読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パートの面接にふさわしい服装とは? 男女別・職業別のおすすめを紹介!

しごと探しのキホン

「清潔感」を大切に、カジュアル過ぎない格好でスッキリした第一印象を作る

f:id:re_design:20160721152759j:plain

パートの面接へ行く際に、意外と悩ましいのが服装の問題です。 普段着で行くのはカジュアル過ぎる?でも正社員でもないのにスーツで行くのは変じゃない?
などと、何を着て行くべきか迷ったことがあるという方は多いのではないでしょうか。

面接は第一印象が決まる場所だけに、TPOに合わせた服装で臨みたいものです。 そこでここでは、夏の面接時の服装について、そのポイントをまとめて紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

女性編

露出の高い服装はNG、清潔感のあるスッキリした服装が基本
結論からいえば、パートの面接の場合、事務系の職種を除いては「カジュアル過ぎない格好ならばスーツでなくてもOK」というところがほとんどです。しかし、だからといって普段着で行くのは避けたいところです。

基本はシャツやブラウス。その上にカーディガンやジャケットをはおるとよいでしょう。派手過ぎないワンピースの上にジャケットやカーディガンをはおるのもおすすめです。足元はパンプス(ヒールの高過ぎないもの)や革靴がよいでしょう。

大切なのは、個性をアピールすることではなく、面接官に「この人となら気持ちよく仕事ができそうだ」という印象を持ってもらうことです。ノースリーブや膝丈より短いスカートなど、露出の高い服装は避けましょう。ピンヒールやブランドのロゴが大きく入ったバッグなど派手な印象を与えるものも避け、あくまで社会人として無難な、シンプルで清潔感のある服装を心掛けましょう。

男性編

男性も女性の場合と同様に、事務系の職種を除いては、基本的にはカジュアル過ぎない格好ならば必ずしもスーツを着て行く必要はありません。清涼感のある薄い色合いのシャツとスーツのズボン、または襟のあるシャツとチノパンの組み合わせで、スッキリとした明るい印象を出すことができます。

スーツを着る場合でも、中のシャツを白ではなくストライプ入りや色つきのものにすることで、かしこまり過ぎず、ほどよく柔らかな印象を与えることができます。また女性同様、靴やバッグ、時計・ピアスなどのアクセサリーが派手なものにならないよう、気をつけましょう。

職業別のおすすめ面接スタイル

基本のスタイルは前述の通りですが、応募する職種に合わせて多少のアレンジを加えた方がよい場合もあります。

事務系

銀行や一般企業のデスクワークなど、ほぼ全員がスーツ姿で働く事務系の職種の面接には、やはりスーツで臨むのが無難です。色は黒である必要はありませんが、グレーやベージュといった落ち着いた色合いがおすすめです。

飲食系・販売系

レストランやカフェ・洋菓子店など食べ物を扱う職種では、何と言っても清潔感のある服装が求められます。基本のスタイルから特別に変える必要はありませんが、華美なピアスや指輪などの装飾品は外し、爪は短く切り、ネイルは落としておきましょう。食べ物を扱う職場であればスーパーマーケットやコンビニエンスストアなど、販売系の職種であっても同様です。

百貨店

同じ販売系でも、百貨店はより「礼儀正しいきちんとした人」という雰囲気の人が好まれます。面接に行く際は、スーツを着用するのがおすすめです。

医療系

看護師や医療事務など医療系の仕事も、やはりスーツが好まれる傾向にあります。衛生面が非常に重要な職種でもあるので、長い髪は束ねる、爪は短く切るなど細かいところにも気を配って面接に臨みましょう。

 

以上、夏の面接時の服装についてご紹介しました。面接は短い時間に合否を決定されてしまう場だからこそ、話の中身のみならず、見た目の印象もとても重要です。また、服装を整えることで、自分の気持ちも引き締まるものです。ぜひ万全に整えて、自信を持って面接に臨んでくださいね!

 

採用への第一歩! パート応募のための履歴書

しごと探しのキホン

一枚の履歴書を通して自己を存分にアピールしましょう

f:id:re_design:20160721152935j:plain

履歴書は、採用を決定づける要素のひとつです。企業へのアプローチの第一歩となり、第一印象に直結するものでもあります。丁寧かつ正しく書き、あなたの能力や人柄・熱意などを存分に伝えましょう。

1.志望動機の書き方

志望動機は、履歴書の中でも特に重視される項目です。パートには経験や即戦力が求められるため、応募先企業の期待に応えられる人材であることをアピールすることが大切です。 以下に、職種別の書き方をご紹介します。

(1)一般事務の場合

事務職の実務内容は幅広く、一般的に簿記やパソコンのスキルが求められます。関連する資格を取得している場合や、得意としている業務がある場合にはぜひ明記しましょう。志望動機にもからめて強調すると効果的です。事務職未経験の場合でも、自分の資質や能力・意気込みを最大限にアピールすることが大切です

(2)スーパーの店員の場合

スーパーでは、ある程度決まった作業を正確かつ素早くこなせる人材が求められます。立ち仕事が多く体力も必要な中、ホスピタリティや笑顔をたやさず周囲と協調して働ける方は好印象を与えます。また、シンプルに「家から近い」・「収入のため」などの理由も悪くはありません。幼い子供を持つ主婦の方の場合は、シフトや勤務時間を守れることもアピールしましょう。

