どうする?結婚してからの“働き方”

子供が生まれるまで、正社員を続ける?それともパートに転職する?

結婚、妊娠、出産…。人生の大きな転機が身近なことになると、多くの女性は働き方を見直さなければならなくなります。
結婚しても引き続き正社員として働くか、もしくは家事を重視して、時間の自由の効くパートに切り替えるか、それとも専業主婦になるか・・・。
妊娠・出産のタイミングは、そうそう理想通りにはならないので、それも考慮しなければならないとなると、どの選択肢を選べばいいのかわからなくなりますよね。
独身ならではの自由を伴う恋愛期間を経て、晴れて結婚を決めたときに気づく“結婚はゴールではない”という事実。

それを目の当たりにしたとき、あなたはどうしますか?

正社員を辞めるのは、やっぱりもったいない?

結婚前は「寿退社」を目指していたけれど、いざそのチャンスに恵まれてみたら、せっかく正社員で働いているのに、辞めるのはどうかと迷う人もいると思います。
パートナーの転勤で引っ越しをせざるを得ないなど、やむを得ない事情のある人以外は、ここで「辞める理由」ではなく「続けたい理由」を確認してみましょう。
「給料がいい」「仕事が気に入っている」「人間関係が良好」などいろいろあると思います。
結婚も一期一会ですが、その仕事も、基本は一期一会です。
一度辞めても、縁あってその会社に復職することもあるかもしれませんが、それは稀です。
一度辞めて、ブランクを置いて、また正社員として働くのが難しいのも、また事実です。
続けたい理由が1つでもあるのなら、できる限り続けることをおすすめします。正直、辞めるのはもったいないです。

ただし、仕事が原因で体調面に異変がすでに出ている場合は、たとえ仕事を続けたいと思っても、いい機会として転職を考えてみましょう。

正社員を辞めてパートへ。どんな仕事を選ぶ?

さて、正社員を辞めて、時間の自由の効くパートを選んだとします。
1週間に何日、何時間働くか迷ったときは、“家事”を基準に考えてみましょう。
それまでフルタイムで働いていた場合、仕事の終了時間が早くなった分、帰ってから完璧に家事もこなしたくなりますが、あまりに無理をすると疲労がたまって、パートを選んだ意味がなくなってしまいます。
2人とも家事の完成度にそれほどこだわりがなく、ゆっくりする時間があればいいですが、あなたもしくはパートナーにこだわりがある場合は、結婚前に家事の分担ができないか、手を抜けるところはどこかを話し合いましょう。

それを踏まえて、余裕をもったシフトで働く、もしくは「専業主婦の道」も視野に入れるようにしましょう。

妊娠・出産を意識するなら「派遣」の選択も

正社員にしろパートにしろ、いざ妊娠・出産となったとき、仕事を辞めたくなくて、産休・育休を取ったとして、それで人間関係に支障が出るのが怖い、という人もいるかもしれません。
実際に支障が出てしまったなら、そこまでの職場だったのだと見切って、ほかの仕事を探すというのもひとつですが、せっかく結婚したのに余計な心配をしたくないという強い思いがあるのなら、「派遣」をおすすめします。
はじめから期間の決まっている派遣なら、そういう心配もないですし、子育てが落ち着いて、後々、パートもしくは正社員として復職しようとしたときに“会社へ迷惑をかけたくなくて、派遣を選んだ”とすれば、面接での印象もよくなるはずです。

<パートの求人情報はこちら!>

シラソン