読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身近なパートの代表格! スーパーマーケットでのパートとは

しごと探しのキホン

スーパーマーケットは、自分の適性に合った業務を選べる職場

f:id:re_design:20160721153918j:plain

スーパーマーケットでは、学生から主婦まで多様な方がパート従業員として働いています。 地域ごとに店舗も多く、特別なスキルや資格が求められることもないため、応募しやすい仕事といえるでしょう。しかし、業種ごとに内容や募集条件も異なるため、理解して応募することが必要です。

そこでここでは、スーパーマーケットでのパートについて、ご紹介します。

1. スーパーマーケットにおけるパート従業員の業務内容

スーパーマーケットでのパート求人に多い業務として、

  • レジ担当 
  • 惣菜売り場担当
  • 売り場管理担当 

が挙げられます。
どの業務も体力と手際のよさが求められるという共通点があります。一方で、作業内容はそれぞれ全く異なるため、難易度を比べられるものではなく、人によって好みも分かれるところです。 そのため時給の差は、業務間ではほぼ無いか若干である場合が多く、勤務時間帯や曜日によって差が出てくる傾向にあります。どの業務を希望するかは応募の時点で選択できることが多いため、業務内容を把握したうえで、自分に合うものを選びましょう。

(1)レジ担当

レジ担当は、買い物客が購入する商品を精算します。誰もが最も身近に感じている業務ではないでしょうか。キャッシュレジスターでバーコードを読み取ると自動計算されるため、基本的には難しい作業ではありません。しかし、次々と並ぶ多くの買い物客に素早く対応しなくてはならないため、冷静かつ手際よく作業できる能力が必要となります。また、接客業務として大切な礼儀正しさや、お金を扱う仕事としての正確性も求められる業務です。

(2)惣菜売り場担当

惣菜売り場担当は、惣菜各種を調理するだけではなく、パッキングして売り場に陳列します。惣菜は売れる時間が集中しやすいため、客足の増える時間帯に合わせて調理と陳列が完了できるよう、全ての作業を計画的かつスピーディに進める必要があります。また、レジ担当のように決まった作業を正確に繰り返す作業とは異なり、売り場づくりなどの企画発案に参加できる場合もあります。料理や創意工夫が得意な方には、特にやりがいを感じられる仕事といえるでしょう。

(3)売り場管理担当

売り場管理担当は、商品を検品して陳列します。また、消費期限・賞味期限の切れた商品の撤去や売値の変更・POP作成などを担当することもあります。特に、開店前の品出しを担当する場合には、時間内に多くの作業を終わらせなければいけないため、体力勝負ともなるようです。出勤時間が早朝になるため、時給は高い傾向にあります。

2.スーパーマーケットで働くうえでの適性

スーパーマーケットでの仕事では、年齢や立場も多様なスタッフと協調しながら、常に手際よく働かなければなりません。そのため、体力に不安を感じたり、人間関係が厳しいイメージを持たれたりすることもあるようです。
ただし、いうまでもなく職場および業務に合うか合わないかは、個人差が非常に大きいものです。変化に富み、様々なスタッフや買い物客と接しながら常に賑やかに働ける職場でもあるため、実際に働いてみると、予想以上に楽しさややりがいを感じ、長く勤める方もたくさんいます。ご自身に適しているかどうかは、勤務先の店舗を実際に買い物客として利用してみるなどして決めるといいでしょう。

3.スーパーマーケットのパートに応募する際の志望動機

応募する際には、気負わずに素直な気持ちで志望動機をまとめましょう。志望動機は、面接でも問われる可能性の高い項目です。スーパーマーケットの仕事自体に特別な思い入れがない場合には、無理に熱意を込めようとしても、かえって不自然さが伝わってしまいます。
仕事自体ではなく、「家から近いから」などの理由で希望している方も多いでしょう。それを素直に伝えると同時に、なぜそのお店なのか? をぜひ加えましょう。実際に買い物客として訪れて、お店の品揃えや雰囲気・スタッフの様子などをみて、気が付いたことを盛り込むといいでしょう。そのように自分なりの視点で職場のよさを伝えたうえで、「その中で自分も協調して働きたい」という前向きな姿勢をアピールすることができれば、好印象を持ってもらえるのではないでしょうか。

 

以上、スーパーマーケットでのパートについてご紹介しました。

どの地域にも点在しているスーパーマーケットは、職場として身近に探しやすいでしょう。 ご紹介した通り、同じ店舗内の勤務でも担当する業務によってその内容や雰囲気は異なるため、ぜひ、ご自身の適性と相談しながら検討してみてください