読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不採用が続くのはなぜ?パートが決まらない人の共通点

しごと探しのキホン

まずは、“採用されない理由”を考えることから始めましょう

f:id:edit_sirason:20160803132544j:plain

面接で、笑顔でハキハキと答えているはずなのに…なぜ不採用なの?

お子さんがまだ小さいと、不採用の理由とされることが多いのは周知の事実ですが、そうではない場合、ほかの理由があるはずです。

何度パートの面接を受けても不採用になってしまう人は、焦る前に、一度立ち止まって、不採用になる理由を考えて、その対策を練ってみましょう。

その求人はあなたを求めていますか?

求人サイトや求人誌、お店に貼り出されている募集など、パートを探す手段はたくさんあります。

その中からパートを探すとき、多くの人が気にするのは「勤務場所」や「時給」だと思います。けれども、少しでも採用される確率を上げたいのであれば、「○○歓迎」「○○活躍中」の部分や、「写真」にも注目するようにしましょう。なぜなら“本当はどのような人を求めているのか”そのヒントを得られるからです。

「雇用対策法」や「男女雇用機会均等法」により、原則、求人に年齢制限をつけたり、性別の限定をつけたりすることが禁止されています。そのため、企業側は求める人物像を明確に打ち出すことはできませんが、「40代活躍中」と書いたり、従業員の集合写真を女性のみにして、女性を求めていることを暗に伝えたりすることはできます。

これらをヒントに“企業は40代の女性を採用したいはず”と推測して、自分がその条件に合っているのなら応募してみる、というのも採用確率を上げるひとつの手です。

パートでも「企業研究」は重要です

新卒の就職活動を体験した人ならば、一度は「企業研究は絶対にするように」と言われたことと思います。これはパートの場合も同様です。

「家事や子育ての合間で履歴書も書かなければいけないのに、企業研究まで!?」と思うかもしれませんが、せめて、その企業のHPがあるのなら、応募する前に必ずチェックするようにしましょう。

いくら条件面が希望に合っていても、その業種自体に全く興味が持てなかったり、企業の考え方に共感できないところがあったりすると、採用されたとしても仕事が苦痛になってしまう恐れがあるからです。逆に、条件面と希望にズレがあっても「仕事以外でも役に立つことが身につけられそう」などと、前向きな妥協点を見つけられるかもしれません。

また、飲食店など、お客さんとして職場見学ができるところならば、どんなお店なのかを実際に見てみるのもおすすめです。自分がそこで働く姿を想像できるかを基準に、お店の雰囲気を体感してみましょう。

「転職回数が多い」=「経験豊富」とは、基本“なりません”

基本的に転職回数が多い人は「すぐに辞めてしまいそう」と敬遠されるのは事実です。

そのデメリットをカバーするために「転職回数が多いので、その分経験豊富です」というアピールをする人もいますが、一社当たりの在籍期間が短いと、浅い経験を積み重ねているだけと思われるのが関の山です。

期間限定の募集でない限り、企業は長く勤めてくれる人を求めます。なぜなら、新しい人を迎える度に仕事を教える手間は負担以上の何物でもないからです。

ただ、転職の理由が結婚や出産などの場合は、単なる自己都合の退社とは区別されるので、履歴書にはその旨を明記するようにしましょう。

「正社員じゃなくてパートだし、合わなければ辞めればいいや」という考えで、仕事に就いては辞めるのを繰り返すと、後々「長く勤めたい」という考えに変わった際に、不利に働くことを肝に銘じておいてください。

結婚・妊娠などの都合があり、長期では働けないけれども、仕事はしたいのであれば、期間限定の派遣の仕事などを選ぶようにしましょう。

このような事情で期間限定の仕事を積み重ねる分には、いざ長期で働けるようになったときに「一緒に働く人に迷惑をかけないように気遣いのできる人」という好印象を企業側は抱くはずです。

「人柄重視」といえども「外見」も重要です

「人は見た目が9割」とはよく言ったもので、いくら性格が良くても、外見の印象が悪いと、結果「不採用」になってしまいます。

「外見」といっても、顔のつくりや体型ではなく、主に「清潔感」のことです。

面接でいくら人柄の良さをアピールしても、髪はボサボサ、服はしわくちゃでは「清潔感のない人」という印象しか残りません。

たとえ風が強かったから、電車が混んでいたからなどの事情があったとしても、企業には関係ありません。

風が強い日なら、面接の前に髪を整えられるよう余裕を持って家を出ればいいし、電車が混みそうなら、しわになりにくい服を選べばいいのです。

「清潔感」に言い訳はできません。日頃から清潔感を保つ意識を持ちましょう。

稼ぐ時は稼ぐ!休む時は休む!学校の食堂、給食のパートは働きやすさ抜群

しごと探しのキホン

お子さんがいる人や、自分の時間を大切にする人の強い味方!

f:id:edit_sirason:20160803145828j:plain

お子さんが小学校に上がると、子育ては急速に楽になると言います。「そろそろ仕事を再開しようかな」なんて考える人もいるのでは?