(3)保育園の保育士の場合

保育士には、保育業務経験はもちろん、子供達を安心して任せられる誠実さや責任感が求められます。また、応募先の保育園の理念を理解し、同じ方向性や志を持って働けることなどもアピールするとよいでしょう。

2.本人希望記入欄の書き方

この欄は基本的に、週の勤務日数や勤務時間帯・勤務地などに関する希望を記入します。ご主人の扶養範囲内で働きたい主婦の方は、それについても記入しておくとよいでしょう。
採用後のミスマッチを防ぐためにも、必ず守りたい条件があれば、遠慮せずに明記しておきましょう。特に希望がない場合でも空欄ではなく、「貴社の規定に従います」と記入しておくとよいでしょう。

3.扶養家族数の数え方

扶養家族数については、以下の点に注意して記入しましょう。

  • 自分は含めない
  • 配偶者の扶養となっている子供は含めない 
  • 75歳以上の家族は含めない

例えば、夫・妻・子供という家族構成で、すでにご自身とお子さんともに夫の扶養家族となっている主婦の方の場合、扶養家族数は0となります。

4.応募書類を提出する方法

一般的な応募書類は、

  • 履歴書 
  • 職務経歴書 
  • エントリーシート 
  • 紹介状(ハローワークで紹介を受けた場合)

です。提出方法ごとの注意点を以下の通りです。

(1)郵送する場合

郵送の場合は、送付状(添え状)が必要です。インターネットで入手できる見本やテンプレート通りのシンプルなものでもよいでしょう。また、宛先などの基本的な記入方法についても、確認して誤りのないようにしましょう。
送り方については、通常は普通郵便での送付でよい場合が多いですが、提出期日が迫っている場合などには、速達や特定記録郵便を使うことが適当な場合もあります。

(2)持参する場合

持参の場合は、送付状は必要ありません。書類を曲げずに入れられるサイズの封筒で、おもて面は宛名を書かずに左下に「応募書類在中」と朱書きし、うら面は自分の住所・氏名を記入して、糊付けをせずに封筒のまま手渡します。両手で丁寧に渡しましょう。

以上、履歴書の書き方について、そのポイントをご説明しました。

履歴書は、応募先企業とあなたとの初めての接点となるものです。丁寧かつ正しく書かれた履歴書は、あなたの第一印象をアップさせます。書き方・内容の両面でよりよいものを提出し、採用を勝ち取りましょう!

パート従業員でもローンを組める? ローン審査の傾向と対策

お金のキホン

安定した返済能力を認めてもらうことが不可欠

f:id:re_design:20160721153347j:plain

パート従業員は、ローンを組むことができるのでしょうか? 確かに、正社員と比べると審査が通りにくい傾向はありますが、パート従業員がローンを組むことも、決して不可能なことではありません。

ここでは、特に利用希望者が多いと思われる自動車と住宅のローンについて、パート従業員のための傾向と対策をご紹介します。

1.パート収入で組める自動車ローン

ローンを組むための審査は、前年度の収入等が判断材料となります。そのため、例えばパート勤務歴が1年に満たない場合には、通過が難しいと考えられます。一方で、勤務期間が長く安定収入がある場合には、審査を通過できる可能性が高まります。ただ、正社員とは異なる条件として、連帯保証人を求められるケースがあります。本来であれば、自動車ローンは購入する車が担保となるため連帯保証人無しでローンが組めるのですが、パート従業員の場合は、雇用の継続性や将来の経済状況の面で不安視される場合があるためです。
一般的には、自動車ローンよりも銀行のカードローンのほうが審査に通りやすい傾向があるため、カードローンで自動車を購入する方も多いようです。また、頭金が多いほど有利になるため、信用力が不足していると想定される場合には、頭金を多めに用意することも検討しましょう。

2.パート収入で組める住宅ローン

住宅ローンのように長期にわたる高額の融資は、パート従業員にとってハードルの高い挑戦といえます。それは自動車ローンの場合と同様、パート従業員は正社員に比べ、雇用の継続性や将来の経済状況が不安視されることがあるためです。さらに、住宅ローンの多くは最長35年であり、その長い返済期間を通して滞りなく返済できる見込みがなくては審査に通りません。そのため一般的な民間金融機関のローンでは、パート従業員というだけで審査基準に引っかかってしまう可能性が高いのです。
しかし、パート従業員でも住宅ローンを組める可能性は残されています。
例えば、政府系金融機関が民間金融機関と提携して提供する「フラット35」であれば、雇用形態をそれほど厳しく審査されることはありません。ただしこちらも、パート従業員としての勤務期間が長く、安定した収入を得ている実績が必要です。そのうえで、いくらまで借りることができるのかという限度額は大いに気になるところですが、ご家族の収入実績も合算するという方法もあるので、検討してみるといいでしょう。

3.やみくもに審査を受ける方法は不利

パート従業員が正社員と比べてローンの審査に不利であることはご紹介しましたが、通らないローン審査を繰り返すことで、次の審査がさらに通りにくくなる可能性もあるため注意が必要です。 ローンの申し込みをすると、その情報が信用情報機関に最長で6ヶ月間残ります。信用情報機関は個人の金融取引履歴を管理しており、金融会社はローン審査の際、この情報を照会します。この時、他社の審査に落ちた履歴が複数あると、審査に不利となってしまう場合があります。したがって、審査に通る見込みのないローンへは、はじめから申し込まないほうが賢明です。 一般的には、金利の低いローンは審査が厳しい傾向があります。金利を低く抑えたいのは誰もが思うところですが、厳しい審査を複数受けて落ちてしまうと次の審査も不利となってしまうため、審査に通る可能性の高さを判断しながら、慎重にローンを申し込むことが大切です。

