パート勤務を辞めて、専業主婦になったらどうなる?

あなただけじゃなく、家族の生活が変わる大きな選択

近年、経済的理由や女性の社会進出によって共働きを選択する家庭は増えています。そのため、育児をしながらパートをする人が多いですが、仕事を辞めて専業主婦を選ぶ人も少なくありません。どんな理由で専業主婦を選んだのでしょうか?また、もし専業主婦になったらどうなるでしょうか。専業主婦のメリット・デメリットも参考にしつつ、あなたや家族の今後を考えてみましょう。

お金を稼ぐだけじゃなく、家族に目を向けたい

パートを続けていた人が専業主婦になる理由に、「子どものそばにいたい」「時間に拘束されたくない」「家事に専念したい」という意見があります。働いていると、自分の時間だけではなく、夫や子どもに費やす時間が取れなくなってしまいます。しかし、専業主婦であれば時間に余裕ができ、家族のために使うことができます。もし家計に余裕があるなら、専業主婦になるのもよい道です。

心が悲鳴を上げたから、休みをとりたい

育児と仕事を両立しようと必死に働くと、気をつけていても次第にストレスは溜まっていきます。うまく発散できる人はよいですが、できない人は心を壊し、夫や子どもにイライラをぶつけてしまいます。このまま仕事を続けていると、家庭の雰囲気は悪くなり、育児にも影響が出てしまいます。そのため仕事を辞め、専業主婦になる選択をした人もいます。ゆっくり休むこともよい案ですね。

ストレスフリーの生活が楽しめるようになる

パートを辞めて専業主婦になったら、メリットはあるの?と思いますよね。働いていた頃は夫と家事を分担することが多かったでしょうが、専業主婦になれば全ての家事を引き受けることができます。夫は稼ぎ、妻は家庭に集中することで、重荷を背負うことがなくなり、心にゆとりが持てる楽しい生活を過ごせるようになります。

子どもと夫、自分にも十分な時間をかけられる

仕事をしていた時間をそのまま家庭に費やすことができるため、今まで難しかった子どもや夫へのサポートがしっかりできるようになります。子どもとはいつも一緒にいることができ、教育に力を入れたり、病気になったとしてもすぐに対応ができます。夫へは栄養バランスの取れた食事を作ったり、衣類や靴など身の回りのものを支障なく用意することも可能です。また、自分だけの時間もあるため、将来のために資格の勉強をしたり、趣味に打ち込めるようにもなります。

節約と我慢が必要になってしまう

専業主婦になると、メリットだけではなくデメリットもあります。金銭面がとくに大きく、一人分の稼ぎがなくなってしまうと、家計に大きな負担がかかります。日々の暮らしに節約と我慢が必須となり、子どもに習い事させてあげたい、何かおもちゃを買ってあげたいと思っても、できなくなるかもしれません。そのため、しっかりとした家計管理を常に心がけることが必要になってしまいます。

社会から取り残されたような気がしてしまう

働いていると毎日いろんな人と会う機会がありますが、専業主婦の場合は夫や子ども、もしくは子どもに関係のある人だけしか話すことがなくなります。友人が多かったり、趣味を持っていたら人間関係の繋がりが広がっていきますが、そんな風にできない人もいます。その結果、家庭だけが自分のいる場所と勘違いし、社会から切り離された感覚を持ってしまうかもしれません。

パートを辞め、専業主婦になる理由は人それぞれです。また、よいことも悪いこともあるため、辞めることが正しいとは誰にも判断はできません。もしパートを辞めたいと思ったのなら、将来のこともふまえて、どうすることが一番よいのか家族と話し合ってみてください。

<パートの求人情報はこちら!>

シラソン