世の中にはたくさんのパートがありますが、学校給食の仕事を選択肢に入れてみてはいかがでしょう。春休みや夏休みなどの長期休暇は給食もお休み。だから我が子と一緒に休めて、預け先などの心配をしなくてもすむのです。

もちろん、お子さんがいる人だけではなく、趣味や家事との両立を目指したい、ゆったりと仕事に取り組みたい、そんな思いがある人にもオススメですよ。

小中高はもちろん、大学も職場のひとつに

学校給食のお仕事と一口に言っても、その内容はさまざま。給食調理員、栄養士、パンや麺類の製造・配送など…。
職場も、小中高といった学校の給食室、給食センター、給食製造会社、パンや麺などの製造会社と多岐にわたります。いずれも学校の長期休暇期間中はもちろん、土日祝日もお休みをとれるところがほとんどのため、密かな人気を集めているんですよ。
またあまり思い付かないかもしれませんが、実は大学の食堂も選択肢の一つ。サークル活動などがあり、小中高ほど完全にお休みとなる学校は少ないですが、食堂は短縮営業を行うケースも多くお休みをとりやすいようです。

現在の給食製造には、主に3つのスタイルがあります


●単独調理方式
各学校にある給食室で調理します。

●共同調理場方式
複数の学校の給食を1つの調理場で調理⇒各学校へ配送。
給食センターがこれにあたります。

●外部委託方式
外部の給食業者に委託し給食業務を分散して行う方式です。

 

上記のことから、パートの勤務先としては以下があげられます。

◆学校の給食室・給食センター・給食製造会社
各学校の給食室・給食センターで、児童の食事をつくります。調理・調理補助であれば、下ごしらえから、調理、食器のセッティング、配缶、洗浄と多岐にわたる業務を担当。昔は各校での製造がメインでしたが、少子化が進む現在は給食センターで一気に製造することが多く、需要が増えているんですよ。

◆パンや麺などの製造会社
パンや麺の製造のみを行っている企業での仕事です。製造のほか、できあがった給食をトラックなどで配送する業務もあります。

◆大学の食堂・カフェテリア
大学の長期休暇が完全にお休みとなるケースは少ないですが、土日祝日は休みで残業もほぼなく、働きやすいのは同じ。小中高の給食室同様に、下ごしらえ、調理、洗浄などを行います。学生向けのオシャレなカフェなどもあり、ハイセンスな空間で働くことが可能です。

メリットは?デメリットは?一番気になる、“働きやすさ”

どんな仕事にもメリット・デメリットはあるもの。しかしそれを事前に知っているといないとでは、業務に対するモチベーションもだいぶ変わってくるでしょう。働き始めてから「こんなはずではなかった」「きいてない!」ということがないよう、あらかじめピックアップしておくことが大切です。

給食のパートの場合、どんな事柄があげられるのでしょうか。

 

まずは【デメリット】から。

●体力勝負な面がある
●協力して調理を進めるため、人間関係が複雑な職場も…

 

【メリット】はそれ以上にたくさん!

●学校がお休みの時は、仕事も休みになる
●朝はちょっぴり早めだけど、その分夕方前には終わる
●お料理の腕が上がる
●調理ワークの場合、身体をつかうので筋トレやダイエットにつながる

子どもたちの輝かしい未来を支えよう

学校内の給食施設であれば、子どもたちから「ごちそうさまでした」の声を聞く機会があります。また、給食センターなど直接関わることはない職場でも、自分たちのつくったものが未来ある子どもたちを支えているんだと思うと、大きな誇りを持てるに違いありません。

職場を楽しいと思えるかそうでないかは、心の持ち方ひとつです。実際に働き始めると、「思った以上に楽しい仕事だった!」なんてこともあるかも知れません。興味を持ったらまずは挑戦してみてはいかがでしょうか。

せっかく仕事をするのですから、面白いほうがよいのはきっと誰もが同じ。あなただけの楽しみを何かひとつでも見つけられたら、ステキですよね。