 

以上、パート従業員が組むローンについてご紹介しました。

働き方が多様化している昨今では、パート従業員でローンを組みたい方もさらに増えていくでしょう。それに応じて、ローン審査のあり方が今後変わっていくことも期待されています。ぜひ諦めず、返済能力が認められる条件を整えて挑戦してみましょう。

保育園・幼稚園に子供を預ける母親のパート事情

働き方のキホン

居住エリアの入園難易度や育児環境による仕事選びの違いとは!?

f:id:re_design:20160721153646j:plain

未就学児を持ちながら働くことには、様々な制約があります。子供が手を離れている時間をうまく活用してパート勤務でお金を稼ぎたい!と考える主婦は多いものです。しかし、やる気は十分あるものの、どこでどんなふうに働けばいいのか?子供はどこに預けるのか? などを具体的に考え始めると、躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、未就学児を持つ母親のために、保育園や幼稚園に子供を預けて働く母親のお仕事事情について、ご紹介していきます。

保育園に通わせながらパート勤務をする場合

保育園に通わせている母親の雇用形態は、どのようなものが多いのでしょうか? それは、その地域の保育園への入りやすさによって違うようです。

保育園への入園希望者が多く、入園が困難なエリアの場合

保育園への入園が困難なエリアの場合は、子供たちの母親は正社員や派遣社員で働いている割合が高くなるケースが多いとされています。例えば、特に保育園入園激戦区といわれている東京都杉並区の平成28年度の「利用調整基準表(指数)」と平成28年4月入所の「認可保育園の内定者指数一覧」を見てみると、その入園指数から、夫婦ともに月20日以上・1日8時間以上勤務の場合がほとんどのようです。
パート勤務でも月20日以上・1日8時間以上での勤務はもちろん可能ですが、そのペースで働いた場合、配偶者の扶養から外れてしまいます。そのため、保育園を利用してまでフルタイムのパート勤務をする場合、割に合わないと感じる方も少なくありません。したがって、入園激戦区ではパート勤務の母親よりも、正社員などフルタイム勤務の母親が多いことが想定されます。

保育園への入園が比較的容易なエリアの場合

厚生労働省の平成27年度4月1日時点の「都道府県・政令指定都市・中核市別待機児童数集約表」によると、千葉市・川崎市・相模原市など都心近郊でも、待機児童数ゼロのエリアは複数存在しています。
入園激戦区では、入園指数として母親の勤務状況が「月20日以上、1日8時間以上勤務」の最高得点を取得しないと入園しにくいようですが、待機児童ゼロをはじめ競争率の低いエリアの場合、例えば月12日以上・1日4時間といった短時間の勤務形態でも入園が可能となります。そうした場合は当然、母親たちの仕事もフルタイムの正社員などに限らず、パート勤務をはじめ多様になるようです。

このように、保育園への入園のしやすさはそこに居住している母親たちの雇用形態やエリアによって、大きく変わってきます。まずはご家庭のマネープランを踏まえて、ご自身がどの程度稼ぎたいのか・働きたいのか(勤務時間や雇用形態など)を慎重に検討しましょう。居住エリアの決定は様々な理由や事情を含めてなされるものですが、場合によっては、より入園しやすいエリアへの引っ越しを検討することなども選択肢として考えられるでしょう。

幼稚園に通わせながらパート勤務をする場合

幼稚園に子供を通わせながらパート勤務をする場合には、下記の条件によって、選べる仕事の幅は大きく変わるようです。

  • 代わりに送迎をしてくれる人の有無 
  • 延長保育利用の可否 
  • 夏休みなど長期休暇中の子供の預かり先の有無

身近に送迎を代わってくれる人がいたり、延長保育が利用できたり、長期休暇中も通園できたりする幼稚園があれば、仕事の幅はかなり広がります。ご自身の能力と希望を考慮して、多くの職種および雇用形態の中から選ぶことができるでしょう。
一方、上記条件が難しい場合には、どうしても仕事の選択肢は狭くなってしまいます。勤務可能な時間が9〜14時頃までと短く、送り迎えもスムーズにするために、園の近くで勤務しなければならないケースが多いのではないでしょうか。
例えば、自宅近くの店舗や工場での軽作業に従事している方も多いようですが、これらはやはり子供を持つ主婦を中心に希望者が多い傾向があるため、根気よく面接を受けていく必要があります。また、職場に保育所を併設し、ママさんパートが安心して働ける環境を整えている職場もあるため、積極的に探してみるといいでしょう。

 

以上、保育園や幼稚園に子供を預けて働く母親のお仕事事情についてご紹介しました。

家庭と仕事、どちらも両立させるには、まずご自身の希望やその優先順位を明確にする必要があるでしょう。ぜひそれらを踏まえて、あなたの理想の働き方に適した職場を探してみてください。

身近なパートの代表格! スーパーマーケットでのパートとは

しごと探しのキホン

スーパーマーケットは、自分の適性に合った業務を選べる職場

f:id:re_design:20160721153918j:plain

スーパーマーケットでは、学生から主婦まで多様な方がパート従業員として働いています。 地域ごとに店舗も多く、特別なスキルや資格が求められることもないため、応募しやすい仕事といえるでしょう。しかし、業種ごとに内容や募集条件も異なるため、理解して応募することが必要です。

