家がそのまま職場になる! 外で仕事をするのが難しい人にピッタリの内職ワーク

空いている時間をお小遣い稼ぎタイムに変身させよう

「働きたいけど、子どもが小さくて」
「チョコチョコと空いた時間ができるから、有効に活用したい」
そんな風に思った時、頭に浮かぶのは短時間パートワークでしょう。スキマ時間にできるお仕事はいろいろ。
でも身支度をしなくてはいけなかったり通勤時間をとられたり、お子さんを預けなくてはいけなかったりというのも事実。だったら家の中でできる仕事に目をむけてみませんか。

これからご紹介するのは、“内職”ワーク。正式名称を“家内労働”といいます。
厚生労働省の発表によると、全国で家内労働に就く人は平成27年10月時点で約11万4000人。女性が89%以上を占めており、お子さんが小さい主婦層や高齢者から人気が高いようです。

こんなにある! 内職の仕事

内職にも初心者向けから、ベテラン向けまで幅広い業種があります。
特別な技術が必要な仕事、大がかりな装置が必要な仕事は、当然ですがビギナーには向きません。まずは、技術も道具も不要な求人を見つけましょう。

【ビギナーに向いている仕事】

●シール貼り・宛名貼り
●紙製品加工
●値札カット・値札結び
●袋詰め・封入
●カプセル詰め
●野菜・果物の皮むき

切ったり貼ったり、折ったり詰めたりするような、比較的簡単な仕事がオススメです。材料を受け取って自宅ですぐに始められるのがポイント。ただし作業単価は低めなことが多く、それなりの収入を得るには数をこなしたり、複数の仕事を掛け持ちしたりしないといけません。

パソコンに詳しい、細かい作業が好き、お裁縫が得意、といった特技があるならばそれらを発揮できるものもいいですね。

【得意分野を活かせる仕事】
●データ入力
●塾の答案などの添削
●下着や小物類の縫製
●古着の検品・補修・アイロンがけ
●キャラクター作成
●造花作成
●電子部品のネジ留め・ハンダ付け

さらにグレードの高い仕事も。

【上級者向けの仕事】
●アクセサリー制作・加工
●デコレーションアート
●ネイルチップ・ネイルキット作り
●宛名書き
●賞状の宛名書き
●かけはぎ
●刺繍
●工業用ミシンによる縫製 ・小物の製作
●テープ起こし

上記は資格が必要なものもありますが、1作業あたりの単価が高めで効率的に稼ぐことができます。

利便性が高く、密かな人気を集めているんです

高度経済成長期より、日本はものづくり大国として認められてきました。しかし近年では国内産の商品は希少。労働力単価の低い国外に、業務がアウトソーシングされています。

そんな現状ですから内職が発生するのは切迫した状況が多いようです。朝に仕事が入ってきて夕方に納品しなくてはいけないというケースや、家族総出で夜通し作業するという事態も珍しくありません。いつ仕事が入ってくるのか分からず、予定を立てづらいという面も頭にいれておくべきでしょう。

また収入金額によっては、確定申告が必要になる場合もあります。

とはいえ、内職がいまだに根強い人気を誇るのはメリットが多いから。
・空いている時間や、好きな時間に作業できる
・経験や資格、設備がいらない
・小さなお子さんがいてもできる
・特技を活かせる
・身体に支障があり通勤が困難な人も可能
・都合が悪くなったら一時休止できるし、いつでも再開できる

緊急の場合をのぞき、自分のペースで業務配分を決められるというのは最大の魅力ですよね。

「内職については理解したけど、じゃあどこで仕事を探せばいいの?」

内職ワークは、地方紙の求人広告、内職斡旋サイト、クチコミサイトなどで見つけられます。一番確実なのは、実際内職をしている人からの紹介。どんな仕事なのかを具体的に聞いてから始められるので、安心感がありますね。

先述したとおり、内職は急な依頼も多い仕事。臨機応変に対応できる、納期を守れる、作業が早くて確実などの要素があれば、途切れることなくオファーがくるかもしれませんよ。

<パートの求人情報はこちら!>

シラソン