読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主婦のお小遣いってどれくらい? 主婦のお財布事情

お金のキホン

忙しいパート主婦でもできる貯蓄術で賢く家計管理

f:id:re_design:20160721152617j:plain

主婦がパートとして働く理由は、社会とのつながり・能力の発揮・時間の有効利用など様々にありますが、「家計を助けたい」という動機も少なくないと思います。
そこでここでは、主婦のお財布事情や貯蓄術についてご紹介します。

1.主婦のお小遣い相場は?

夫のお小遣い額は話題になることが多いですが、妻のお小遣い額については、耳にすることは少ないのではないでしょうか。

ソニー生命保険㈱が2015年に実施した「生活意識調査」では、妻のお小遣い額が以下の通り示されました。
・全国平均:12,496円
同調査では地域別の平均額も算出され、
・最も低額:9,837円(北海道・東北)
・最も高額:17,389円(関東)
この結果から、妻のお小遣い額には大きな地域差があることが分かります。

2.主婦の堅実な家計管理

前述の「生活意識調査」では、夫のお小遣い額も示されました。
・全国平均:24,286円 つまり、全国平均では、夫のお小遣いは妻の約2倍という結果です。

同調査では、妻が財布のひもを握っている割合が52.2%(全国平均)という結果も得られています。妻に財布のひもを握られ、お小遣いの少なさを嘆く夫は多いようですが、妻は夫よりもさらに少ないケースも珍しくないということです。

家計の管理を妻が行っている家庭が過半数とはいえ、妻も夫と同様、自らのお小遣いを低く抑えているという堅実な姿勢がうかがえます

3.家庭の貯蓄額は?

総務省による「家計調査報告」(2015年)では、二人以上世帯の貯蓄平均額は、
・全世帯: 1805万円 と示されています。
ただし、この高い水準は60代以上の世帯の高額な貯蓄が影響した結果といえます。
年齢階級別の貯蓄額は
・40歳未満世帯: 608万円
・40代世帯:1024万円
・50代世帯:1751万円
という結果となっており、堅実な家計管理を継続し、年齢とともに着実に貯金を増やしていく傾向があらわれています。

4.おすすめの貯蓄術

ここでは、貯金を増やすための方法をご紹介します。パートで働く主婦は時間的余裕も少ないため、手間や時間がかからず継続しやすい方法を厳選しました。

(1)自動積立定期預金・貯金を利用する

自動積立定期預金は、毎月の積立日に、普通預金口座から一定額が定期預金に振り替えられる形で貯金ができる商品です。商品によって特徴は異なりますが、普通預金よりも金利が高いなどのメリットがあります。

(2)財形貯蓄制度を利用する

財形貯蓄制度は、銀行の自動積立と同様に、自動的に貯金ができる仕組みです。通常は、勤務先企業から支払われる給与より天引きする形で行います。住宅購入時に受け取る「財形住宅」と、年金として受け取る「財形年金」など種類があり、元利合計550万円までの利子は非課税となります。また「保険型」であれば、補償を受けられるメリットもあります。勤務先が財形貯蓄制度を導入していて、パート社員の利用も認めている場合は、積極的に利用するとよいでしょう。

(3)家計簿をつける

家計簿をつけ、お金の流れを把握することで、家計の無駄が省きやすくなります。毎日の記入が面倒という方は、レシートを集めて月に一度集計する形にするとよいでしょう。適切な家計管理が身に付くまで、まずは数ヶ月~1年を目安として頑張ってみましょう。

(4)クレジットカード払いを積極的に活用

クレジットカードによる支払いを上手に活用することもおすすめです。水道・電気代や家賃・食費など、定期的な出費をクレジットカード払いにすることで、ポイントが貯まり、商品や金券などと交換できる場合が多くあります。このポイント還元率や交換商品などはカード会社によって異なるため、どのカードが最もお得か、検討して活用してみましょう。

 

以上、主婦のお財布事情や貯蓄術について、ご説明しました。

多くの主婦が、決して多くはないお小遣いでやりくりし、堅実に貯金を心掛けています。積極的に貯蓄術を行って、ぜひ、これまで以上に賢い家計管理を実現してください!