そこでここでは、スーパーマーケットでのパートについて、ご紹介します。

1. スーパーマーケットにおけるパート従業員の業務内容

スーパーマーケットでのパート求人に多い業務として、

  • レジ担当 
  • 惣菜売り場担当
  • 売り場管理担当 

が挙げられます。
どの業務も体力と手際のよさが求められるという共通点があります。一方で、作業内容はそれぞれ全く異なるため、難易度を比べられるものではなく、人によって好みも分かれるところです。 そのため時給の差は、業務間ではほぼ無いか若干である場合が多く、勤務時間帯や曜日によって差が出てくる傾向にあります。どの業務を希望するかは応募の時点で選択できることが多いため、業務内容を把握したうえで、自分に合うものを選びましょう。

(1)レジ担当

レジ担当は、買い物客が購入する商品を精算します。誰もが最も身近に感じている業務ではないでしょうか。キャッシュレジスターでバーコードを読み取ると自動計算されるため、基本的には難しい作業ではありません。しかし、次々と並ぶ多くの買い物客に素早く対応しなくてはならないため、冷静かつ手際よく作業できる能力が必要となります。また、接客業務として大切な礼儀正しさや、お金を扱う仕事としての正確性も求められる業務です。

(2)惣菜売り場担当

惣菜売り場担当は、惣菜各種を調理するだけではなく、パッキングして売り場に陳列します。惣菜は売れる時間が集中しやすいため、客足の増える時間帯に合わせて調理と陳列が完了できるよう、全ての作業を計画的かつスピーディに進める必要があります。また、レジ担当のように決まった作業を正確に繰り返す作業とは異なり、売り場づくりなどの企画発案に参加できる場合もあります。料理や創意工夫が得意な方には、特にやりがいを感じられる仕事といえるでしょう。

(3)売り場管理担当

売り場管理担当は、商品を検品して陳列します。また、消費期限・賞味期限の切れた商品の撤去や売値の変更・POP作成などを担当することもあります。特に、開店前の品出しを担当する場合には、時間内に多くの作業を終わらせなければいけないため、体力勝負ともなるようです。出勤時間が早朝になるため、時給は高い傾向にあります。

2.スーパーマーケットで働くうえでの適性

スーパーマーケットでの仕事では、年齢や立場も多様なスタッフと協調しながら、常に手際よく働かなければなりません。そのため、体力に不安を感じたり、人間関係が厳しいイメージを持たれたりすることもあるようです。
ただし、いうまでもなく職場および業務に合うか合わないかは、個人差が非常に大きいものです。変化に富み、様々なスタッフや買い物客と接しながら常に賑やかに働ける職場でもあるため、実際に働いてみると、予想以上に楽しさややりがいを感じ、長く勤める方もたくさんいます。ご自身に適しているかどうかは、勤務先の店舗を実際に買い物客として利用してみるなどして決めるといいでしょう。

3.スーパーマーケットのパートに応募する際の志望動機

応募する際には、気負わずに素直な気持ちで志望動機をまとめましょう。志望動機は、面接でも問われる可能性の高い項目です。スーパーマーケットの仕事自体に特別な思い入れがない場合には、無理に熱意を込めようとしても、かえって不自然さが伝わってしまいます。
仕事自体ではなく、「家から近いから」などの理由で希望している方も多いでしょう。それを素直に伝えると同時に、なぜそのお店なのか? をぜひ加えましょう。実際に買い物客として訪れて、お店の品揃えや雰囲気・スタッフの様子などをみて、気が付いたことを盛り込むといいでしょう。そのように自分なりの視点で職場のよさを伝えたうえで、「その中で自分も協調して働きたい」という前向きな姿勢をアピールすることができれば、好印象を持ってもらえるのではないでしょうか。

 

以上、スーパーマーケットでのパートについてご紹介しました。

どの地域にも点在しているスーパーマーケットは、職場として身近に探しやすいでしょう。 ご紹介した通り、同じ店舗内の勤務でも担当する業務によってその内容や雰囲気は異なるため、ぜひ、ご自身の適性と相談しながら検討してみてください

センスを活かせる! アパレルショップでのパート

しごと探しのキホン

ショップの特性や勤務条件をしっかりチェックして、自分に適したショップを見つけましょう

f:id:re_design:20160721154009j:plain

流行のファッションに関わることができ、華やかなイメージのあるアパレルショップの仕事。正社員と共にパート従業員の募集もあり、おしゃれに興味がある方の中には特に「やってみたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、アパレルショップでのパートとはどんな仕事なのか? その詳細をご紹介します。

接客メインだがそれだけではない

まず大きな特徴は、いうまでもなく接客業であることでしょう。量販店か小規模のブランド店かで多少は変わりますが、日々、次から次へと訪れる様々な買い物客に接する仕事であることは間違いありません。また、最先端のファッションに触れられるというのもアパレルショップでの仕事ならではのメリットです。「人と話すのが好き!」「服が大好き!」いう方には、ぜひおすすめしたい仕事です。
一方、華やかな裏には地道な作業もあります。店舗にもよりますが、パート従業員といえども業務範囲は多岐にわたり、接客や会計のほか品出しや陳列、場合によっては在庫管理や発注などを任される場合もあります。また基本的に立ち仕事なので、ある程度の体力も必要となります。

応募する前に勤務条件をチェック!

