読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実務能力をアピールするチャンス! 職務経歴書の書き方

しごと探しのキホン

書き方から、プレゼンテーション能力もチェックされます

f:id:re_design:20160721155050j:plain

職務経歴書は、履歴書と並んで合否を左右する、重要な書類です。応募先企業で即戦力として活躍できることを存分にアピールするチャンスとして、存分に活用しましょう!

職務経歴書に記載すべき内容

職務経歴書には、「職務経歴書」という表題、日付(履歴書の提出日)、名前・連絡先を記載のうえ、次の内容をA4用紙1~2枚にまとめます。

1)職務要約
2)職務経歴
3)保有資格・免許・経験・能力
4)自己PR
5)志望動機

職務経歴書は履歴書に比べ、テンプレートが統一されておらず自由度が高い分、どのようにまとめたらよいのか迷う方も多いでしょう。

職務経歴書は、あなたを初めて知る相手にあなたの能力について理解してもらうためのツールです。「パートに履歴書は必要か?」とも思われがちですが、誰にとっても分かりやすく充実した職務経歴書を作成すること自体が、あなたの事務能力やプレゼンテーション能力をアピールすることにもつながるのです。ぜひ正しく丁寧に作成しましょう。

以下に、事務職のパートに応募するケースを例として、職務経歴書の書き方をご説明します。

1.職務要約の書き方

職務経歴書の冒頭に記載する「職務要約」では、応募先企業が求める人材として、自分が期待に応えられることを簡潔にアピールします。応募者が複数いる中、採用担当者があなたの職務経歴書の確認に十分な時間を掛けてくれるとは限りません。そのため、出来る限り一目で分かりやすく、興味を惹き付ける内容にすることが大切です。高い売り上げに貢献した経験や、社内外で表彰された経験などがあれば、具体的な数値とともに明記するとよいでしょう。またその際、自己評価や感想などは控えて、あくまで客観的な事実や成果を記載するようにしましょう。

2.職務経歴の書き方

「職務経歴」は、どのような仕事に就きどのような実務を行ってきたかについて、時系列で明記します。基本的には、入社年度や配属先、またそれぞれで行った業務内容を簡潔に記載します。さらに、社内外での表彰やリーダーを務めた経験・資格取得の実績などがあれば、ともに明記しておきましょう。

3.保有資格・免許・経験・能力の書き方

保有する資格と免許について、応募する業務内容と関連性が高いものを優先させながら、正式名称で箇条書きします。能力の証明になるとともに、自己研鑚に積極的な姿勢をアピールすることができます。また、経験や能力については、勉強中で取得が見込まれる資格があれば、「〇〇資格 ○月に取得予定」などと記載してもよいでしょう。
さらに、経験や能力については自分が持つ経験・知識・能力の中から、応募先企業が求める能力に関係するものをピックアップして記載します。ここでも他項目と同様、客観的事実や成果について触れることが大きなアピールとなりますので、保有資格や操作可能なツールなどについて、具体的に明記するとよいでしょう。

4.自己PRの書き方

応募先企業が求める人物像を想定し、印象的かつ説得力のある自己PRを記載しましょう。履歴書にも自己PR欄は設けられていますが、職務経歴書では履歴書のように記入欄の大きさは定められていないため、より詳細に書くことができます。かといって、自分の伝えたいことを伝えたいだけ書くのではなく、文字サイズや文章量については配慮しましょう。文字が小さ過ぎたり文章が長過ぎたりするものは、内容以前に、採用担当者の読む意欲を減退させてしまうことがあります。

5.志望動機の書き方

あなたの意気込みを企業に一番アピールできる項目です。履歴書にも志望動機を書く項目はありますが、職務経歴書ではより詳細に記載する必要があります。
人事担当者にもよりますが、履歴書は人事の保管資料として使用されるケースが多く、選考の際は職務経歴書の内容でジャッジされています。
応募先企業に興味を持った理由や入社後に活かせるキャリアの他、将来のビジョンまで明確になっていると印象も良くなるでしょう。

 

以上、職務経歴書の書き方について、ご説明しました。

職務経歴はフォーマットも内容も自由度の高いものだからこそ、その書き方次第で、相手に伝わるあなたの魅力度は大きく変わります。あなた自身を売り込むためのツールであるという意識を持って、見本などにとらわれず、これまでに身に付けた実務能力を最大限にアピールできるものを作成しましょう!