高齢化社会の救世主!?訪問看護師というお仕事

未経験でもブランク有でも必要としてくれる職場がある!

病気や障害で外出が困難な方のために実施されている訪問看護を知っていますか?訪問看護ステーションから派遣された看護師などが利用者の自宅へ出向き看護活動を行うことで、「住み慣れた自宅で療養できる」という意見から、多くの人が利用したいと思っている医療サービスのことです。しかし、需要が高まっているのにも関わらず訪問看護師の数が足りていない現状が続いています。病院や介護施設での看護師とは違い、訪問看護の仕事はまだまだ認知度が低くどんな仕事をするのか詳しく知らない人もいますよね。ここでは、医師と患者を繋げる存在である訪問看護師について紹介していきます。

訪問看護師ってどんな仕事をするの?

訪問看護師になるには正看護師か准看護師の資格が必要です。どちらかの資格を持っており、病院内にある訪問看護部門や訪問看護ステーションに所属すれば、訪問看護師になることができます。正社員の求人は多いですが、以前病院で勤務していた人がブランクを経て新たにパートという働き方を選択する人もいます。職場によって医師が常勤することもありますが、訪問看護師は基本的に一人で利用者のもとへ行き、治療を行います。医療に関することはもちろん、介護や健康面、利用者の家族に対する相談なども請け負うこともあります。

●食事や排泄など日常生活の看護
●病気や障害の状態、健康チェック
●ターミナルケア
●自宅でのリハビリ指導
●医師指導のもとによる医療処置
●人工呼吸器など医療機器の管理
●寝たきりの利用者へ床ずれ予防・処置
●認知症ケア
●運動機能低下を防ぐためのアドバイス
●不安やストレスを軽減させる精神ケア
●利用者家族への介護支援・相談

 

訪問看護は利用者の医療ケアだけではなく、訪問看護師がいなくとも自宅で快適に過ごせるようにすることも大きな役割となっています。

訪問看護師の良いところ・大変なところ

訪問看護師の場合、未経験やブランクが長くても求人応募を出しているところは多々あります。それは病院勤務の看護師とは異なる部分が多いため、新たに学ぶ意欲がある人や新卒・新人を積極的に雇おうと考えているからです。例えば、病院勤務の看護師は一般的に大勢の患者の対応をしなくてはなりませんが、訪問看護師は利用者自身やその家族と話し合った上で看護方法を決定し、一人ひとりに合った看護をします。また、利用者の自宅に看護師だけで訪れることも多く、そのため利用者の病状をきちんと把握し、何かあった時でも責任を持って対処できるようにしておかなければなりません。ほかにも、訪問看護師は利用者の自宅で医療ケアを行うため、その家の物を使わない、動かした物はきちんと戻す、主にケアを行うのは利用者の家族など家のしきたりや考え方を尊重し、看護師だからといって自分のやり方を押し付けないように仕事をしなくてはなりません。

勤務体制は職場にもよりますが、朝9時から夕方まで、土日は休みなど、家事や育児と両立しやすい働き方が可能です。しかし、少人数体制を取っているため、オンコールを任されることや休日出勤、看護以外の経営に関する仕事をすることもあるかもしれません。一方、給与は訪問看護の需要が高いため、日勤で働きやすいのにパートでも時給が1800円を超える訪問看護ステーションもあります。ただし、夜勤がない分給与が減ったと感じる人も少なからずいます。

訪問看護師にとってやりがいとは?

利用者それぞれに合わせた対応を求められる訪問看護師は、幅広い医療スキルや知識が必要です。そのため日々の勉強や努力をしなくてはならないこともありますが、利用者やその家族と信頼関係を築くことができ、寄り添った看護をすることができます。病院看護では難しい、一歩踏み込んだ看護をやりがいと感じている訪問看護師は多く、責任は重くともターミナルケアに従事している人もいます。また、訪問看護は高齢者だけではなく、どの世代も利用することができるため将来的にも需要が高まる職業です。季節や天候も関係なく毎日利用者の自宅に通うことは大変ですが、訪問看護師として働くことによってコミュニケーション能力・判断力・医療知識などを鍛えることができます。

 

訪問看護師は大変だと思う部分もありますが、働きながら学んでいく人がほとんどです。看護師資格を持つ方はブランク明けの就職先に、新たな道を探してみるのもいかかでしょうか。

 

<パートの求人情報はこちら!>

シラソン