読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パートとして快適に働きやすい職場を探すには?

働き方のキホン

責任が重く仕事がきつい……ブラックパートの実態と、面接時に注意するべきポイントについて

f:id:re_design:20160721153559j:plain

パートは比較的、勤務時間などを柔軟に設定できる働き方として人気ですが、中には予想外の労働環境に苦しんでいる方もいるようです。そして、辞めたいと思っても生活のために辞められず、体調を崩してしまったという方もいます。

そのような境遇に置かれないためには、また運悪く置かれてしまった場合には、どうすればよいのでしょうか? ここでは、いわゆる「ブラックパート」の実態や、これからパートを探す際の注意点について、詳しくご紹介します。

ブラックパートとは?

巷で「ブラックパート」といわれる職場で起こる問題は、パート従業員が不当な労働条件や待遇を強いられることです。パート従業員という立場であるにもかかわらず、正社員と同様に責任の重くきつい仕事をさせられたり、本来与えられるべき福利厚生や残業代・有給休暇などが正当に支給されなかったりすることが挙げられます。
具体的には、以下のようなことです。

  • 正社員への登用をちらつかされつつ、当たり前のようにサービス残業をさせられる
  • 店長やリーダーを任されるも給料は上げられることなく、仕事がきつくなったり責任を押し付けられたりする
  • 他のパート社員が待遇などの面で明らかにひいきされている
  • 無理なシフトを組まされ休みもとれず、辞めたいと申し出ても辞めさせてくれない

このように理不尽な労働環境を強いられるのが、ブラックパートです。

困った時に相談できるところとは?

もしも職場がブラックパートの状況であることが疑われる場合には、何といってもひとりで悩まず、相談することが大切です。まずは勤務先への相談ですが、様々な理由によりできないという方もいるでしょう。そのような方は、労働基準監督署といった公的機関に相談してみましょう。また、有料となる場合がありますが、社会保険労務士や弁護士・地域の労働組合に相談するものよいでしょう。
第三者に相談することにより、具体的な対策についてのアドバイスをもらえることはもちろん、悩みと不安の中で苦しんでいたご自身の気持ちも整理されることでしょう。多少勇気の要ることかもしれませんが、無理して不当な労働環境に耐え続けることで、体調を崩してしまってはいけません。できるだけ早いうちに、思い切って行動を起こしてみるのも必要です。

勤務先を選ぶ際のポイントとは?

正当かつ快適に働くことができる環境を選ぶためには、応募前や選考段階に会社を見抜く目が必要です。そのためのチェックポイントについて、ご紹介します。

1.労働条件の入念な確認

働くにあたって最も基本的かつ重要なのが、労働条件です。求人情報を見ただけでは不明な点や疑問の残る点については、遠慮せずぜひ確認しておきましょう。しかし、そうはいっても、はじめから疑うような姿勢で質問を投げかけるのはよくありません。あくまで穏便かつ冷静に質問をしましょう。そして万が一、はぐらかされたり曖昧な回答をされたりした場合、あまり信用できる会社とはいえないかもしれません。さらに、契約を結ぶにあたってはきちんと書面で労働条件を示してもらうことが大切です。

2.職場の様子を見学させてもらう

可能であれば、実際に職場の様子を見学させてもらいましょう。働いているスタッフの様子を含め、雰囲気が暗く重い感じであれば、何かしら問題のある労働環境なのかもしれません。とはいえ、もちろん適性や感じ方は人それぞれで異なるものです。何か一部分に違和感を覚えたからといって、全てを否定的に見るのではなく、様々な点を見て総合したうえで、自分に適した職場であるかどうかを見極めるようにしましょう。

3.口コミや評判を調べる

現代では、インターネットで簡単に企業の評判を調べることができます。利用者からの評判や社員の口コミを見て、どのような企業・職場なのかを知っておくといいでしょう。ただしこれらも、あくまで他人である一個人の意見・感想です。前述の職場見学と同様、ある一つの否定的な意見で安易に結論付けることなく、多様な情報を見たうえで、自分にとって適した職場であるかどうかを見極めるようにしましょう。

 

以上、パート従業員として働くうえで問題となるブラックパートと、それを避けるための職場選びについて、ご紹介しました。

いい職場を選ぶには、念入りな下調べと面接など選考段階での確認が重要です。こちらでご紹介したポイントを参考に、パート従業員として、あなたがより正当かつ快適に働くことができる職場を見つけてください!