やってみる価値はある!?パートで得たお金を貯金しよう!【その1】

モットーは苦しくない貯金。いつからでもスタートできる!

せっかく稼いだパートのお金、どうしていますか?貯金はしたいけど、生活費や必要経費に使ってしまい、そのまま消えてしまう…という人も多いのではないでしょうか。パートの場合、月に稼ぐことのできる金額はけっして多くないため、そこから貯金をするとなれば微々たるものかもしれません。しかし、それでも毎月貯金ができていれば1年、2年、3年後には小さな欠片でも大きな額になるはずですよね。どうしたらうまく貯金ができ、成功するのか。まずは貯金を始める前の心構えから考えてきましょう。

具体的な目的や目標を定めよう!

貯金をしようと思っても、うまく行動に移せないまま時間が経ち、結局はしなかったという人はいますよね。そうならないよう、始める前に貯金をして何をするか(目的)、もしくはどのくらい貯めるか(目標)を掲げることが成功の秘訣です。目的には子どもたちの学費、習い事の費用、車のローン、家族旅行、豪勢な食事代など、必要経費から娯楽まで幅広く考えてみましょう。一方、目標は一ヶ月1万円や一年で30万など、貯める金額を細かく決めておくとゴールに向かって進むことができるはずです。ただし、あくまでも目標なので、貯金をするために生活を犠牲するということは避けましょう。

家計簿は必要ナシ。ストレスフリーの貯金

昔から貯金といえば「家計簿」というのが定番でしたが、一ヶ月や半年で嫌になり終わってしまうかもしれませんよね。手書きで計算するのはめんどくさいけど、アプリやエクセルならできる!という人ならいいですが、それでも続けられないかもしれません。家計簿には利点が多いですが欠点もあります。つけていくと、ここを減らしておけばよかった、出費が多いなど、自分の貯金の仕方に引け目を感じてしまいストレスを抱えるようになってしまうこともあります…。それならば、最初から家計簿をつけるという概念は捨ててしまいましょう。貯金=我慢・ストレスではなく、楽しくイライラしない方法で貯金を行うのが肝心です。

収入からみえてくる、出費の金額は?

パートの給料は時給や週に何日、何時間というスケジュールによって変動します。平均すると月に10万円以下の場合が多く、貯金にまわせず使うだけで終わってしまうこともあるでしょう。しかし、その出費はきちんと把握できているのでしょうか?食費代、雑貨代、子どもの学習費など、大まかに覚えていても毎月変動する出費があれば細かい金額まで覚えていない人もいると思います。それならば、今一度何に使っているのか確認してみましょう。出費の金額を知ることで、次月からはどこを削れるか、出費を抑えることができるかが見えてくるはずです。もしかしたら、あなたが稼いだパートの給料から払うことのない費用がでてくるかもしれませんよ。

自分に厳しい日、甘やかす日を作ろう

貯金を始めていくと、節約をしなくてはならないことがでてきます。先月までは何も考えずに買っていた商品も今月からは買うのを諦めなくなくては…と思うこともあるでしょう。しかし、貯金にはけじめが必須です。高くても安くても今必要なもの、近いうちに必要なもの、いつか必要なもの、本当はいらないものなど、自分の中で購入する商品にランクをつけておくと、お金を使う時の目安になるので試してみてはいかがでしょうか。もちろん、我慢するだけではなく、我慢をしない時をつくることも忘れないようにしましょう。贅沢もたまにならいいだろう、と思うだけで気持ちは楽になりますよ。無茶をせず日々の生活にメリハリをつけて、貯金を長続きさせましょう。

 

貯金といっても人によってはスムーズにできるとは限りませんよね。数ヶ月だけではなく、何年もかけてお金を貯めていきたい人は、まず始める前に上記のことを考えてみるのはどうでしょうか?貯金は自分で始めよう!と思えばいつでもスタートできます。だからこそ、しっかりとした心構えを持ち、生活に負担のない範囲で貯金をしてみましょう。

 

<パートの求人情報はこちら!>

シラソン