おしゃれな空間で楽しく働く!カフェのパート

時間の都合がつきやすく、育児と両立しやすいのが魅力的

挽きたてのコーヒーやおいしいケーキをおしゃれな店内で楽しむ。そうやって友人や家族と一緒にカフェに通ったことはありませんか?カフェといっても大手チェーン店から街の喫茶店、コンセプトカフェまでさまざまです。お客として入店した場所でも、「働くとしたらどんなことをするのか?」「どんな利点があるのか?」と疑問がわいてくるはずです。ここでは、そんなカフェのパートについてご紹介します。

好きな空間で働くことができる

手軽にコーヒーや紅茶が飲めることで増加しているカフェですが、全国展開しているチェーン店、昔ながらの喫茶店だけではありません。動物と過ごせるカフェ、趣味を楽しめるカフェ、キャラクターカフェなど変わったコンセプトのカフェも次々オープンしています。誰もが知っているカフェで働くのもよいですし、自分の好きなこだわりの空間で働くこともできるため、選択肢が広がります。

カフェパートはどんなことをする?

セルフサービスかフルサービスか、店舗によって仕事内容の細かい部分は違っています。しかし、大まかな業務は次のとおりです。

●ホール
接客を主に行います。セルフサービス店であればカウンターで注文をとり、お客さまに飲み物や食べ物を渡します。フルサービス店であれば、席で注文をとった後、できあがった品物をお客さまの元へ運びます。また、レジ業務はホールの担当者が行うのがほとんどです。

●ドリンク
お客さまから注文を受けた飲み物を用意します。セルフサービス店であれば、ホール業務と同時にこなす場合もあります。

●キッチン
お客さまから注文を受けた食べ物を調理し、盛り付けます。

●掃除
全ての人が営業前・営業後に店内掃除を行います。ドリンクやキッチン担当であれば、飲み物や食べ物を調理した機械の洗浄をします。

コンセプトカフェの場合は動物の世話、お客さまが使用する道具の準備なども行います。

どんなことが大変?

仕事内容を知って、とまどいや不安に思う人もいるかもしれません。カフェは豊富なメニューを扱っている店舗が多いため、コーヒーの豆や紅茶の茶葉、ドリンク・食べ物の種類はたくさんあります。ですが、研修制度やマニュアルがしっかりしている場合が多いため、安心して働くことができます。そのほか、接客・言葉づかい・身だしなみについてもきちんとした指導があります。カフェの仕事は、立ちっぱなしで仕事をするため慣れない間は疲労がたまるでしょうが、接客業のパートの中ではあまり体力を使わなくてすむ仕事とされています。

家庭でも使えるメリットがたくさん!

カフェの場合、お客さまを待たせないように接客とドリンク準備を同時進行したり、片付けとレジの対応をすばやく行ったりと、同僚と連携しながら動きます。そのため、働いていると仕事の効率化ができるようになり、主婦業に活かすことができます。ほかにもドリンク&フード作りを覚えられるため、自宅で同じものを作って家族や友人に振舞うことができたり、新メニューが登場したら試飲や試食をすることができたりします。

勤務時間はライフスタイルに合わせて入れられる

育児と両立するには働く時間を考えなくてはなりませんよね。カフェのパートは、シフト体制をとっているところが大半のため、子どもを幼稚園や保育園に預けてから出勤することや、迎えに行くために昼過ぎや夕方に退勤するシフトでの勤務も可能です。また、複数の人が働く職場のため、子どもの急な体調不良で休むことになっても交代がしやすいパートとして知られています。

覚えることは多いですが、楽しく仕事ができるのがカフェのパートです。話すことや接客が好きな人にはオススメです。

<パートの求人情報はこちら!>

シラソン