パートは職場の飲み会に必ず出るべき?断らなければいけないときの上手な「伝え方」

印象が悪くならない「断り方」を意識しましょう

送別会に歓迎会、忘年会に新年会…。職場によっては、さまざまな飲み会が開かれ、パート勤務の人も参加を促されることがあると思います。時には「必ず参加してください」と言われることもあるのではないでしょうか。

果たして、パート勤務の人は飲み会に参加する義務はあるのでしょうか。

そして、さまざまな事情で欠席したいとき、どう断ればよいのでしょうか。

飲み会への参加は「あなた次第」。「義務」ではありません

曜日や時間が限られたパート勤務の場合、出勤日ではない日に飲み会参加のため外出をしなければいけなかったり、勤務時間が終わってから、時間をつぶして参加をしなければいけなかったりします。そのため、パート勤務の人の多くは、フルタイム勤務の人よりも、飲み会が“勤務時間”のように思えてしまうはずです。

けれども、飲み会はあくまでも“勤務”ではないのです。

そして“勤務”ではない=“義務”ではない、ということになります。

歓送迎会や忘新年会などは「必ず参加してください」と言われることが多いと思いますが、義務ではありませんので、参加・不参加は「あなた次第」ということになります。

ただ、「必ず参加してください」と言われる飲み会には、欠席しなければいけない理由がない以上、会社を支える一員であるという誇りを持って、気持ちよく参加することをおすすめします。

 “話してみたい人”がいるなら、一度参加してみましょう。

もしもあなたが、参加できない理由はないけれど“飲み会が苦手なので”行きたくないとしましょう。

さて、あなたの“飲み会が苦手な理由”はなんでしょうか?

お酒が苦手、話すのが苦手、苦手な人がいる、愚痴ばかりになってしまう雰囲気が苦手、二次会にも行かなければならなくなる雰囲気が苦手など、いろいろあると思います。

けれども、これらの理由を超えるほど「実は気になっている、話してみたい人がいる」のなら、一度、参加してみましょう。

パートを辞める理由の上位には、必ず「人間関係の悩み」が入ります。パートの場合、勤務時間が限られているため、何か悩みがあっても、「この時間だけ我慢すれば・・・」と思いがちです。

けれども、その時間が思いのほかストレスになって、いずれ、家族など大切な人に八つ当たりしてしまうことにならないとも限りません。

職場に、普段はあまり話さないけれど、気が合いそうな人がいるのなら、話すチャンスとして飲み会を利用しましょう。職場の悩みは、同じところで働く人にしかわからない部分が多いです。お互いの悩みをカバーし合える人がいるかいないかで、ストレスの度合いが大幅に変わります。

参加できない理由があるのなら、断るのが“お互いのため”です。

前から旅行の予定が入っている、翌日が子供の運動会で朝早い、夫の両親が泊まりに来る、家計に余裕がないなど、参加できない理由があるのなら、はっきりと理由を言って、お断りしましょう。

断ると印象が悪くなるのでは?と無理に参加しても、あなたはどこか“心ここにあらず”になってしまいますし、誘った側も、そんなあなたに気づいて、必要のない詮索をしてしまうかもしれません。

飲み会を断ったせいで、周りの対応が変わってしまうようなことがあったら、そういう職場だとわかってよかった、今後に役立てようと思えばいいのです。

はっきり断る方が、会社とあなた、双方にとって、良い結果となるでしょう。

断るときは、飲み会のために、いろいろ気を張っている幹事の人への気遣いとして、「参加できなくて残念です。」の一言を忘れずに添えましょう。

突発の飲み会は、参加したい理由があれば参加する、という心持ちで。

「今日飲みに行きましょう!」と、ランチタイムの話の流れで盛り上がることがあると思います。

夫も帰りが遅く、子供を見てもらう人がいない、生鮮の宅配便が届く予定、母親の具合が悪いなどの理由で参加できない場合は、正直に伝えて「また今度」とお断りしましょう。

困るのが、特に理由はないけれども、早く帰って家でのんびりしたいときです。

これをそのまま伝えると、さすがに角が立ってしまうので、「ちょっと体調が悪いので、遠慮しときます・・・」と伝えましょう。

のんびりしたい、ということは「疲れている」ということです。疲れている状態は「体調が万全ではない」ということです。決して嘘ではありません。そして、体を休めるのは大切なことです。

下手に嘘をついて断ると、嘘をついた罪悪感にさいなまれたり、後々、つじつまが合わなくなったりするのでやめましょう。

突発の飲み会は、参加したい理由があればする、くらいの心持ちでいた方が、心身共にあなたを楽にするでしょう。

<パートの求人情報はこちら!>

シラソン