美容に興味があるなら一度はのぞいてみたい! 美容業界のお仕事をピックアップ

美のエキスパートという道を、選んでみる

ちまたは、ダイエットやメイク、コスメの話であふれています。女性はいつでも綺麗でありたいもの。しかし最近では男性だって負けていません。男性用メイク用品やエステなどの売り上げが上昇しているんです。

そんな大盛り上がりを見せる美容業界、コスメや美に興味があるのなら働いてみたいですよね。
資格が必要なもの、不要なもの、さまざまあるので見ていきましょう。

こんなにあった! 美を追求する仕事

一般的な美容関連の仕事と主な勤務先をまとめてみました。

●美容師・・・ヘアサロン・まつげサロン
●理容師・・・理髪店
●ヘアメイクアーティスト・・・ヘアメイク事務所・ヘアサロン・ブライダルサロン・ヘアメイク専門学校(講師)
●メイクアップアーティスト・・・芸能プロダクション・ブライダルサロン・化粧品メーカー・メイク専門学校(講師)
●ネイルアーティスト・・・ネイルサロン・ヘアサロン・ブライダルサロン・ネイル専門学校(講師)・自宅(独立)
●エステティシャン・・・エステティックサロン・ブライダルサロン
●ビューティーアドバイザー・・・百貨店・化粧品店・化粧品メーカー
●メイクセラピスト・・・化粧品メーカー・医療/福祉施設・美容系専門学校(講師)
●美容インストラクター・・・エステティックサロン・化粧品メーカー
●美容ライター・・・出版社・自宅(フリー)

美容師・理容師は国家資格で、美容・理容の学校を卒業し国家試験に合格する必要があります。ヘアサロンにはスタイリストとアシスタントがいますが、いずれも免許は必須です。

ネイルアーティストやエステティシャンは、資格制度はあるものの民間認定のため、未経験からでも挑戦しやすいでしょう。企業の求人に応募する場合、資格があれば採用率が大幅にアップします。

興味を持ったら挑戦してみよう

日進月歩と言われる美容業界。つい先日まで流行っていたものが、今では見向きもされないなんてことはザラにあります。それだけ時代の流れが早いと、ついていくのは少し大変かもしれませんね。
この業界で働くには、ニーズをキャッチする力と、ある程度のセンスが必要となります。そして何事も前向きに吸収しようという姿勢が大切。
中には結婚や出産を機に仕事を辞め、パートとして復帰を考えている人もいるでしょう。その際にも、やはり、最近の傾向を把握する最低限の勉強は必須。家事や育児などで追われる毎日であっても、最新の情報には触れるようにしておいたほうが賢明です。

とはいえ、この業界に就きたいというのは、コスメやメイクなどに関心の高い人がほとんど。好きこそものの上手なれとはよくいったものです。興味を持った分野があれば勇気を出して挑戦してはいかがでしょうか。

知識をたくわえることは、自分磨きにもつながります。スキルを得られて、綺麗になれたらこんなに嬉しいことはないですよね。

心の持ち方一つで、仕事はどんどん楽しくなる!

美容業界とひとくくりにまとめても、業種はたくさんあるため、メリット・デメリットはそれぞれ異なります。
その中でも共通して言えるのは、先述した通り常にアンテナをはっていないといけないという点。ただし、これは取り方によって、メリットにもデメリットにもなりえます。
進化し続ける業界についていくのが困難だと思ってしまったら、その時点でデメリットとなるでしょう。
しかし新しいことをどんどん吸収していこうという意欲があるなら、天職と感じられるかもしれません。ダイエットやスキンケアといった誰もが気になる最新の情報を、いち早くゲットすることができます。

そして何よりの醍醐味は、お客さまが美しくなっていくのをお手伝いできるということ。人は見た目が100%ではありませんが、外見の向上はモチベーションUPにつながります。就職試験の大切な場を支えるメイク、結婚式に備えたエステ、毎日の基本的なケア…。外面を整えることで内面から元気になり、日々の生活にハリを与えることが可能です。

関わった方々が満面の笑みを見せてくれた時、やっていて良かったなと思えるに違いありません。

<パートの求人情報はこちら!>

<美容業界のバイト、パート求人情報はこちら!>

シラソン