楽しく働いて、子育てもしたい!育児とパートを両立させるコツとは?

子どもがいるから働けないではなく、子どものために工夫して働く

子どもが生まれ、将来のことを考えて働きに出ようかな、と思う人は多いですよね。しかし、育児だけでも手一杯なのに、パートをすることはできるのだろうか…と不安にもなります。子どものために働いているのに、それが原因で育児が辛くなったり、子どもに負担がかってしまっては元も子もありません。どう工夫したら、育児とパートが両立しやすくなるのかご紹介します。

幼稚園の預かり保育を探す

働こうと決心したら、まずは子どもを預かってくれる場所を探しましょう。出産のために会社を退社した人は、子どもを幼稚園に通わせていることが多いですよね。保育園と違い、幼稚園は朝8時半~9時頃から昼の2時くらいまで預かってくれます。その短時間だけ働くことも可能ですが、難しければ「預かり保育」を利用しましょう。幼稚園によって、時間、費用、内容、申し込み方法などが違うため、詳しく調べることが必要ですが、大半が夕方まで預かってくれるので、安心して働くことができます。

育児と両立できそうな仕事や勤務地を選ぶ

子どもを預かってくれる場所を確保した後は、仕事の選択です。フルタイム勤務も可能ですが、できれば時間の融通が利く職場がオススメです。例えば、ファミレスやファーストフード店などの飲食店、スーパー、コールセンターはどうでしょうか。この職場ではほとんどシフト制を導入しており、場所も自宅や幼稚園から近かったり交通の便がよかったりするため、パート先として選ぶ人が多いです。また、人気が高い職場は同じ境遇の人が集まる傾向があるので、子どもの急な病気で早退や休みをとっても、理解してくれる上司や同僚がいるのも魅力的です。給与も大事ですが、職場の環境を重視して、サポートをしてくれる勤務先を選びましょう。

一日のスケジュールを立て、容量オーバーにならないようにする

育児と仕事…二つのことを支障なく行おうとすると、「時間が足りない!」と感じることが増えてきます。子どもを起こし、幼稚園の準備をし、送迎したら出勤。仕事が終われば子どもを迎えに行き、帰宅したら夕食、入浴…。子どもが眠るまで動き続けているのに、夫のことや家事まで手が回らず、しなくてはいけないことも忘れてしまう、という人もいますよね。それならば、スケジュールを立ててみるのはどうでしょうか?整理することで、この時間にこれも同時にできる、もう30分早く起きれば準備ができる、など新たな発見をするかもしれません。ただし、時間の有効活用をし過ぎて体を壊すのは厳禁です。

夫、両親(義両親)をうまく頼ろう

仕事をしようと思った時、あなたの夫はどういう反応をしましたか?働くのはあなたですが、育児は夫婦でするものですよね。食事はあなたが作り、子どもにご飯を食べさせるのは夫、あなたが洗濯や掃除をする間に子どもをお風呂に入れるのは夫、というように分担するのはよい手です。ほかにも、両親(義両親)が近くに住んでいるのならば、幼稚園の迎えを頼んだり、子どもの遊び相手になってもらったりするのもいいでしょう。子どもが大きくなれば小さい兄弟の面倒を見てくれますし、手伝いだって頼むこともできます。たった一人で育児とパートに立ち向かうのではなく、あなたの周りにいる人達に手助けをしてもらいながら、両立を目指すのが賢いやり方です。

料理や掃除に完璧を求めない。がんばりすぎは厳禁!

パートをし始めると、子育ても疎かにしてはいけないと完璧さを求めがちです。誰であろうと専業主婦の頃にできたことができなくなるのは当たり前なので、自分を追い込まないようにしましょう。料理は惣菜や冷凍保存できる作り置きのおかずを利用し、買い物は休日にまとめ買いやネットで注文。家電製品はタイマー付きのものを使って、帰宅したら全て終わっているようにする。掃除や洗濯は毎日できなくても大丈夫。そうやって、仕事とバランスを取りながら、ストレスを溜めない子育てを目指しましょう。

いかがだったでしょうか?子育てとパートを両立させるのは大変ですが、少しの工夫と家族の協力があればきっと上手にこなすことができますよ。

<パートの求人情報はこちら!>

シラソン