読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パート勤務の方が抱える職場ストレスについて

困った時

より気持ちよく働ける職場を探すために、気をつけるべきこととは?

f:id:re_design:20160721155002j:plain

パート勤務は、比較的自分の都合に合わせて働きやすいため、主婦の方を中心に人気があります。家庭の事情により、フルタイム勤務ではなくあえてパート勤務を選んでいる方も多いでしょう。そんな中「職場に行くのが辛い」と、仕事への負担を強く感じている方も少なくないようです。そこには、どのような理由があるのでしょうか?

パートが辛い。職場ストレスの原因とは?

パートを始めた理由はもちろん、人それぞれです。家計の足しにしたい・お小遣いを稼ぎたい・子育てがひと段落したので時間を持て余すようになったなど、何かしらの動機があったはずです。しかし、思っていた以上に仕事が負担となり、勤務が困難に感じられてしまう場合があるようです。具体的には、以下のような理由からです。

1.職場の雰囲気が悪い

職場の雰囲気が悪いということにも様々な状況がありますが、中でも「上司や同僚に苦手な人がいるために職場に行くのが憂鬱」というケースが最も多いようです。職場にいるだけで過度に気疲れしてしまうような状況になると、肝心の仕事にも集中できませんし、出勤するのが辛くなってしまいますよね。

2.労働条件が合わない

採用時に提示された労働条件と、実際の労働環境が違ったというケースです。思いのほか残業が多く定時に帰れなかったり、無理なシフトに入ることを強要されたりすると、家事や子育てに忙しい主婦の方は、特に困ってしまいますよね。

3.やりがいを感じられない

求人情報に書かれていた業務内容と実際のそれとが違ったり、正社員との業務内容の差を感じたりして、やりがいや働く意味を見失ってしまうケースもあるようです。

4.ブランクがあるがゆえの不安

結婚や出産を機に退職して専業主婦となった後、子育てが落ちついたためパートを探すことにした時、ブランクがあることが不安の種となる場合があります。ブランク明けは仕事のリズムがつかみにくかったり、慣れない職場環境で一層疲れがたまったりするともいわれています。

パートを探す時に気をつけるべきポイントとは?

パート勤務のメリットのひとつは比較的自分の都合に合わせて働くことができる点だからこそ、勤務地や勤務時間など、自分の立場やライフスタイルに合った労働条件をきちんと考え、それに沿った職場探しをすることが大切です。前述のような様々な職場ストレスを出来る限り避けるためにも、慎重に探しましょう。

まずは、勤務地エリアをある程度絞りましょう。遠いとその分帰りも遅くなるため、子供をすぐに迎えに行けなかったり、疲れてしまい家事に支障が出たりする可能性があります。自転車や車での通勤が可能なのか、また公共の交通機関を利用する際は時刻通りに運行されている路線なのかを確認しておくこともおすすめします。同時に、残業の有無・交通費が支給されるかどうかなどもチェックしましょう。これらは、求人情報に記載されていることも多いです。

次に、どんな職種にするかを検討します。以前担当したことのある業務も含め、自分が得意な業務は何か、考えてみましょう。ブランクがあったとしても、これなら自分でも無理なくできる、またはできそうといった業務を挙げてみましょう。また、職種だけではなく職場の雰囲気も大切です。可能であればお客さんとして実際に職場(店舗など)に足を運んでみて、仕事のペースや働いているスタッフなどが自分に合いそうか、確認するとよいでしょう。

 

以上、パート勤務の職場ストレスとそれを防ぐための職場探しのポイントについて、ご紹介しました。

どんな仕事にもある程度のストレスはつきものですが、出来る限り気持ちよく働ける職場を見つけて、経済的にも生活的にも、潤いのある毎日を送れるとよいですね。