看護師として働くなら、家庭と両立?それともキャリアアップ?

何を選んでもいいようにきちんと下調べをしておこう

看護師が復帰をするならどの施設がよいのでしょうか?近年は病院、クリニック、介護施設、訪問看護ステーションなど働く場所はいくつもあります。しかし、心機一転して新しい場所を選ぶ人がいる一方、以前働いていた場所に戻る人もいますよね。病院勤務も例外ではなく、ブランク明けの看護師が大勢働いています。しかし時間の都合がつきやすく、パート求人の募集も多い介護施設や訪問介護の看護師は、家庭との両立がしやすいと考えられていますが、病院勤務では両立ができるでしょうか?また、復帰となればキャリアアップを目指したい人もいると思います。病院勤務ならどの診療科がよいのか、そしてキャリアを積むならどうすればよいのか考えてみましょう。

家庭と両立したいならどこで働く?

独身時代と違い、一般的に結婚後は自分のために使える時間が少なくなってきますよね。しかし、家事を疎かにせず働きたいと思っている人は多いと思います。午前中や午後のみの勤務など、時間の都合がつきやすい介護施設や訪問看護に従事するのもいいですが、病院も選択肢のひとつに考えてみてはどうでしょうか。まず、忙しいというイメージで敬遠されそうな病院勤務ですが、多くの看護師が働いているためほとんどの施設がシフト制をとっており、時間の融通が効きます。また、同じ世代やママ看護師が増えてきていることもあり、子育ての相談ができたり、子どもの学校行事や突然の病気で休みをとっても理解をしてくれる人も多いです。大きな病院だと残業も少なく、24時間体制の保育所を設置しているところもあり、予想外のことが起きてもサポート体制が整っているところがあります。家庭とパートを両立したいママさん看護師にとって病院は安心して働ける場所ですね。

病院で仕事を探すならどの診療科?

病院勤務を選んだ場合。では、どの科なら働きやすいでしょうか。パートの場合、【時間の融通が効く】【責任が少ない】【時給が高い】【残業が少ない】【休日が取りやすい】などを念頭に置いて応募先を探している人が多いと思います。病院には内科・外科・眼科・皮膚科・産婦人科・小児科・整形外科・泌尿器科などさまざまな診療科があります。また、外来や病棟もあります。それぞれ体制や仕事内容が違ってくるため、良いところや悪いところを確認しなくてはなりません。例えば、病院内でも病棟勤務では基本的に夜勤があるため、子どものいる看護師にとってはネックとなってしまいます。しかし、外来では夜勤が少なく定時で帰宅できることが多いため、ママさん看護師が多く働いています。一方、診療科の中では内科や外科、整形外科、人工透析科の人気が高いです。しかし、内科は残業が多く一般業務をこなすためスキルアップが難しい。外科は患者の入れ替わりが激しく常に勉強が必要。整形外科は救急患者を受け入れている病院だと術前術後の管理をしなくてはならず多忙。人工透析科は何年も病院に通っている患者がほとんどのため、コミュニケーションスキルが必要になります。このように人気がある科であっても、デメリットはあります。求人を探す時期によって、募集している病院や就業できる科は違うため、自分がどんな場所でどんな体制で働きたいかをよく考え、応募先を決めましょう。

将来を考えるならどの資格?

看護師の資格があるからパートで働きたい。だけど、それだけで終わるのは嫌。そんな風に考えている人は少なからずいると思います。もしそうであれば、キャリアアップを考えてみませんか?病院にはたくさんの診療科があるため、専門的な知識と能力を持つプロフェッショナルの看護師が必要となってきます。看護師のキャリアアップの代表的な資格に、特定の看護の分野で熟練した看護技術と知識が持つ認定看護師、患者個人や家族など医療に関わる人間関係のトータル的なケアを行う専門看護師があります。両資格とも持っていると、高度な医療施設に転職できたり収入が増えたりとメリットはありますが、5年以上の実務経験や専門看護師の場合は大学院に通うことが資格取得の必須となるため、難関資格とも言われています。一方、高収入を得られることや独立して助産院を開業できることで助産師の資格も人気です。そのほかにも、取得するのに比較的ハードルが低い資格や転職に有利な資格もあるため、今の自分ならどの資格を目指すことができるかを考え、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

パート看護師といっても働く場所・夢は多様です。子が手を離れてからでも、育児休暇中に勉強してからでもできるので、あなたに合った選択をしてみてください。

 

<パートの求人情報はこちら!>

シラソン