読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パートの面接や採用を辞退したい。どんな方法なら大丈夫?

しごと探しのキホン

嫌だからといって、知らないふりや無礼な対応はダメ。

f:id:edit_sirason:20160805134439j:plain

仕事をしたい!と思っても、自分の希望とぴったり合う職場を見つけるのはなかなか難しいですよね。面接を受けてから「思っていたところと違うなぁ」と感じてしまうことや、面接の予約をしたけど「やっぱり行きたくないなぁ」と気持ちが変わってしまうことはあるのではないでしょうか。そうなると、心は辞退へ動いてしまいます。労働契約書を交わしていなければ遠慮なく断ることは可能です。嫌々ではなく、晴れやかな気分でパートを始められるよう、マナーを守ってきちんとした断り方を心がけましょう。

思ったらすぐに連絡を!

面接前、面接後、採用後など辞退しようと決める瞬間はさまざまです。しかし、どのタイミングでも、そこでは働かないと判断したのならば、すぐに連絡をしましょう。会社側はあなたのために面接の時間を作り、採用と考えていれば書類なども作成しています。断るのが怖いと思って先延ばしにしていると、ますます辞退するのが難しくなってしまいます。少しでもお互いのダメージを少なくするため、応募先へはすみやかに連絡を入れましょう。

連絡は電話orメール?電話がベスト

辞退の連絡をする際、どんな手段がいいのでしょうか?自分に非があるし、できれば口頭で伝えたくないのが本音ですよね。応募先とメールでしか連絡取り合っていなければメールでも問題ありませんが、相手が読んでくれたかどうかはわかりません。内定や面接の辞退は大きな問題です。きちんとあなたの意向を伝えるために、電話を活用するのがベストです。緊張してうまく話せるか不安な人は、紙に話す言葉を書いてから通話ボタンを押しましょう。

面接前に辞退したいならこう伝える

応募をして面接の時間は決めたけど、気が変わったから断りたい。その場合は「お忙しいところすみません。先日、○月○日○時にパートの面接をしていただくことになっていた△△(あなたの名前)と申します。大変申し訳ありませんが、面接を辞退させてください。本当にすみません。それでは失礼します」と伝えましょう。面接予定の日と時間、あなたの名前は忘れずに、そして丁寧に話すことが重要です。

採用前、採用後に辞退したいならこう伝える

面接をしたけど、仕事の内容や会社の雰囲気が思っていたものと違ったから断りたい。その場合は「お忙しいところすみません。○月○日にパートの面接をしていただいた△△(あなたの名前)と申します。先日はお時間をさいてくださり、ありがとうございました。面接後、よく考えたのですが今回は採用を辞退させていただければと思い、ご連絡差し上げました。大変申し訳ありません。それでは失礼します」と伝えましょう。また、面接の終了とともに採用を告げられた時や、採用の電話を受けた後の場合は、同じように伝えつつ「採用していただきありがとうございます」という感謝の言葉は忘れないようにしましょう。

もし理由を聞かれたら、無難に答えるのがよい

内定や面接の辞退はあなただけじゃなく、相手側も嫌なものです。できれば早く終わらせるために、辞退の文面は簡潔にするのがよいです。しかし、あなたが断りの連絡をすると、相手側から理由を聞かれるかもしれません。その時には慌てずに「個人的なことで申し上げにくいです」や「一身上の都合です」などと言い、詳しく答えることはやめましょう。本当であれば「他の会社に決まってしまいまして…」と言うのが一番よいですが、嘘をつくとばれることもあります。応募先がこんな事で怒ることはないですが、迷惑やうらまれるような辞退の方法はしないでおくのが安全です。

 

以上が、マナーを守りながら面接や採用を辞退する方法でした。この先会うことはないからと思わず、誠意を持った対応をするのが社会人としての心得ですよね。