未経験だし、そんなに大変ならとてもできそうにない……と思ってしまった人もいるかもしれませんが、もちろんすべてのショップが同じ条件というわけではありません。
販売業のため、店舗によっては土日やゴールデンウィークなど休日に出勤可能な人や長時間勤務ができる人を歓迎している場合も多いですが、平日のみや、4~6時間程度の短時間勤務も可という場合もたくさんあります。
また、アパレルショップといえば若いスタッフが多く、年齢制限があるのではと思ってしまう方もいるかもしれません。しかし、顧客の年齢層や立場に合った販売員を置きたいという店舗も多く、40代・50代で活躍している方も珍しくありません。例えば、ベビー服・子供服・マタニティ服を扱う店舗ではむしろ、子育て経験を買い物客と共有できる、子供のいる主婦の方を歓迎する場合も多いものです。
大切なのは漠然とした憧れではなく、自分の興味や年齢・経験、希望する働き方を考えたうえで、その条件を満たす求人に応募することです。
応募候補先のショップを実際に訪れて雰囲気を感じたり、ショップが運営しているサイトやブログがあればチェックしたりしてみましょう。また、求人情報サイトの検索機能を使って「平日のみ」「1日4時間」など希望の勤務条件を満たす情報をピックアップしてみるのもいいでしょう。ショップの特性や勤務条件と自身の希望がきちんと合う求人に応募することで、採用の可能性もぐっと高まります。

志望動機と面接のポイント

応募先が決まったらまずは書類審査ですが、自己PRや志望動機は何と書けばいいのか悩むところですよね。採用する側に立って、どういう人を採用したいかを考えてみましょう。
採用側からすると、働いてほしいのは「明るい対応でしっかり働いてくれそうな人」「長く続けてくれそうな人」です。ですから、アパレル関連での業務に限らず接客業の経験があればもちろん伝えるべきです。また、事務などの全く違う職種であっても、例えば「前職は○○社の事務職員として働いており、来客対応や伝票処理を任されていました」など、これからの業務に少しでも活かせそうな経験があれば、具体的に伝えるといいでしょう。未経験の方も、笑顔や明るい雰囲気・トーク力などは高く評価されるものです。買い物客と接する場面をイメージしながら、それらを面接の場で表現しましょう。
さらに、「なぜそのショップで働きたいのか?」は面接で必ず聞かれる質問なので、自分なりの答えを用意しておきましょう。「商品やスタッフが好き」など、答えはご自身が買い物客としてお店を利用した経験などから見つかると思います。
面接時の服装については、他の業種のように「迷ったらスーツ」ではなく、応募先ショップのイメージに合った服装をしていくのがおすすめです。なぜなら、アパレル業界ではセンスや雰囲気が特に重視されるためです。そのショップで販売している商品を持っている場合には、着用していくといいでしょう。

 

以上、アパレルショップでのパートについてご紹介しました。

年齢や勤務条件・経験の有無などからハードルが高いと思ってしまう方もいるかもしれませんが、買い物に来る様々な人と明るく楽しく会話をしながらセンスを活かし、磨ける仕事でもあります。ぜひ、ご自身にぴったりのショップを探してみてくださいね。

資格を生かして働こう! 保育士のパートとは

しごと探しのキホン

「働きやすくやりがいがある」いいとこ取りのパート保育士

f:id:re_design:20160721154628j:plain

保育士は現在慢性的に不足しているため、働く意思さえあれば、パートとしての就職先を見つけることは難しくありません。家事や子育てをしつつも、保育士という資格を活かして働きたいと考えている主婦の方も少なくないようです。そこでここでは、保育士のパートについてご紹介します。

1.パート保育士のメリット

1)勤務する時間帯を選べる

多くの保育園では、パートの勤務時間が7~10時、10~13時、13時~というように短く区切られているため、自分の都合に合わせて働くことが可能です。中には、この短時間勤務を上手く利用して、他のパートと掛け持ちをしている方も珍しくありません。そのため、保育士の資格を持っていながらフルタイムで働く自信のない方や、家事や子育てと両立させたい方でも、無理なく続けることができるでしょう。

2)事務作業が少ない

意外なことに、正規保育士には作成しなければならない書類が多く、肝心の保育業務に専念しにくいという実情があります。事務作業の負担が大きいために、仕事に不満を持ってしまう方も少なくありません。しかしパート保育士の場合、事務作業が比較的少ない傾向があるため、保育に専念したい方や残業を最大限避けたい方には、適しているようです。

2.パート保育士の悩み

パートという立場であっても「保育士」として働くからには、子供と直接触れ合い面倒をみる保育業務にこそしっかり従事したいと思っている方が多いものです。しかし実際に働き始めてみると、雑用が多いために子供達と接する時間も少なく、理想とのギャップを感じて辞めたいと思い始める方もいます。
ただし勤務を始めて日が浅いうちは、雑用を任されても仕方がない面もあります。保育園側も、働き始めたパートにどれほどの保育力があるのかを把握してから、その力に適した形で子供の保育に関わってもらいたいと考えている場合があります。そのため、勤務を開始してしばらくは雑用を快く引き受けていくことで、やがてその前向きな姿勢と同時に保育力が評価され、任される仕事の質も変わってくることが期待できるでしょう。

3.パート保育士に求められること

1)柔軟性

パート保育士には柔軟性が必要です。保育士として子供の言動に柔軟に対応できることはもちろん大切ですが、それだけではなく、パートとして職場の要望に臨機応変に対応できる人材が求められるのです。
例えば、パート保育士に担当のクラスが割り当てられるケースもあれば、クラスを割り当てずに、日替わりで手の足りないクラスを担当するケースもあります。その際、正規保育士と違って業務や役割に一貫性がない状況も起こりえます。しかしそこで戸惑ったり、理不尽な思いを表したりしないことが大切です。どのような場面でも落ち着いてスムーズに対応していくことで、保育園はもちろん、子供や保護者からも信頼される保育士を目指しましょう。

