読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第一印象が大事! パート採用の面接におすすめのヘアスタイル

しごと探しのキホン ピックアップ

ヘアスタイルでも「デキる」自分をアピールしましょう

f:id:sirason:20160802091632j:plain

面接では、初対面の担当者に好印象を与えることが大切ですが、それにはヘアスタイルが大きく影響することを忘れてはいけません。

企業が採用にあたって求める条件として、誠実さ・協調性、そしてマナーをわきまえていることが挙げられています。そのような理想に合う人材として認めてもらえるよう、ヘアスタイルでもアピールしましょう!

面接のヘアスタイルで守るべきポイント

少なくとも、次に挙げるポイントを守りましょう。まずは「清潔感」が大切です。

・顔が髪でかくれない
・お辞儀をした時に崩れない
・シンプルにまとまっている
・自然な髪色
これらは、髪の長さなどに違いがあっても、共通して重要なポイントです。
さらに具体的なヘアスタイルについて、以下にご説明します。

1.長さ別おすすめの髪型

髪の長さは人それぞれですが、可能な限りスッキリとまとめることをおすすめします。まとめた後は真正面だけではなく、横や後ろからも鏡で確認しましょう。前からは整っているように見えても、後ろの髪がはねていたりするようでは、だらしない印象を与えてしまうため注意が必要です。

1)ロング

ロングヘアの方は、髪が邪魔になっている印象を与えないよう、一つに束ねるヘアスタイルがおすすめです。高い位置で結ぶと活発でカジュアルな印象になりますが、耳の高さあたりを目安に結ぶと、ほどよく活発かつ、誠実な印象となります。長めのロングヘアで、髪を一つに束ねてもお辞儀の時に垂れそうな場合には、お団子や夜会巻きなどにすることで、長さが気にならず凛とした印象になります。

髪を束ねるゴムは、黒・茶・紺などの目立たない色を選びます。面接では、外見的に目立つ個性や自己主張は不要であるため、シンプルなバレッタなどを除き、ヘアアクセサリーはつけないほうが無難です。

2)ミディアム

ミディアムヘアの方は、顔周りをスッキリさせるために、ハーフアップにするとよいでしょう。耳から上の髪をまとめるハーフアップであれば、お辞儀の時にも顔に髪がかからず明るい印象となります。顔周りの髪を耳の高さでまとめることで、誠実かつ女性らしいイメージに仕上がります。

3)ショート

ショートヘアの方は、サイドの髪を耳にかけることで、明るく知的な印象を与えることができます。ショートヘアは、ミディアムヘアやロングヘアのように髪を束ねることができないため、お辞儀の際に髪が前に垂れてきやすいという難点があります。これを防ぐためには、耳にかけるサイドの髪にワックスやスプレーをつけたり、ねじって耳の後ろでピン留めをしたりして固定するとよいでしょう。

 2.眉を見せる

面接で明るい印象を与えるには、眉を見せると効果的です。眉は表情を豊かに見せるパーツであるため、かくれてしまうような髪型では感情が伝わりにくく、暗いイメージを与えてしまいます。そのため、前髪は自然な感じに短くカットするか、斜めに流しましょう。長めの方は、スッキリと上にあげ、おでこを出すことで爽やかなイメージになるでしょう。

面接ではお辞儀をする機会が何度もありますが、その度に前髪が崩れてしまうようでは、スマートな印象を与えることができません。前髪を人前でせわしなく直すのは、みっともないものです。その必要がないよう、見えない部分でピン留めをするか、ワックスやスプレーで固めるなどの工夫をしましょう。

3.自然な髪色

面接時の髪色は、自然な色であることが基本です。カラーリングをしていても構いませんが、元の髪色と比べて不自然にならないレベルの色に抑えたほうがよいでしょう。不自然に明るい髪色は、職場や社風によっては、誠実さや協調性・マナーに欠けるという評価につながる危険もあるため、出来る限り自然な色にしておくと安心です。

4.例外的に個性が評価されるケース

ここまでにご紹介したヘアスタイルは、面接で好印象を与えるための定石ともいえるものですが、これらが当てはまらないケースもあります。例えば、応募先企業がクリエイティブ関係やアパレル関係などの場合です。

このような職場では、センスのよさや流行に敏感なことが重視されるため、髪色や髪型に対する許容範囲は広く、むしろそれがプラスに評価される可能性もあるでしょう。応募先企業で扱っている商品や実際に働いている人たちの様子などを参考に、どのようなヘアスタイルが適切か、検討してみてください。

 

以上、面接時のヘアスタイルについて、ご紹介しました。

ヘアスタイルは、あなたの顔の額縁ともいえるものです。ですからヘアスタイルによって、あなたの印象は大きく変わります。そして採用されるためには、たった一度の面接で、初対面の担当者に好印象を持ってもらうことが非常に大切なのです。たかがヘアスタイルと侮ることなく、最善を尽くしましょう!