読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブランクについて、仕事探しと新しい職場に馴染めない不安の解消

困った時

離職期間が長いと採用してもらえないの?自分にあわない仕事に就いたら?

f:id:edit_sirason:20160802142203j:plain

「結婚や出産を機に仕事をやめたけど、もう一度パートから働きはじめたい」「長期療養明けでパートから徐々に心と身体をならしていきたい」という場合に気になるのは周りの目。ブランクがあっても以前の経歴を評価してもらって仕事に就けるのか、仕事に就いても職場に馴染めるのか不安はつきないものですね。ではブランクにともなう様々な問題は、どのように解決すれば良いのでしょうか?

そもそもブランクとは?~数ヶ月ならブランクではない

ブランクは一定期間、仕事に就いていない空白期間を指しています。仕事を辞めた後で転職する場合、数ヶ月かかることもあるのでブランクとみなされるのは半年以上の期間が空いた場合と考えてよいでしょう。そして仕事に就く際、採用側が気にするのはブランクの理由です。結婚や出産、病気などその理由が明確になっていれば、ブランク自体が問題になることはあまりありません。しかし理由が不明確な場合、何かあるのではないかと疑心暗鬼にさせてしまうので採用に二の足を踏まれることもあるでしょう。ブランクがある場合はその理由を明確にすると同時に、「なぜ仕事を再開したいのか」その理由と意欲を伝えると相手の不安を払拭することができます。

ブランク有りの仕事探し~一般職と専門職で違いが出る

ブランクがあると「パートでもなかなか採用してもらえないのでは?」と思われがち。しかし最近は正社員の募集でもブランクOKと明確にうたう企業が増えています。なぜでしょうか。ブランクがあるということは前の仕事を辞めるまでキャリアを積んでいたということ。人材難の今、企業はそのキャリアを経験として評価しているのです。パートの場合、ある程度役割を限定した仕事を募集しているケースが多いので正社員よりもブランク前の仕事経験が評価されると言えます。もちろん、一般職と専門職では少し状況が変わってきます。それは仕事内容の変化のスピードです。一般職は古くから役割が確立された仕事ですから、内容が変化するとしても数年単位です。専門職は最新の技術をどんどん取り入れるため、1年単位、数ヶ月単位でめまぐるしく変わります。もしパートで専門職の仕事に復帰したいのであれば、自身のブランクの間にどのような変化があったか情報収集してから面接に臨むと良いでしょう。不安点があればこちらから積極的に質問や相談を投げかけると好印象になります。もちろん一般職も情報収集はかかせませんが、こちらはコンプライアンスの強化など社会情勢の変化が業務に与えた影響を中心にリサーチしておくと面接での対応がしやすくなります。

ブランク後、職場に馴染めない~あせらず冷静に、できることから

ブランク後の職場に馴染めないというのは良くあることです。万が一、職場に馴染めないと感じたら、あせらず冷静にその理由を分析してみましょう。まず職場や仕事内容が自分にマッチしているかどうか?事実、ブランクがなくても新しい職場に馴染めないケースもあります。自分にマッチしていないなら早めに気持ちを切り替えるのもひとつの方法。間違っても「ブランク明けにすぐ仕事をやめると不利になる」とネガティブに考えないでください。ミスマッチのままで無理をして仕事を続けると自分はもちろん周囲の負担になる場合もありますし、仕事に自信を失ってブランクをつくることになりかねません。

もしミスマッチではなく「仕事も面白く周りもいい人なのになぜか馴染めない」というのなら、ブランクが原因で仕事の勘が鈍っていたり、人間関係の距離感がつかめなくなっていたりするのかもしれません。その場合、あくまでも感覚の問題ですから時間が解決してくれます。じっくり腰を落ち着けて目の前の仕事に集中しましょう。またあまり難しく考えず職場の上司や同僚に率直に相談すると気持ちが楽になって事態が好転するかもしれません。もし職場に相談できる相手がいないのなら家族や友人に悩みを打ち明けてみたり、専門家のカウンセリングを受けたりする方法もあります。最近では病院だけでなくNPOやボランティア団体など、相談できる窓口が増えています。

