読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

預ける?それとも休む?パート中に子供の夏休みや春休みはどうしたらいい?

働き方のキホン

パートさん達がトライしている解決策まとめ

f:id:edit_sirason:20160809144059j:plain

元気な子供を持つパートさん達にとって、学校が夏休みなど、長期休暇に入ったときは子供を預ける場所が確保できずに悩んでしまいます。といっても長期休みの間だけパートを休もうと思うとなかなか周りの目が気になってしまいますよね。一体どうするのがベストなんでしょうか?考えられる方法をまとめてみました。

休ませてもらえるよう交渉。面接のときにはっきり伝えてみる

言い出しにくいことではありますが、子供の夏休みなど、長期休暇にはシフトにお休みをもらえるかどうか面接の時点で聞いてみることも大事だと思います。業態によってはなかなか難しい条件なのはもちろんですが、逆に面接官の対応によって、パート従業員に対しての意識の高さや、子育てに協力してもらえる会社かどうか判断する材料にもなります。好ましくないのは、面接のときに落とされるのが嫌だからといってそういったことを伝えずに採用され、いざ働き出したときに「子供が夏休みなので休みます」という状況になることです。他のパートの人たちに迷惑をかけてしまったり「あの人ばっかりお休みをもらって」と誤解を生んでしまうこともあります。それよりはあらかじめ面接で事情を伝えた上で採用された方が、社員やマネージャーなど、責任のある役職の人から最初の時点で「今度入社される○○さんはお子さんの長期休みにはシフトをお休みする契約です」とフォローしてもらえるので、周りも納得した上でお仕事をはじめられます。

 

午前勤務だけにしてお留守番してもらう

「完全にシフトに入らないというのも気が引けるし…」という人は、その期間はシフトを午前中のみにするという方法もあります。子供の年齢にもよりますが、午前中は宿題をやらせるなど、ある程度お留守番に慣れさせて、お昼には家に戻るという人も多いようです。

パートタイム型の派遣事務所に登録して出勤したい日のみ登録して働く

時短勤務や週3日勤務を中心としたパートタイム型の派遣事務所に登録して、「休む日」を決める働き方ではなく、出勤したい日のみ登録するといった「働く日」を決めるやり方で、ワークバランスをとることも可能です。

カレンダーが一緒の学校関係で働く

子育てをしながら働くパートさんのあいだで密かに人気を集めているのは学校関係のパートです。給食の調理業務や学校に納入する牛乳の配達業務など、これらのパート業務は休日、祝日、年末年始など学校のカレンダー通りの休みとなります。そのため、子供と一緒に長期休暇を過ごせます。

在宅の仕事で働く

外に出ることが不安なら家でできる仕事をすればいい、というパートさんも多いはずです。記事作成などのライティング業務やアンケートのモニター業務、データ入力業務など、在宅でできるパートを選べば学校が長期休暇でも、家で仕事をしながら子供と一緒に過ごすことができます。

学童保育を利用する

学童保育は親が共働きの児童を対象に、放課後保育をする制度です。主に各自治体が運営しており、民間が運営しているところもあります。料金は自治体によって異なりますが、平均的な金額は一ヶ月あたり4,000円~7,000円が多いです。働くパートさんのために自治体が行っている施策ですので総合的にはいい選択肢ですが、条件がある、子供が成長すると行きたがらなくなる、地域によっては定員がいっぱいで入れない、民間が運営するところは料金が高いなどの問題もあるようです。

大学生のバイトが多い職場でのパートを選ぶ

子供の長期休暇の期間はお休みしたいパートさんとは逆に、長期休暇に集中してアルバイトをしたいのが大学生です。そのため学校が休みの期間はシフトに入れるアルバイトの大学生が一気に増えることが多いです。そういった大学生のアルバイトが多い職場であれば、長期の休みも言い出しやすく、自分の休んでいる間にフォローしてもらえる環境が期待できます。

 

企業も変わりつつある

近年では、託児所をはいち設置するなど子連れ出勤の運用を開始する企業もあり、働くパートさんをバックアップする体制も徐々にですが整い始めています。

日頃のお留守番対策・練習も大事

子供が小学校にあがる頃をめどに、一人で集中させる時間を作るなど、少しづつお留守番に慣れさせることもポイントかもしれません。「チャイムが鳴っても玄関を開けない」「電話が鳴っても出ない」「火を使わない」といった約束事を守るよう教えて、守れれば徐々に数十分~数時間のお留守番をさせているパートさんもいるようです。

 

以上、パートさん達がトライしている解決策をまとめてみましたが、あまり一人で抱え込まずに周囲の協力を仰ぐことが大事ですね!

