できる

<回答>

「育児休業」とは、労働者が、子供が1歳になるまでの希望する期間、育児のために休業することをいいます。(子供を保育所に預けられないといった事情がある場合は、1歳6か月まで休業を延長することもできます。なお、男性も取得できます。)

期間を定めて雇用されるパートの場合、勤務先に申し出る時点で次の要件を満たせば、育児休業を取得することができます。 

1. 同一の事業主に過去1年以上継続し雇用されている
2. 子が1歳6か月になるまでの間に雇用契約がなくなることが明らかでない

子が1歳6か月になるまでに現在の雇用契約が期間満了となるパートでも、契約が更新される可能性があれば、②の要件を満たすことになり、育児休業を取得できます。

一方、「介護休業」とは、要介護状態にある家族を介護する労働者が、対象家族1人につき通算93日まで、3回を上限に分割して休業を取得できる制度をいいます。期間を定めて雇用されるパートが介護休業を取得する場合、次の要件を満たすことが必要です。

1. 同一の事業主に過去1年以上継続し雇用されている
2.介護休業を取得する日から9カ月を経過する日までの間に雇用契約がなくなることが明らかでない

なお、期間の定めがない契約で雇用されているパートの場合は、育児休業、介護休業ともに、正社員と同じように取得できます。ただし、会社によっては「雇用期間が1年未満である」「週の所定労働日数が2日以下である」などの場合を育児・介護休業の対象から外していることがありますので、詳しいことは就業規則等で確認することが必要です。

休業期間中は、雇用保険から給付金が支給される

一般的に、育児・介護休業期間中、会社からの賃金は支払われません。実際に働いてないことを考えれば、これは仕方がありません。

その代わりに、一定の要件を満たせば、雇用保険などから次の給付金が支給されます。

(1)出産・育児に関する給付金
女性が出産する場合、産前6週間(多胎妊娠の場合14週間)および産後8週間は、労働基準法に基づいて、産前産後休業を取得することができます。この期間中は、健康保険から1日につき賃金の3分の2に相当する額の「出産手当金」が支給されます。

産後休業が終了した日の翌日から育児休業が始まりますが、この期間中は、雇用保険から「育児休業給付金」が支給されます。その額は、原則として、休業開始時の賃金の月額の67%(休業開始から6カ月経過後は50%)です。

(2)介護に関する給付金
介護休業期間中は、雇用保険から「介護休業給付金」が支給されます。金額は、育児休業と同じく、原則として休業開始時の賃金の月額の67%です。 

育児休業給付金・介護休業給付金をもらうには、「休業開始前の2年間に賃金支払基礎日数11日以上ある月が12か月以上ある」などの一定の要件を満たすことが必要です。また、出産手当金は、健康保険に加入している場合に支給されるものなので、配偶者の被扶養者になっているパートには支給されません。

育児・介護休業の取得を考えている人は、休業期間中の賃金や給付金について、勤務先の人事部に確認するとよいでしょう。

パートも育児、介護休業を積極的に取得しよう

これまで、出産・育児や介護をしようとするパートは、いったん勤務先を退職して、落ち着いたら、新たな勤務先を探して仕事を始める、というパターンをとっていました。最近は、法改正により休業取得の要件が緩められたり、育児・介護に対する職場の理解が深まったりして、パートでも育児・介護休業が取得しやすくなっています。また、育児・介護休業には、「慣れた職場・仕事に復帰できる(あらためて職探しをする必要がない)」ということ以外にも、「休業期間中に給付金を受けられる」「社会保険に加入し続けることが可能(保険料の支払いは免除される)」などのメリットもあります。
これからは、パートの皆さんも、育児・介護休業の取得を積極的に考えていくべきです。

ご質問されたパートの方も、「1年以上雇用されている」などの要件を満たせば、育児休業を取得できます。なお、休業期間中、賃金は支給されませんが、一定の要件を満たしていれば、雇用保険から育児休業給付金が支給されます。

まずは、育児・介護休業の取得について、勤務先の人事部に相談してみてください。

社労士

深瀬勝範(ふかせ かつのり)

Fフロンティア株式会社代表取締役。社会保険労務士。1962年神奈川県生まれ。一橋大卒。大手電機メーカー、金融機関系コンサルティング会社、大手情報サービス会社を経て、独立。企業・公共団体の人事制度設計や事業計画の策定等のコンサルティング、人事労務専門誌などに寄稿も行っている。著書に「労政時報別冊 実践人事デ-タ活用術」(労務行政)。

<パートの求人情報はこちら!>