パートも休暇を取得できますか?

~6カ月以上勤務すれば年次有給休暇を取得できます~

1.「年次有給休暇(年休)」とは

年次有給休暇(以下「年休」という)とは、一定の要件を満たした労働者に対して、通常の賃金が支払われる状態で休むことができる制度です。パート従業員の場合、「働いた時間に応じて賃金が支払われる契約となっているので、(月給制で働いている)正社員のような年休の仕組みはない」と思い込んでいる人もいますが、それは誤解です。労働基準法では、会社は、勤続期間や出勤率などに関する要件を満たした労働者に対して、正社員、パート従業員などの区分に関係なく、一定日数の年休を取得する権利を与えなければならないと定めています。

それでは、どのような要件を満たせば、年休が与えられるのでしょうか?

2.年休を取得する権利は、原則として、入社半年後に与えられる

年休を取得する権利は、次の2つの要件を満たしたときに与えられます。

(1)入社日から6ヶ月経過していること
(2)その期間の全労働日の80%以上出勤したこと

なお、最初に年休が与えられた日から1年が経過した日に、(2)と同様の要件(直前の1年間の全労働日の80%以上出勤したこと)を満たせば、さらに新しい年休取得の権利が与えられます。

年休の日数は、通常の労働者の場合、入社6か月後に10日分が与えられ、その後、入社1年6か月後は11日分、2年6か月後は12日分、3年6カ月後は14日分…と増えていき、最大20日分まで与えられます。

週の所定労働時間が30時間未満で、かつ週の所定労働日数が4日以下(または1年間の所定労働日数が48日から216日まで)のパート従業員の場合は、所定労働日数と継続勤務年数に応じて、1日分から15日分の範囲内で年休が与えられます(これを「比例付与」といいます)。例えば、毎週1日だけ勤務するパート従業員でも、6ヶ月以上働けば、1日分の年休が与えられます。

法律上、年休を取得する権利の時効は2年間と定められています。つまり、ある年に与えられた年休を使い切れなかった場合は、翌年に限り、それを繰り越すことができるということです。例えば、入社6か月後に10日分の年休が与えられた労働者が年休をまったく取得しない場合、1年6か月後には、前年の10日分と今年の11日分を合わせた21日分の年休が与えられます。さらに、年休を取得しないまま1年間が経過すると、最初に与えられた10日分の年休の取得権は消滅しますが、前年に付与された11日分と新たに付与された12日分を合わせた23日分の年休が与えられます。

なお、ここでは、労働基準法で定められた年休に関する要件や付与日数などを書いています。会社によっては、これよりも良い条件を定めている場合がありますので、自分の年休については、入社時に締結した労働契約書などで確認してください。

3.年休は、原則として、労働者が希望する日に取得できる

年休は、原則として、労働者が希望するときに、自由に取得することができます。ですから、労働者側から、職場の上長に「○月○日に休みたい」と申請し、とくに問題がなければ、その指定した日に年休を取得することができます。

会社側は、事業の正常な運営を妨げられそうな場合は、労働者がした年休取得日を別の日に変えてもらうように求めることができます。パート従業員の場合、学校行事や地域イベントがある日に、多くの人が年休取得を申請してきて、それをすべて認めてしまうと、その日は事業運営ができなくなることがあります。こういうときには、会社とパート従業員、あるいはパート従業員同士の話し合いのもと、とくに用事がない人は、年休を別の日に変えてもらうなどの対応がとられることがあります。

4.マナーを守って、しっかりと年休を取得する

年休を取得することは、労働者に認められている権利です。パート従業員でも、遠慮することなく、自分が休みたいときに年休を取得することができます。

しかし、当日の朝になって年休を取得すると急に言い出したり、同一日に多くの人が年休を取得したりすると、休んだ人の分の仕事をカバーしなければならない職場の人たちに迷惑をかけてしまいます。「年休を取得するときには早めに申請する」、「多くの人が休みそうな日や仕事が忙しい時期は、できるだけ年休取得を避ける」などの職場のマナーを守って年休を取得するように心がけましょう。

社労士

深瀬勝範(ふかせ かつのり)

Fフロンティア株式会社代表取締役。社会保険労務士。1962年神奈川県生まれ。一橋大卒。大手電機メーカー、金融機関系コンサルティング会社、大手情報サービス会社を経て、独立。企業・公共団体の人事制度設計や事業計画の策定等のコンサルティング、人事労務専門誌などに寄稿も行っている。著書に「労政時報別冊 実践人事デ-タ活用術」(労務行政)。

<パートの求人情報はこちら!>