読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブランクについて、仕事探しと新しい職場に馴染めない不安の解消

困った時

離職期間が長いと採用してもらえないの?自分にあわない仕事に就いたら?

f:id:edit_sirason:20160802142203j:plain

「結婚や出産を機に仕事をやめたけど、もう一度パートから働きはじめたい」「長期療養明けでパートから徐々に心と身体をならしていきたい」という場合に気になるのは周りの目。ブランクがあっても以前の経歴を評価してもらって仕事に就けるのか、仕事に就いても職場に馴染めるのか不安はつきないものですね。ではブランクにともなう様々な問題は、どのように解決すれば良いのでしょうか?

そもそもブランクとは?~数ヶ月ならブランクではない

ブランクは一定期間、仕事に就いていない空白期間を指しています。仕事を辞めた後で転職する場合、数ヶ月かかることもあるのでブランクとみなされるのは半年以上の期間が空いた場合と考えてよいでしょう。そして仕事に就く際、採用側が気にするのはブランクの理由です。結婚や出産、病気などその理由が明確になっていれば、ブランク自体が問題になることはあまりありません。しかし理由が不明確な場合、何かあるのではないかと疑心暗鬼にさせてしまうので採用に二の足を踏まれることもあるでしょう。ブランクがある場合はその理由を明確にすると同時に、「なぜ仕事を再開したいのか」その理由と意欲を伝えると相手の不安を払拭することができます。

ブランク有りの仕事探し~一般職と専門職で違いが出る

ブランクがあると「パートでもなかなか採用してもらえないのでは?」と思われがち。しかし最近は正社員の募集でもブランクOKと明確にうたう企業が増えています。なぜでしょうか。ブランクがあるということは前の仕事を辞めるまでキャリアを積んでいたということ。人材難の今、企業はそのキャリアを経験として評価しているのです。パートの場合、ある程度役割を限定した仕事を募集しているケースが多いので正社員よりもブランク前の仕事経験が評価されると言えます。もちろん、一般職と専門職では少し状況が変わってきます。それは仕事内容の変化のスピードです。一般職は古くから役割が確立された仕事ですから、内容が変化するとしても数年単位です。専門職は最新の技術をどんどん取り入れるため、1年単位、数ヶ月単位でめまぐるしく変わります。もしパートで専門職の仕事に復帰したいのであれば、自身のブランクの間にどのような変化があったか情報収集してから面接に臨むと良いでしょう。不安点があればこちらから積極的に質問や相談を投げかけると好印象になります。もちろん一般職も情報収集はかかせませんが、こちらはコンプライアンスの強化など社会情勢の変化が業務に与えた影響を中心にリサーチしておくと面接での対応がしやすくなります。

ブランク後、職場に馴染めない~あせらず冷静に、できることから

ブランク後の職場に馴染めないというのは良くあることです。万が一、職場に馴染めないと感じたら、あせらず冷静にその理由を分析してみましょう。まず職場や仕事内容が自分にマッチしているかどうか?事実、ブランクがなくても新しい職場に馴染めないケースもあります。自分にマッチしていないなら早めに気持ちを切り替えるのもひとつの方法。間違っても「ブランク明けにすぐ仕事をやめると不利になる」とネガティブに考えないでください。ミスマッチのままで無理をして仕事を続けると自分はもちろん周囲の負担になる場合もありますし、仕事に自信を失ってブランクをつくることになりかねません。

もしミスマッチではなく「仕事も面白く周りもいい人なのになぜか馴染めない」というのなら、ブランクが原因で仕事の勘が鈍っていたり、人間関係の距離感がつかめなくなっていたりするのかもしれません。その場合、あくまでも感覚の問題ですから時間が解決してくれます。じっくり腰を落ち着けて目の前の仕事に集中しましょう。またあまり難しく考えず職場の上司や同僚に率直に相談すると気持ちが楽になって事態が好転するかもしれません。もし職場に相談できる相手がいないのなら家族や友人に悩みを打ち明けてみたり、専門家のカウンセリングを受けたりする方法もあります。最近では病院だけでなくNPOやボランティア団体など、相談できる窓口が増えています。