読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パートの通勤時間がもったいない! その節約&活用術とは?

働き方のキホン

通勤時間の見直しで、「今」が充実し「未来」が開ける

f:id:re_design:20160623114055j:plain

働くうえで、通勤時間の長さに負担を感じる方は少なくないでしょう。パート従業員の場合、勤務時間が短いケースも多いため、長い通勤時間はもったいないと感じる方が多いかと思います。

しかし、ここで紹介する節約&活用術を実践すれば、通勤時間の効率や意義を高められます。そのうえ、ご自身の成長や未来に活かすことも可能となるのです。

通勤時間の節約術

一度の通勤で短縮できる時間はわずかであっても、日々積み重ねていけば、多大な時間となります。ぜひ節約を試みましょう!

最適なルートで職場へ向かうことは、時間の節約はもちろん、心身の負担を節約して万全のコンディションで働くためにも重要です。電車通勤の場合には、路線検索サイトなどで示される乗車時間や待ち時間、乗り換え回数のみならず、混雑状況や遅延・運休の頻度なども加味して、あらためて検討してみましょう。より最適なルートを発見できるかもしれません。

また、公共交通機関を使用しない通勤も検討してみましょう。10km程度の範囲内であれば、自転車のほうが速く快適に通勤できる可能性があります。自転車通勤には、運動不足が解消できる・リフレッシュになる・自由に寄り道ができるなど、多くのメリットもあります。距離のみならず、交通量・道幅・アップダウンなどを考慮しながら、最も安全かつスピーディーに走行できるルートを見つけることが大切です。

通勤時間の活用術

手持ち無沙汰のように感じられていた通勤時間を、自分を磨く有意義な時間へと変えましょう! 通勤時間が、未来のあなたをつくるカギになるかもしれません。

1.読書をする

読書には、情報を得たり、長い歴史の中で人々が獲得してきた思いや英知を追体験できたりといった素晴らしさがあります。自分の内面と向き合ったり、他者の心情に思いを巡らせるきっかけを与えてくれたりもするため、働くうえでも役立つでしょう。また、読書に没頭することはリフレッシュにもなります。自宅では読書をする余裕がないという方も、日々の通勤時間であれば、無理なく習慣化できるでしょう。

2.オーディオブックを聴く

満員電車やマイカー通勤など、読書をしたくても本を開くことができないような状況では、オーディオブックが便利です。オーディオブックとは本の朗読などを録音したものであり、読書と同様の効果を得ることができます。活字が苦手な方でも、抵抗なく取り組むことができるでしょう。

3.勉強をする

通勤時間に、仕事や将来のために役立つ勉強をすることは合理的です。電車の揺れには「1/fゆらぎ」とよばれるゆらぎがあり、リラックス効果があると考えられているため、特に電車内は、落ち着いて勉強できる環境としておすすめです。読書と同様、無理なく習慣化でき、スキルアップに大いに役立つでしょう。

4.目立たないエクササイズをする

つま先立ちやかかとの上げ下げ、お腹の引き締めなど、周囲に気付かれずに行うことができるエクササイズがあります。また、徒歩を含む通勤の場合には、大きな歩幅で早歩きをすることで通勤時間が短縮できるとともに、ダイエット効果も期待できます。日々の通勤時に筋肉への負荷を意識するだけで自然と行えるため、継続しやすい運動です。

5.仕事の準備をする

仕事で高い成果を出すためには、職場に向かう時間を利用して、その日の業務の段取りなどを事前に確認しておくことが大切です。成果にこだわることで、仕事のやりがいや効率も向上します。そして職場での評価が上がれば、収入アップやキャリアアップにつながる可能性もあるでしょう。

 

以上、通勤時間の節約術と活用術をご紹介しました。

通勤時間も、大切な24時間のうちのワンシーンです。節約したり有効に活用したりすることで得られるものは、働くうえでもきっとプラスとなるはずです。さらには、ご自身の人生の充実や発展にもつながるでしょう。ぜひ、さまざまな工夫をしてみてください!