いつも行く店と違うの!?病院内にある売店やコンビニってどんな所?

買う人のニーズに合わせた商品と接客の仕方が必要

売店・コンビニは多くの人が集まる場所に作られています。そのため駅前、街角、ビルの中などにあるのを思い浮かべてしまうでしょうが、病院にも入っていることはご存知でしょうか?街のクリニックにはありませんが、総合病院、県・市が運営している病院、大学病院など大規模な施設であれば売店、もしくはコンビニが設置されているところがほとんどです。そのため店舗で働く求人も募集されており、従事している人はたくさんいます。ここでは病院へあまり行かない人も、今後求人応募を探す際活用できるよう、病院の売店についてご紹介していきます。

扱う商品が街の売店とは異なります

街の売店では食品、日用雑貨を筆頭にさまざまな商品を陳列していますが、病院内の売店は少し違っています。病院にあるため基本的にお客様は入院患者、患者の家族、見舞い客、医師や看護師などの職員、外来の患者です。街とは違い特定のお客様となるため、販売する商品に必要なものと必要ではないものが生まれてきます。必要なものとして、日用雑貨では寝間着・吸いのみ・コップ・お風呂セット・入院セット。また、衛生用品は必ず扱っており、ガーゼや防水テープ、使い捨て手袋、おむつ、パッドなどもあります。雑誌はファッションや情報誌もありますが、病気・健康関連の書籍を置いている店舗もあります。一方、食品は弁当・おにぎり・パン・飲み物・お菓子とほかの売店と同様のものを販売しており、一部アレルギー対策された食品も扱っています。では、反対に必要でないため店頭には置かれていないものは何でしょうか。それはアルコール・タバコ類です。患者によっては関連する病を患っている人もいるため、販売を禁止しているところがほとんどです。

仕事内容に差はなし。しかしお客様とのコミュニケーションは大切

病院内の売店は求人募集内容を見ると、接客・レジ・清掃・商品陳列・在庫管理・発注業務といった一般的な売店やコンビニと同じです。就業先の店舗によっては現金のみの支払い、宅配便の取り扱いなし、ATM・チケット発券機がないところがありますが、大手チェーンのコンビニが設置されている場合はATM、公共料金支払、宅配便受付、コピー、FAX、各種クレジットカード、電子マネーなども使え、街にあるコンビニと変わりません。そのため、さまざまな業務を覚える必要があります。また病院内にあることで、売店は不特定多数のお客様ではなく、利用するのは限られた方となっています。毎日来店される方もいるため自然と顔見知りになり、お客様から声をかけられることは珍しくありません。その時には不快な思いをさせないような対応を求められます。お客様と直接会話をする機会が多いことは、病院内売店の特徴の一つです。

基本は交代制!自分の都合に合わせて働くことが可能!

もし病院内の売店で接客スタッフのパートをするなら、扱っている商品、仕事内容のほかに気になることは勤務時間ではないでしょうか。時間の幅は店舗にもよりますが、早朝・午前・午後・夕方・夜と区切られ何人かで交代して働くシフト制を導入しています。そのため、自分の生活に合わせて好きな時間帯を選んで働くことができます。また、求人募集の要項には未経験OK、週3や4日から可能、早朝は時給アップ、食事手当てつきなどが待遇に入っていることもあります。一方、働き方はほぼ街にある売店やコンビニと同じですが、面接時は異なることもあります。一般的な店舗は直接店長などの面接を受けることになりますが、病院の売店では店舗事業を請け負っている企業で面接を受けてから、派遣される形で就業することもあります。そのため、求人応募をする際には面接場所の確認を怠らないようにしておきましょう。

 

いかがでしたでしょうか。病院の売店といっても、普段利用している街の店舗とあまり変わらないですよね。ただし、ひとつだけ気をつけておかなくてはならないことがあります。病院という閉鎖された空間のため、院内感染が気になる方もいるかと思います。インフルエンザが流行する時期には自身でマスク着用・うがい・手洗いを心がけて、感染やお客様にうつさないよう接客することが大切です。

 

<パートの求人情報はこちら!>

シラソン