交通費支給のパートって全額支給なの?徒歩圏内のパートの方がメリットは多い?

交通費なしのパートってあるの?

交通費(通勤交通費)支給のパートしかやったことがない場合、それを当然と思ってしまいがちですが、そんなことはありません。企業は交通費を支給しなければならない、という決まりはないので、支給なしのパートもあります。勤務先が家から徒歩圏内なら問題ありませんが、遠い場合はかなりの出費となります。公共交通機関に関わらず、車通勤の場合も同様です。それをカバーするほど時給が高い、仕事内容が魅力的などの理由があれば良いですが、強い志望理由がない場合は避けた方が無難だと思います。後々、通勤時間の長さと交通費なしがネックになり、結局辞めてしまう可能性が高いからです。

「交通費支給」でも、規定はいろいろあります

さて、求人情報で「交通費支給」となっていても、必ずしも全額支給になるとは限りません。

例えば「上限あり」。1ヶ月で20000円までと規定されていたら、実際は23000円がかかるとしても、20000円までしか支給されません。

「実費支給」の場合は、実際にかかった金額を支払うという意味ですが、実際は1ヶ月の最安または最短の定期代で支給される場合が多く、それよりも料金のかかる経路を選んで通勤した場合は自己負担となります。

公共交通機関ではなく、自動車で通勤する場合も、実際にかかったガソリン代を全額支給するのではなく、○kmあたり○円支給という場合が多いです。普通車か軽自動車かで支給額が変わることもあるようなので、社内規定を確認しましょう。

また「一律支給」というのもあります。実際にかかった金額に関わらず、すべての人に同じ額の交通費が支給されるというものです。この場合、その額よりも実際の交通費が安い場合は得をしますが、高い場合はもちろん損です。

求人情報に「交通費支給(規定あり)」とあったら、必ず規定を確認しましょう。

徒歩圏内のパートの方がメリットはある?

徒歩圏内のパートを選ぶとメリットはたくさんあると思います。通勤時間が短く済むので、その分家事などに時間を回せたり、交通機関の乱れや道路の渋滞に振り回されることがなかったりと、時間の節約になります。家で留守番中のお子さんに何かあっても、すぐに戻れるというメリットもあります。

けれども、公共交通機関を利用するメリットもあります。出勤日数を考えると定期券の方が安い場合は購入することになると思いますが、定期券なら区間内何度でも途中下車可能です。買い物をするのに途中下車したり、休日、出かける際に使って交通費を節約したりと、あるとかなり便利です。交通費支給で、最寄り駅のほかによく利用する駅があるのなら、それを踏まえて勤務先を考えるのもひとつの手かもしれません。

ちなみに、徒歩ではちょっと遠い場合、自転車で通勤したいという人もいるかと思いますが、最近増えている自転車事故を考慮して、などの理由で禁止している職場もあるようです。自転車通勤を考えている人は、念のため職場に自転車通勤をしても問題ないかを確認した方が良いかもしれません。

扶養範囲内で働いている人は交通費に要注意!

パートをする上で「扶養控除」を気にされる方は多いと思います。年収103万円を超えると自分で所得税を支払わなければならないので、それを超えないよう労働時間を調整するのですが、ここで気になるのが年収に交通費は入るのかという点です。これについては、片道2キロメートル以上であり、月額10万円以内であれば非課税となり、いわゆる「103万円の壁」の対象とはなりません。ただ注意しておきたいのはマイカーや自転車の場合、片道の通勤距離により非課税となる額が決まっているので、必ずチェックしておくようにしましょう。

また、パートの時給が交通費を含む形で設定されている場合は、交通費も所得とされ課税対象となってしまいますので、覚えておきましょう。

 

<パートの求人情報はこちら!>

関東の交通費支給パート求人
関西の交通費支給パート求人
東海の交通費支給パート求人
北陸・甲信越の交通費支給パート求人
北海道・東北の交通費支給パート求人
中国・四国の交通費支給パート求人
九州・沖縄の交通費支給パート求人

シラソン