パートの仕事でミスばかり…どうしたらいい?悩みを解消するお仕事術

困った時

悩んで塞ぎ込むよりも、少しでも気持ちを軽くして働くことが大事

f:id:edit_sirason:20160802160607j:plain

はりきって始めたパート。久しぶりの仕事や今まで経験したことのない業務だったりすると、緊張や不慣れ、責任を負うプレッシャーで、頭も体もうまく動かなくなってしまいますよね。たとえ、教えられたことをしっかりメモしていても、ミスを犯しやすくなります。「誰だってミスするよ」となぐさめられても、ミスを繰り返すうちに、「自分はなんてダメなんだろう」と落ち込んでしまいます。また、「自分ばかりどうして怒られるんだろう?」「同僚に使えない人と思われているのでは?」など、悪いことばかり考えてしまいます。そうなると、仕事に行きたくない、辞めたいと思ってしまいます。我慢をしてまで働くことはないですが、ちょっとした対処であなたの気持ちがガラリと変化するなら、一度試してみるのはいかがでしょうか?

1.ミスしがちのパートの仕事。どうやって解決する?

ミスをしたことがないという人はこの世界にはいませんよね。新人だろうが、ベテランだろうが、気をつけていてもミスをしてしまうことは少なからずあります。自己嫌悪に陥るよりもどうしたら解決できるかを見つけましょう。

●負のスパイラルから抜け出そう

ミスをすると上司に怒られます。そして、怒られたことで焦り、再びミスをしてしまいます。いくら仕事にはミスがつきものだとはいえ、ミスがミスを引き起こす悪循環を断ち切らなくては終わりません。外の空気を吸ったり、お茶やコーヒーを飲んだり気分転換をしてポジティブな心に切り替えるのがオススメです。

●報告と質問は必須。恐れずに行動を。

人に怒られることはほとんどの人が嫌ですよね。しかし、怒られるのが嫌だからといって、報告と質問をしないのはもっといけません。あなたのミスが会社にとって大きな問題になるかもしれないので、ミスをしたらまずは上司に報告するのを心がけましょう。そして、聞いたことであっても疑問があれば質問をしましょう。間違えて怒られることはあっても、わからないことを聞いて怒られることはありません。少しでも自信がないことがあれば、怖がらずに尋ねるのが肝心です。

●自分のペースで何度も復習

以前は一度ミスすれば忘れなかったのに、と悩んでしまう人は多いと思います。同じミスを繰り返さないように間違えた部分を書きとめ、何度も読み返すことが重要です。また、仕事のやり方を記録したメモを寝る前や作業前に読み、頭の中でどんな風に仕事をすればよいかイメージすることも大事です。何度も復習することによって、ミスはきっとゼロに近づいていくでしょう。

2.なぜ?どうして?怒られる人と怒られない人の違い

自分と同じミスをしたのに同僚は許された、教えられていないのになぜか叱られた、ということはありませんか?自分と同僚は何が違うんだろう?と疑問に感じてしまいますよね。怒られにくい人にどうやってなるか、考えてみましょう。

●相手の目を見て、しっかりと耳を傾ける

あなたがもし怒る立場であったら、オドオドしている相手は怒りやすいでしょうか?仕事でミスしてしまったら怯えてしまうのは仕方ありませんが、あまりにも怖がっていてはいけません。叱られている時だからこそ、相手と視線を合わせ、しっかりと聞いていますということをアピールしましょう。そうすれば、これなら次は大丈夫だな、と相手は思ってくれるはず。もちろん訴えるだけじゃなく、反省をして次に繋げなくてはいけません。

●大きな声で返事をし、リアクションもきちんと取る。

上司や先輩が業務をあなたに教えている時、どんな態度を取っていますか?頷くだけだったり、小さな返事をするだけだったりしませんか?相手はあなたがちゃんと理解しているのか気になっています。説明を受けている際、メモを取りながら大きな声で「わかりました」と返事をするだけでも印象はよくなるので、思い切って声を出してみましょう。初出勤であれば元気で明るい人だな、と好印象を持ってくれますよ。

●言い訳や反論はぐっとこらえて感謝を伝える

ミスを指摘されると、どうしてそうなったか説明をしようとします。それって言い訳や反論になっていませんか?相手が怒っていると、いくらあなたの言い分を伝えようとしても聞いてはくれません。むしろ余計に感情的になってしまうかもしれません。あなたがミスをしたことは間違いないので、「すみません」の言葉と共に「教えてくださってありがとうございます」と感謝で返しましょう。反発しあうよりも受け入れることで、人間関係は良好になります。もしミスをしても、あなたを叱る時の態度を相手は変えてくれるかもしれません。

 

仕事のミスや悩みはあなた自身が解決するしか方法はありません。これらを参考にして楽しくパートをしてくださいね。