2)責任感

保育士はその立場を問わず、責任感を欠くことのできない仕事です。子供の成長に直接かかわることができるというやりがいや喜びの一方で、大切な子供の命を預かっているという責任は、パート保育士も正規保育士と同様に重いことを自覚しなければなりません。何より園児にとっては、先生がパートであるか正規であるかは知る由もないことなのです。短時間勤務のパートであっても最大限、子供達に信頼され親しまれる先生になれるよう誠意をもって働いていきましょう。

 

以上、保育士のパートについてご紹介しました。 保育士不足の現在、保育士資格を保有者の職場復帰が望まれている中でも、「正規保育士として働くほどの時間がない」「ブランクがあって復帰に自信がない」など、様々な理由で躊躇している方も多いようです。そのような場合でも、ご紹介したようにパートという働き方を選ぶことで、問題が軽減される可能性があります。せっかく取得した資格を活かすためにも、パート保育士として働くことを検討してみてはいかがでしょうか。

宿泊客に快適な空間を提供する重要な役割。ホテルでの清掃のパートとは?

しごと探しのキホン

スピード重視! 裏方として作業に集中したい方におすすめの仕事

f:id:re_design:20160721154709j:plain

ホテルを利用する際、ロビーや客室などのすみずみが清潔に保たれているからこそ、宿泊客は気持ちよく利用することができます。これに貢献するホテルでの清掃の仕事は、パート求人も多くみられます。裏方として黙々と作業をすることが好きな方には、特に適した仕事といえるでしょう。そこでここでは、ホテルでの清掃のパートについてご紹介します。

1.業務の種類

1)客室清掃

ホテルでの清掃業務の中でも、客室清掃は最もやるべき作業の種類が多い仕事です。主なものとして、以下が挙げられます。
・窓を開け換気扇を回して部屋の換気

  • ゴミの回収と分別
  • 使用済みリネン類の回収
  • 部屋に掃除機をかける 
  • 部屋の拭き掃除
  • 浴室・トイレの清掃 
  • 浴室のタオル類をセット 
  • ベッドメイキングとルームウェアのセット 
  • 消耗品
  • アメニティグッズの補充 
  • コップやポットの洗浄 
  • その他全ての備品を所定の場所へ配置 
  • 翌日の清掃作業に必要な下準備 

これらの作業を約20分で完了させる必要があります。スピードとともに丁寧さが求められる業務ですが、一旦コツをつかめば同じことの繰り返しであるため、働きやすいと感じる方も多いようです。

2)一般清掃

ホテルでは、客室清掃の他に一般清掃のパートがあります。フロントやロビー・廊下・トイレなどの共有スペースや、従業員専用のスペースなどを清掃するパートです。客室清掃は前出の通り多くの決められた作業があり、それを担当する部屋の数だけ繰り返すというものですが、一般清掃はそうした繰り返し作業ではなく、広範囲の担当箇所をまんべんなくすみずみまで清掃するというもので、オフィスビルでの清掃と似た作業といえます。

3)インスペクター業務

職場によっては、清掃業務に加えてインスペクターという役割を任せてもらえるケースがあります。インスペクターとは、清掃済みの客室がきちんと清掃されているかどうかを最終的にチェックする仕事です。髪の毛が1本でも落ちていると、宿泊客は不快に感じ、クレームにもなりかねません。それを防ぐために、清掃の状態を細部までチェックする責任のある立場が、インスペクターです。客室清掃のパートの終了時間(一般的には15時前後)まで清掃を行った後、1時間ほど残ってチェック作業を行い、清掃の不備があれば対応します。

2.スピードが大事!

客室清掃は、前日の宿泊客がチェックアウトした後、当日の宿泊客がチェックインするまでの間、つまり10~15時頃の時間帯に行います。客室清掃の場合、この時間に1人で担当する部屋数は、シングルルームで通常10~15部屋程度です。そのため、勤務時間内に完了させるには、1部屋の清掃に約20分しかかけられないという計算になります。最初はこのペースを守ることが難しく感じられますが、決まった作業を繰り返すうちに慣れ、1ヶ月ほどで一人前に働くことができるようになる方が多いようです。

3.人間関係

客室清掃の場合は基本的に1人での作業が多いものです。2人ペアでという場合もあるようですが、特にビジネスホテルなどシングルルームが多いホテルでは、1人ずつ担当の部屋が割り当てられており、手早く黙々と清掃していくというスタイルが一般的です。
一般清掃も客室清掃と同様、割り当てられた担当エリアの清掃を時間内で完了させるために、手早く集中して業務を行うことが求められます。したがって他のスタッフと関わる時間や余裕もあまりないため、それほど人間関係を気にする必要がない場合が多いようです。

 

以上、ホテルでの清掃のパートについてご紹介しました。
ご紹介したように、特別なスキルを必要としないことと、勤務時間が宿泊客のいない時間帯に限られているため、時間的制約のある主婦の方にも働きやすいパートといえるでしょう。スピードと丁寧さが求められる清掃作業ですが、まさに主婦の方の家事経験を活かせる仕事ではないでしょうか。ぜひ挑戦してみてください。

私、このままでいいの? 人生の岐路に立つ30代女性の抱える悩みについて

困った時

立場により様々な、人生のターニングポイント

f:id:re_design:20160721154916j:plain

30代に入ると、多くの人が自分の置かれた状況について、あらためて考えるようになります。特に女性は、焦りを感じてきたり、自分の働き方について考え直したくなったりする時期かもしれません。時には周りの友人と自分とを比べ、つい愚痴を言ってしまったり、このままでいいのかと悩んでしまったりすることもあるでしょう。

30代女性のイメージって?

