パートに応募するときの電話のかけ方は?事前準備はしっかりと

電話から面接は始まっている!?アピールチャンスを逃さずに

子育てなどのブランクから、いざ仕事に復帰しようとすると、応募の電話のかけ方がわからず、その時点で緊張してしまう人も多いはずです。

「ただ電話で面接の日取りを決めるだけ」と思えば緊張がほぐれるかもしれませんが、実際は「電話応募の時点で面接が始まっている」といっても過言ではありません。

電話で話した内容を忘れてしまうほど緊張しないために、事前準備をしっかりしておきましょう。

ちょっと待って!応募の電話をかける前に準備しておきたいこと

さて、応募を決めたら、勢いのままに電話をかけたくなりますが、ちょっと待ってください。いざ電話をかけると、思いのほか緊張してしまい、肝心なことを聞き逃してしまうかもしれません。電話を切った後で、心配になってもう一度かけ直す、なんてことにならないように、事前に下記を準備しておきましょう。

採用業務の負担軽減のためWEBでの応募受付をする企業が増えていますが、それでも電話での応募を受け付けていることには理由があるはずです。

最初にお話をする電話受付から面接は始まっています。

・応募先の求人情報
→事前に読み込んでおき、書いてあることを質問しないようにしましょう

・メモ用紙、筆記用具
→決定した面接の日程、当日の持ち物などを書くために必須です

・カレンダーや手帳など日付、自分の予定が確認できるもの
→面接の日程をスムーズに決められるように、日付や自分のスケジュールのわかるものを用意しておきましょう

また、携帯電話でかける際は、充電が十分されていることを確認の上、静かで、電波状況の良いところからかけるようにしましょう。

電話は時間帯を選んでかけましょう

求人情報に電話受付時間が書かれている場合は、その時間帯にかけましょう。記載がない場合は、飲食店ならランチタイムやディナータイムなどの時間帯、事務系なら営業開始より1時間、終了前の1時間、お昼休み、営業時間外などを避けて電話をしましょう。

電話が苦手な人は、応募する前に「台本」を用意しましょう

応募の電話は以下のようにすすめましょう。

企業:お電話ありがとうございます。株式会社○○でございます

あなた:お忙しいところ恐れいります。私○○と申します。○○○(求人誌・求人サイト名)の求人広告を見てお電話をさせていただいております。 ご担当の××様(求人情報に担当名がなければ「担当の方」)はいらっしゃいますでしょうか?

企業:少々お待ちください

あなた:よろしくお願いいたします

企業:お電話代わりました。担当の××でございます

あなた:お忙しいところ恐れ入ります。私○○と申します。○○○の求人広告にある△△(職種名)の募集はまだされていますでしょうか?

企業:はい。募集しております

あなた:ぜひ、面接を受けさせていただきたいのですが、よろしいでしょうか?

企業:かしこまりました。ご都合のよろしい日にちを教えていただけますか?

あなた:●月■日以外でしたら××様のご都合にお合わせします

企業:では●月▲日 午後3時でいかがでしょうか?

あなた:かしこまりました。●月▲日の午後3時にてお願いいたします。当日は正面入り口から××様宛にお伺いすればよろしいでしょうか?

企業:はい。××宛にお願いいたします

あなた:ほかに何か注意点などはございますでしょうか?

企業:ございません。それでは、●月▲日午後3時にお待ちしております

あなた:かしこまりました。●月▲日午後3時に履歴書と身分証明書を持ってお伺いいたします。どうぞよろしくお願いいたします。

企業:はい。こちらこそよろしくお願いいたします

【注意点】

・まず、挨拶をして自分の名前を名乗ることを忘れないようにしましょう
・求人情報に面接当日の持ち物の記載がない場合は確認しましょう。その他、質問事項がある場合は、あらかじめメモしておきましょう
・面接の日程など重要なことは必ず復唱して確認しましょう
・電話を切るときは、相手が切るのを待ってから切りましょう

緊張すると早口になりがちなので、意識してゆっくりと話すようにしましょう。また、電話に苦手意識があり、言葉に詰まりそうでしたら、上記の電話の流れを「台本」として用意しておきましょう。

応募の電話から面接は始まっていると考えると緊張しますが、面接前にアピールできるチャンスと考えて、ぬかりなく準備をするようにしましょう。

<パートの求人情報はこちら!>

シラソン