知っておくと安心!パートでももらえる通勤手当について

働き方のキホン

会社によって違う通勤手当。きちんと確認しましょう

f:id:edit_sirason:20160809145152j:plain

募集要項や労働契約書などに書かれている通勤手当。労働者であるあなたが、自宅から職場までかかる費用を会社が負担してくれる交通費のことですが、これって正社員しかもらえないのでは?と思っている人はいるのではないでしょうか。徒歩で行ける会社であればよいですが、多くの人が電車やバスなどの交通手段を使い、会社に通っています。近距離であれば数百円で済むところ、遠距離であれば往復で千円を超えてしまうこともあります。勤務日数によって費用は変わりますが、週5日働くと交通費がかさんでしまいますよね。これでは、せっかくパート勤務を始めても損をするばかりです。

そんな風に働く前に、時給や仕事内容だけでなく通勤手当について知っておくと、毎日の交通費に悩まずに済むかもしれません。

通勤手当は義務ではなく、会社からの恩恵

そもそも、通勤手当は法律的に支払いの義務はありません。それなら会社は払いたくないんじゃないの?と思いますが、「就労条件総合調査」(平成27年度調べ)によれば、30人以上働く企業では91.7%の割合で支給されているため、ほとんどの会社で通勤手当が支払われているのが現状です。時給がよく、仕事内容も興味があるけど、勤務先が遠いから応募をするのはやめよう…と思わず、通勤手当がもらえることをふまえて働き場所を考えてみるのはどうでしょうか。

支払い方法は会社側の自由

通勤手当は、募集要項や労働契約書などに通勤手当ありと書かれていれば、正社員だけではなくパートであってももらうことができます。ですが、支払い方法は会社によって自由のため、全額支給のところや一定額以上は自己負担など、さまざまな契約になっています。そのため、自宅から遠いのに、交通費の一部を自分で支払うことになれば1時間の給料がマイナスになってしまうことも…。そうならないように労働契約書をよく読み、担当者に聞き、就業先の通勤手当についてきちんと把握しておきましょう。

通勤手当は電車だけじゃない

国勢調査によると、多くの人が電車よりもバスや自転車、バイク、自動車など、ほかの交通手段を使っています。電車で通っていないから通勤手当はもらえない…とは決めつけず、まずは勤務先に尋ねてみましょう。会社の就業規則では通勤手当の支給対象者・支給限度額を定めているため、あなたが対象者であれば、どの交通手段を使っていても就業規則の範囲内であれば規定に従った金額をもらうことができます。

乗り物によって違う、通勤手当の計算方法

就業規則には通勤手当の支払い方法や対象者、限度額が定められていますが、通勤手当の計算方法も決められています。電車やバスの場合、どこの駅や路線、どんな経由で会社に行くか往復の経路で伝えることになっています。その時、経路は最短のものを申請することになっており、遠回りでも楽だから、金額が多くもらえるから、といった理由で申請をしても受理されないことが多いです。また、一日の交通費ではなく、一ヶ月の定期代を通勤手当として支給されることもあります。そのほか、自転車であれば1キロ何百円、バイクや自動車であれば距離と燃費、ガソリン代で実費を計算している会社もあります。勤務先によって違うため、それぞれの就業規則に従った計算方法で申請を行いましょう。

どの路線・道路を利用しているか、正しい申告を。

通勤手当は労働者の申請を受け、定められた金額内で支払われています。申請のあったとおりに会社は支給をしているため、電車で通う申告をしても徒歩や自転車などで通ったり、引越しをして交通費が安くなったのに、以前と同じ金額の交通費をもらっていてもわからない場合があります。しかし、法律的には会社に嘘の申請をしていることになるため、通勤手当の不正受給となります。事実が会社に発覚すれば、厳重注意や申請の変更だけではなく、支払われた通勤手当の返還を請求されることもあるかもしれません。会社によって判断は違ってきますが、違反であることは間違いないことを覚えておきましょう。

 

通勤手当があるか、ないかだけで、給与にも差が出てきてしまいますよね。働いた分の時給を考えるだけでなく、行きと帰りの交通費に関してもしっかり考えてパート先を決めるのも賢い働き方ですよ。