30代になると、世間の目に自分がどのように映っているのか、気になってくる方も多いのではないでしょうか。一般的に聞かれるイメージとして、主婦の方であれば「家事や子育てに奮闘している」、独身の方であれば「仕事をバリバリやっている」「ひとりの暮らしを自由に謳歌している」といったものが挙げられます。経験も責任感も増し、同時に自信もつき、大人の女性としての魅力が増す頃ともいえます。

実際に仕事の面では、キャリアを積み、会社で信頼されるリーダー的なポジションに就いている方も珍しくないでしょう。仕事が最も面白くなってくる時期かもしれませんね。

一方で、このまま今の職場で働き続けていてよいのか、仕事一筋で生きていっていいのかなどと、疑問や不安を抱くようになる方もいるでしょう。結婚や出産に対する焦りを感じはじめる方もいるかもしれませんね。 このように30代女性は、特有の強さと魅力を持ちながらも、今の自分の立場とこれからの生き方について考え直す時期を迎えることが多いようです。あらゆる場面で責任を感じたり選択を迫られたりして、人生の岐路に立たされているような感覚を覚えるのでしょう。

そこでここでは、30代女性が抱えがちな悩みや不安について、独身・主婦、正社員・パートおよびアルバイト、それぞれの立場からご紹介します。

正社員勤務の悩み・不安

正社員勤務の30代女性の悩みでよく聞かれるものは、今後のキャリアについてです。この先も今の仕事または職場でよいのかという悩みや、結婚や出産に際して、家庭との両立や産休および育休復帰後の働き方やキャリアに不安を感じる方が多いようです。

パート・アルバイト勤務の悩み・不安

パート・アルバイト勤務の30代女性は、今後の経済状況や働き方に不安を感じる方が多いようです。これから先の人生やマネープランを見据えて、生涯にわたって続ける仕事や、自分が本当に目指したい仕事を模索しはじめる方も少なくありません。正社員への転身や、資格取得を目指す方も多いようです。

独身の悩み・不安

30代独身女性は、今後の生き方について、仕事はもちろん、結婚・出産などについても含め真剣に考えるようになる方が多いです。自分はどんな人生を送りたいかについて、長いスパンで思い描きながら悩む機会が増えるようです。自分の人生における優先順位も、より強く意識するようになるでしょう。

主婦の悩み・不安

30代主婦の方に多く聞かれる悩みが、やはり家庭内のことです。家計管理や育ち盛りの子供の育児や教育、親戚付き合いに悩む方が多いようです。外で働きたいと思っても身近に頼れる人(親など)がいなかったり、保育園に空きがなかったりして、ジレンマを抱えている方も少なくないようです。また、すでに外に出て仕事をしている方は、子供の急な体調不良などに対応しなくてはならない大変さや、なかなか自分の時間がとれないという辛さがあるようです。

 

このように、30代を迎えた女性の悩みは多岐にわたります。今まさに当事者の方には、共感できる部分もあったのではないでしょうか。人生のターニングポイントともなり得る30代には立場を問わず悩みや不安がつきものですが、ぜひ目を背けず真剣に向き合って、人生をより充実させていってくださいね。

パート勤務の方が抱える職場ストレスについて

困った時

より気持ちよく働ける職場を探すために、気をつけるべきこととは?

f:id:re_design:20160721155002j:plain

パート勤務は、比較的自分の都合に合わせて働きやすいため、主婦の方を中心に人気があります。家庭の事情により、フルタイム勤務ではなくあえてパート勤務を選んでいる方も多いでしょう。そんな中「職場に行くのが辛い」と、仕事への負担を強く感じている方も少なくないようです。そこには、どのような理由があるのでしょうか?

パートが辛い。職場ストレスの原因とは?

パートを始めた理由はもちろん、人それぞれです。家計の足しにしたい・お小遣いを稼ぎたい・子育てがひと段落したので時間を持て余すようになったなど、何かしらの動機があったはずです。しかし、思っていた以上に仕事が負担となり、勤務が困難に感じられてしまう場合があるようです。具体的には、以下のような理由からです。

1.職場の雰囲気が悪い

職場の雰囲気が悪いということにも様々な状況がありますが、中でも「上司や同僚に苦手な人がいるために職場に行くのが憂鬱」というケースが最も多いようです。職場にいるだけで過度に気疲れしてしまうような状況になると、肝心の仕事にも集中できませんし、出勤するのが辛くなってしまいますよね。

2.労働条件が合わない

採用時に提示された労働条件と、実際の労働環境が違ったというケースです。思いのほか残業が多く定時に帰れなかったり、無理なシフトに入ることを強要されたりすると、家事や子育てに忙しい主婦の方は、特に困ってしまいますよね。

3.やりがいを感じられない

求人情報に書かれていた業務内容と実際のそれとが違ったり、正社員との業務内容の差を感じたりして、やりがいや働く意味を見失ってしまうケースもあるようです。

4.ブランクがあるがゆえの不安

結婚や出産を機に退職して専業主婦となった後、子育てが落ちついたためパートを探すことにした時、ブランクがあることが不安の種となる場合があります。ブランク明けは仕事のリズムがつかみにくかったり、慣れない職場環境で一層疲れがたまったりするともいわれています。

パートを探す時に気をつけるべきポイントとは?

