読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パートの面接にふさわしい服装とは? 男女別・職業別のおすすめを紹介!

しごと探しのキホン

「清潔感」を大切に、カジュアル過ぎない格好でスッキリした第一印象を作る

f:id:re_design:20160721152759j:plain

パートの面接へ行く際に、意外と悩ましいのが服装の問題です。 普段着で行くのはカジュアル過ぎる?でも正社員でもないのにスーツで行くのは変じゃない?
などと、何を着て行くべきか迷ったことがあるという方は多いのではないでしょうか。

面接は第一印象が決まる場所だけに、TPOに合わせた服装で臨みたいものです。 そこでここでは、夏の面接時の服装について、そのポイントをまとめて紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

女性編

露出の高い服装はNG、清潔感のあるスッキリした服装が基本
結論からいえば、パートの面接の場合、事務系の職種を除いては「カジュアル過ぎない格好ならばスーツでなくてもOK」というところがほとんどです。しかし、だからといって普段着で行くのは避けたいところです。

基本はシャツやブラウス。その上にカーディガンやジャケットをはおるとよいでしょう。派手過ぎないワンピースの上にジャケットやカーディガンをはおるのもおすすめです。足元はパンプス(ヒールの高過ぎないもの)や革靴がよいでしょう。

大切なのは、個性をアピールすることではなく、面接官に「この人となら気持ちよく仕事ができそうだ」という印象を持ってもらうことです。ノースリーブや膝丈より短いスカートなど、露出の高い服装は避けましょう。ピンヒールやブランドのロゴが大きく入ったバッグなど派手な印象を与えるものも避け、あくまで社会人として無難な、シンプルで清潔感のある服装を心掛けましょう。

男性編

男性も女性の場合と同様に、事務系の職種を除いては、基本的にはカジュアル過ぎない格好ならば必ずしもスーツを着て行く必要はありません。清涼感のある薄い色合いのシャツとスーツのズボン、または襟のあるシャツとチノパンの組み合わせで、スッキリとした明るい印象を出すことができます。

スーツを着る場合でも、中のシャツを白ではなくストライプ入りや色つきのものにすることで、かしこまり過ぎず、ほどよく柔らかな印象を与えることができます。また女性同様、靴やバッグ、時計・ピアスなどのアクセサリーが派手なものにならないよう、気をつけましょう。

職業別のおすすめ面接スタイル

基本のスタイルは前述の通りですが、応募する職種に合わせて多少のアレンジを加えた方がよい場合もあります。

事務系

銀行や一般企業のデスクワークなど、ほぼ全員がスーツ姿で働く事務系の職種の面接には、やはりスーツで臨むのが無難です。色は黒である必要はありませんが、グレーやベージュといった落ち着いた色合いがおすすめです。

飲食系・販売系

レストランやカフェ・洋菓子店など食べ物を扱う職種では、何と言っても清潔感のある服装が求められます。基本のスタイルから特別に変える必要はありませんが、華美なピアスや指輪などの装飾品は外し、爪は短く切り、ネイルは落としておきましょう。食べ物を扱う職場であればスーパーマーケットやコンビニエンスストアなど、販売系の職種であっても同様です。

百貨店

同じ販売系でも、百貨店はより「礼儀正しいきちんとした人」という雰囲気の人が好まれます。面接に行く際は、スーツを着用するのがおすすめです。

医療系

看護師や医療事務など医療系の仕事も、やはりスーツが好まれる傾向にあります。衛生面が非常に重要な職種でもあるので、長い髪は束ねる、爪は短く切るなど細かいところにも気を配って面接に臨みましょう。

 

以上、夏の面接時の服装についてご紹介しました。面接は短い時間に合否を決定されてしまう場だからこそ、話の中身のみならず、見た目の印象もとても重要です。また、服装を整えることで、自分の気持ちも引き締まるものです。ぜひ万全に整えて、自信を持って面接に臨んでくださいね!