面接でよい印象を与える、身だしなみの心得とは?

個性を出すより、年齢に合った服装で自分らしさをアピール

主婦であってもパートの面接へ行くのにふさわしい服装は、どの季節でも「清潔感」を大切にしなくてはなりません。ですが、年中、同じ服装で面接へ行くわけにはいきませんよね。この服が好きだから着る!ではなく、働く場所の雰囲気や年齢に合った服装、上司になるかもしれない相手に好印象を与える服装などを頭に入れて選ぶことが大切です。ここではそのことをふまえて、冬の面接時の服装についてご紹介します。

ラフすぎず、堅すぎない、きれいめカジュアルでOK

●女性編
スーツであれば問題はありません。しかし、持っているスーツのサイズが合わないなど、さまざまな理由で着ることが難しい人もいます。新しく買うのもよいですが、この先着る予定がなければ自宅のクローゼットから選びましょう。ジャケット、ブラウス、スカートかパンツ、パンプスであれば清潔感があります。また、ブラウスの上にカーディガンやニットを合わせる、もしくは上品な印象を受けやすいアンサンブルもよいです。カラーは白や淡いピンクやクリーム色、また、40代以上であればベージュやグレー、黒なども好印象を与えられます。派手すぎない色がベストです。

●男性編
女性と違い、男性はスーツを選択しておくと、面接でマイナスのイメージに取られることはありません。もちろんスーツでなくてもよいですが、普段着よりもかっちりした服装で面接に臨みましょう。ジャケット、ニット、シャツ、チノパン、革靴など、ベーシックなアイテムを品よく組み合わせるのが大切です。カラーはベージュやグレー、黒のジャケットに白や淡い色のシャツを着ると清潔感のある人だと思われます。ただし、女性と同じく派手な色は厳禁です。

職場に合った服装を選択するのが理想

事務系の応募先である一般企業はスーツを着用している人が多いため、面接はスーツが適しています。就業後は動きやすい服装が求められる看護助手や介護職も同様で、スーツかジャケットをはおった服装がよいでしょう。一方、スーパーやファーストフード店、コンビニではきれいめなカジュアル着でも問題はありません。ですが、スーツで面接を受けて悪い印象を与えることはないため、どんな職業でも迷うようならスーツで面接に向かいましょう。

寒いからといって防寒だけを考えるのはダメ

冬の面接は夏と違い、寒さ対策をしなくてはなりません。知らず知らずのうちに厚着をしてしまう人もいるかと思います。しかし、面接時に着膨れしているとよい印象はありませんし、暖房の効いた部屋ではいつも以上に汗をかいてしまいます。そのため、コートの下はあまり重ね着をしないのがオススメです。どうしても寒さに負けてしまう人は、保温性の高いインナーを一枚着たり、携帯カイロを持ったりするなど、対策をしてから外出しましょう。そのほか女性の場合、防寒のために黒いタイツをはく人も多いでしょうが、暗いイメージを連想させるため、面接にはベージュのストッキングが適しています。また、ハイヒールやピンヒール、男性もですがブーツは避けましょう。

バッグはシンプル、アクセサリーは控えめに

面接の服装は決まってもどんなバッグを持っていくべきか、アクセサリーはしていいのか、悩んでしまいますよね。バッグは服装に合わせたナチュラルなカラーを選び、柄のないシンプルなデザインがオススメです。また、面接時に書類を渡されることや、バッグをイスの横に置く場合があるため、A4サイズが入る大きさで、自立するタイプの形が使いやすいですよ。高級ブランドのバッグやリュック、紙袋は避けておくのが無難です。アクセサリーはイヤリングやピアス、ブレスレットは面接時には必要ありません。ただ、アパレル系の職種であればアクセサリーがあった方がよいこともあります。また、結婚指輪は大丈夫ですが、豪華な時計やカジュアル過ぎる時計も外しましょう。

コートやマフラーを脱ぎ着するタイミングは?

冬の面接で面倒なのはコートやマフラーです。ジャケットだけなら室内でも脱がなくてもよいですが、防寒具はそうはいきません。では、いつ脱ぐのがふさわしいでしょうか。コートやマフラーを脱ぐタイミングは応募先の建物に入る前がよく、手に持ったままロビーや受付へと向かいましょう。そして面接後、行きと同じように建物を出てから防寒具を着るのがよいでしょう。もし面接の担当者が「寒いのでここで着てください」と勧めてくださったら、お礼を言いながらすみやかにコートを着ましょう。

 

<パートの求人情報はこちら!>

シラソン