採点・添削ワークは人気の仕事! そのヒミツにせまります

在宅ワークの中でもイチ押し! 採点・添削の仕事

“働く”と言うと、外へ出て仕事をするイメージがまず浮かぶのではないでしょうか。しかし出勤するには身支度をしたり、混んでいる電車に乗ったりと何かと大変。そこで今、在宅でできる仕事が注目を集めているんです。
極端な話、寝起きでパジャマのままでもできちゃうのが在宅ワーク。家の中で行える業務はいろいろありますが、採点業務は人気の仕事の一つ。子供たちの通信教育などを中心に、多くの採点・添削ワークがあります。お子さんが小さい主婦層、介護をしている方、学生さん、高齢の方などが従事しているケースが多いようです。

知りたい! 採点ワークのこと

採点・添削ワークの流れについて触れてみましょう。

自宅にインターネットや郵便などで答案が送られてきて、採点を行います。単に○×をつけるだけではなく、部分点をつけたり正しい答への誘導文を書いたり・・・。

また通信教育企業によっては、コメント欄がありそこに文章を記入することも。子供たちからのメッセージに返信する機会もあるため、子供が好きな方やコミュニケーションをとるのが好きな方には楽しい仕事になりますね。

書面を通じてのやり取りで顔は見えないので、一文字一文字の持つ意味が大きくなってきます。答案は子供たちが懸命に頭をひねった結果。採点内容がその子の人生を左右することだってありえます。真心こめて丁寧に添削する姿勢が大切です。

気になる! メリットのこと

採点・添削ワークは非常に人気の高い仕事。
以下のようなメリットが代表例としてあげられます。

●時給が高め
●自分のペースで仕事を進められる
●子供が小さかったり、高齢者の介護をしていたりしてもできる
●通勤時間をとられない
●複雑な人間関係がない 

自分のペースで進められるのが何よりのメリットになりますね。
ただ、企業によっては締め切りがタイトな場合もあるようです。たとえば水曜日に答案が届き、金曜日くらいに締め切りを設定されているケースもあり、時間との勝負な場面も。大変なように思えますが、考え方によっては週のうち1~2日で済むから楽ととらえることもできます。短時間でガツンと働きたいという集中タイプにはうってつけでしょう。
また採点・添削にバラつきが出ないよう、採点者にはある程度のレベルが求められます。短期大学や四年生大学卒以上を応募条件に据えているところも多く、また学力テストや添削テストなども実施されます。そのため門戸が広いとは言いにくいかもしれません。

教えて! どのくらいの収入になるの?

在宅のお仕事はほとんどが歩合制となっています。1枚当たりの単価が設定されていて、こなした枚数分がお給料となります。

添削の内容によって異なりますが、1枚60円~300円程度が主流。国語や英語は文章での答えがあったり加点・減点要素があったりするため、やや高めに設定されています。

依頼数は100枚単位で、慣れればすばやくこなせ効率よく稼げそうですが、大切な答案ですからミスは許されません。慎重な採点を心がけましょう。添削内容はきちんとジャッジされていて、今後の依頼数に影響します。地道にコツコツと信頼を築けばコンスタントに仕事がくるようになり、結局は効率よく稼げることになるのです。

やってみよう! 採点ワーク♪

ここまで読んで「面白そう」と思った方は、ぜひトライして下さいね。
ただし、先程も述べたように門戸があまり広くないのが現状。募集も年中しているわけではありません。

会場におもむいて模試などの採点をするスタイルだと年数回の募集がありますが、在宅スタイルは現役スタッフが辞める場合などにしか募集しないことも多いようです。特に誰もが知るような大手通信教育講座ですと、人気が高いのでさらに難関となります。募集開始になると案内メールをくれる企業もあるようですから、事前に登録しておくと良いでしょう。

もしなかなか仕事が見つからない場合、知人や友人に採点ワークをしている人がいたら口利きをしてもらえるよう頼んでみるのも一つの手です。企業側としても、全く知らない人を一からテストして採用するより、優秀なスタッフの紹介ならすぐに信用できていいと好感を持つ場合も少なくありません。

 

何社も受けてやっと採用されたという声も多いので、あきらめずに粘り強く応募して下さい。逆にいえばそれだけ人気が高く、働きやすい仕事だということの裏返し。頑張ってGETしたいですね。

 

<パートの求人情報はこちら!>

シラソン