パートを辞めてしまったら子どもの保育園はどうする?

辞めたとしても解決策は見つかる

仕事をするために子どもを保育園に入れたけど、いざ働き始めてみると職場・同僚が合わない、家事・育児との両立が難しい、体調不良、二人目を妊娠してしまった、会社都合でリストラされそうなど、いろいろな事情で仕事を辞めたいと思う(辞めなくてはいけない)ことがあるかもしれません。しかし、仕事を辞めてしまえば保育園はどうなるのだろう…と同時に不安を抱えてしまいます。何事もなく働き続けられるのが一番良いですが、うまくいかなかった場合を考えてみることで、辞めると決めた時にスムーズに動くことができますよ。

辞めてしまったらすぐに保育園か役所に相談を!

保育園は【日常的に子どもの保育ができない環境】が条件となっているため、基本的に両親が仕事に就いている家庭の子どもが入園しています。そのため、母親だけでも仕事を辞めてしまうと条件をみなしていないとされ、保育園を退園しなくてはならなくなります。黙っていればばれないだろう思っていても、年1回は(地域によって回数の差がある)就労証明書と源泉徴収票(提出しないところもある)を出さなくてはいけないので、仕事をしていないことは保育園に知られてしまいます。また、うまくごまかせたとしても前職の連絡先を使うことができないため、緊急の用事があればすぐに発覚してしまいます。このようなことにならないよう、仕事を辞めてしまったらまずは保育園に伝え、これからどうしていったらいいか役所にも相談をしましょう。

離職した後、どうする?

仕事を辞めたことを保育園に伝えると、すぐに退園になるかも…と心配になりますよね。基本的には「明日から来ないでください」と言われることはありません。よほどのことがなければ、退園させられることはないので安心してください。保育園に相談すると、求職中という扱いになり2~3ヶ月(自治体による)くらいを目安に求職活動期間として子どもを今までどおり預かってもらえます。短い期間ですが、その間に新しい仕事を見つけましょう。期間が過ぎても再就職が決まらなければ、子どもの年齢にもよりますが、住んでいる地域の待機児童の多さによっては役所から退園の書類が届く可能性はあります。そのため、慎重に求人を探しつつも早めに就職行動を行うのが理想的です。仕事は正社員、派遣、パートなど以外にも、在宅仕事や内職でも勤務証明書は提出できるので、幅広い分野で求人を探しましょう。

保育園を諦めて幼稚園に入りなおす

休職中の扱いで退園を待ってもらっていても、なかなか見つからずに猶予期間が終わってしまったらどうするべきでしょうか。最後の最後まで就職活動をしたり、とりあえず何でもいいのでパート先を見つけたりすることが重要ですが、それでも無理な場合は退園を受け入れるしかありません。退園後、どうするのかというと、小学校にあがるまで家庭で子どもを見る人はいます。しかし、保育園から幼稚園へと入りなおすことも一つの道として考えてみるのもよいですね。ただし、幼稚園は両親とも就業してなくても大丈夫ですが、子どもが3歳になった春に入園して朝9時~14時くらいまでしか預かってくれない(延長保育は除く)、幼稚園は教育施設であるため途中入園だと子どもが周りの子についていけなくなるなど、保育園との違いの差は大きいです。また、入園に必要な物を再び購入しなくてはならない場合もあるので、余計な出費が増えてしまいます。保育園を退園し、仕事が決まってからもう一度入りなおすこともできないことはないですが、すぐに入園できるかはわかりません。退園が決まる前に、どうするのが自分や子どもにとって最善なのか、短い時間でもきちんと考えるのが肝心です。 

 

仕事をしていると理想と違うことに悩み、辞めたくなることもあります。しかし、子どものことを思うとなかなか行動できませんよね。家庭にも影響が出るほど無理してしまうなら、保育園や役所に相談し、子どものためにも新しい職場を見つけるのもいいのではないでしょうか。

 

<パートの求人情報はこちら!>

シラソン