憧れを仕事に! 未経験から始める在宅ライター

まずは具体的なイメージを持つことから

ブログやSNSで文章を書くことが趣味で好きだという方も多いのではないでしょうか。自分が本当にやりたいことを仕事にできるなんて素敵ですよね。しかし、いざ現実的に始めてみたいと思ってもいきなり本業にする自信もなく、一体在宅ワークでどのくらい稼げるのか見当がつかない……。など在宅ライターに対してぼんやりと不安定なイメージを持つ方に、具体的な仕事の流れ、報酬の一例、メリットなどを紹介します。

未経験でも受注OKのクライアント(会社)を探す

出版社などの求人サイトを見ると在宅でライターを募集しているところもありますが、その大半はライター経験者向けです。未経験者で在宅ライターを目指すのであれば、インターネットから不特定多数の人に仕事を外注する、クラウドソーシングサービスなどのサイトに登録し「未経験OK」の条件が記載されているものから始めてみましょう。

 大まかな仕事の流れ

応募→発注者(クライアント)からの依頼→メールなどで発注者と記事内容などの打ち合わせ→納品→修正依頼があればOKが出るまで直す→納品完了→報酬支払いという形です。発注者との打ち合わせの際には納期や報酬、注意事項はもちろん、後々「認識していた条件と話が違った!」と後悔することのないように少しでも疑問点があればその時点でしっかりと聞いておきましょう。また、記事は発注者が指定したテーマに沿って構成することが大前提です。どうしてもこれを書きたいと我を出して当初打ち合わせしていた内容とずれた記事を作成してしまうと、何回も書き直すことになり仕事の生産性が悪くなるだけでなく、発注者からの信頼も失ってしまいます。

発注者を選ぶ上で注意すべきポイントは、雇用主の実態や作業内容が明確になっているかどうかです。納品した後に連絡が取れなってしまう詐欺なども横行しています。信頼できる発注者を選びましょう。

経験を重ねて単価アップに繋げる

未経験スタートの報酬の相場は、文字数や1記事あたりなど発注者によって条件は異なります。文字換算での報酬の場合、1文字あたり0.3円~0.5円程度が相場、記事数で換算される場合1記事100円など最初は大変厳しいようです。ただし、そこでめげずに実績を積んでいくと、1文字0.6円~(仮に1000文字の記事を書いた場合だと1記事600円)の案件なども舞い込んでくるようです。これでも副業の域に達していませんが、記事の執筆本数をこなし慣れてくると1時間に3000文字は書けるようになるという声もあり、時給1500円以上稼ぐ人もいるようです。未経験から在宅ライターを始めた方の中には、月収20~30万円稼ぐという方もいるようなので、本業として行うことも十分可能のようですね。

自己管理はしっかりと!

仕事の流れや報酬の相場が分かったところで、在宅ライターのメリット・デメリットを紹介します。

 メリット

・得意分野を活かした記事を書ける
・自分の時間を有効活用できる
・会社のように、周りや電話の話し声がなく静かな環境を保てるため集中力が向上する
・子育てや家事のすきま時間を使った仕事の仕方が可能
・家族と過ごす時間が増える
・パソコンとネット環境があれば仕事ができる

朝の満員電車が苦痛で仕方ないため在宅にこだわって仕事を探し、どうせやるなら好きなことをということで在宅ライターを始めた方も多くいるようです。また、職場=自宅となるため家族とコミュニケーションを取る時間が増えるのも主婦(夫)の方には嬉しい条件です。

 デメリット(及びこの仕事に向いていないタイプ)

・職場が自宅になるため、オン・オフの切り替えが難しい
・自由に時間が使える反面、テレビやSNSなど娯楽の誘惑により、なかなか仕事が進まない可能性もある
・自己管理ができない、怠け癖があるタイプ
・一夜漬けタイプ

もし仮に納期がその日の朝までで一夜漬けで仕事をしたとします。そこでうっかり眠ってしまい納期の時間が過ぎてしまったら……。考えるだけで恐ろしいですが、これは完全にアウトです。勤務形態はご自身で選んだものですから、仕事は時間に余裕を持って遂行していきましょう。

在宅での仕事は、初めはライターに限らず単価が安いのが現状のようですが、地道にコツコツ続けていくうちに報酬がアップし、副業から本業へチェンジすることも夢ではないようです! どうしても文章を書くことを仕事にしたいという方は、デメリットも踏まえた上で覚悟を持って在宅ライターとして働きましょう。生活費を稼ぐことと仕事へのやりがいのどちらに重きを置きたいのかを初めにご自身の中で明確にしておき、後悔のない選択をできるように準備することが大切です。

<パートの求人情報はこちら!>

シラソン