パート勤務のメリットのひとつは比較的自分の都合に合わせて働くことができる点だからこそ、勤務地や勤務時間など、自分の立場やライフスタイルに合った労働条件をきちんと考え、それに沿った職場探しをすることが大切です。前述のような様々な職場ストレスを出来る限り避けるためにも、慎重に探しましょう。

まずは、勤務地エリアをある程度絞りましょう。遠いとその分帰りも遅くなるため、子供をすぐに迎えに行けなかったり、疲れてしまい家事に支障が出たりする可能性があります。自転車や車での通勤が可能なのか、また公共の交通機関を利用する際は時刻通りに運行されている路線なのかを確認しておくこともおすすめします。同時に、残業の有無・交通費が支給されるかどうかなどもチェックしましょう。これらは、求人情報に記載されていることも多いです。

次に、どんな職種にするかを検討します。以前担当したことのある業務も含め、自分が得意な業務は何か、考えてみましょう。ブランクがあったとしても、これなら自分でも無理なくできる、またはできそうといった業務を挙げてみましょう。また、職種だけではなく職場の雰囲気も大切です。可能であればお客さんとして実際に職場(店舗など)に足を運んでみて、仕事のペースや働いているスタッフなどが自分に合いそうか、確認するとよいでしょう。

 

以上、パート勤務の職場ストレスとそれを防ぐための職場探しのポイントについて、ご紹介しました。

どんな仕事にもある程度のストレスはつきものですが、出来る限り気持ちよく働ける職場を見つけて、経済的にも生活的にも、潤いのある毎日を送れるとよいですね。

実務能力をアピールするチャンス! 職務経歴書の書き方

しごと探しのキホン

書き方から、プレゼンテーション能力もチェックされます

f:id:re_design:20160721155050j:plain

職務経歴書は、履歴書と並んで合否を左右する、重要な書類です。応募先企業で即戦力として活躍できることを存分にアピールするチャンスとして、存分に活用しましょう!

職務経歴書に記載すべき内容

職務経歴書には、「職務経歴書」という表題、日付(履歴書の提出日)、名前・連絡先を記載のうえ、次の内容をA4用紙1~2枚にまとめます。

1)職務要約
2)職務経歴
3)保有資格・免許・経験・能力
4)自己PR
5)志望動機

職務経歴書は履歴書に比べ、テンプレートが統一されておらず自由度が高い分、どのようにまとめたらよいのか迷う方も多いでしょう。

職務経歴書は、あなたを初めて知る相手にあなたの能力について理解してもらうためのツールです。「パートに履歴書は必要か?」とも思われがちですが、誰にとっても分かりやすく充実した職務経歴書を作成すること自体が、あなたの事務能力やプレゼンテーション能力をアピールすることにもつながるのです。ぜひ正しく丁寧に作成しましょう。

以下に、事務職のパートに応募するケースを例として、職務経歴書の書き方をご説明します。

1.職務要約の書き方

職務経歴書の冒頭に記載する「職務要約」では、応募先企業が求める人材として、自分が期待に応えられることを簡潔にアピールします。応募者が複数いる中、採用担当者があなたの職務経歴書の確認に十分な時間を掛けてくれるとは限りません。そのため、出来る限り一目で分かりやすく、興味を惹き付ける内容にすることが大切です。高い売り上げに貢献した経験や、社内外で表彰された経験などがあれば、具体的な数値とともに明記するとよいでしょう。またその際、自己評価や感想などは控えて、あくまで客観的な事実や成果を記載するようにしましょう。

2.職務経歴の書き方

「職務経歴」は、どのような仕事に就きどのような実務を行ってきたかについて、時系列で明記します。基本的には、入社年度や配属先、またそれぞれで行った業務内容を簡潔に記載します。さらに、社内外での表彰やリーダーを務めた経験・資格取得の実績などがあれば、ともに明記しておきましょう。

3.保有資格・免許・経験・能力の書き方

保有する資格と免許について、応募する業務内容と関連性が高いものを優先させながら、正式名称で箇条書きします。能力の証明になるとともに、自己研鑚に積極的な姿勢をアピールすることができます。また、経験や能力については、勉強中で取得が見込まれる資格があれば、「〇〇資格 ○月に取得予定」などと記載してもよいでしょう。
さらに、経験や能力については自分が持つ経験・知識・能力の中から、応募先企業が求める能力に関係するものをピックアップして記載します。ここでも他項目と同様、客観的事実や成果について触れることが大きなアピールとなりますので、保有資格や操作可能なツールなどについて、具体的に明記するとよいでしょう。

4.自己PRの書き方

応募先企業が求める人物像を想定し、印象的かつ説得力のある自己PRを記載しましょう。履歴書にも自己PR欄は設けられていますが、職務経歴書では履歴書のように記入欄の大きさは定められていないため、より詳細に書くことができます。かといって、自分の伝えたいことを伝えたいだけ書くのではなく、文字サイズや文章量については配慮しましょう。文字が小さ過ぎたり文章が長過ぎたりするものは、内容以前に、採用担当者の読む意欲を減退させてしまうことがあります。

5.志望動機の書き方

あなたの意気込みを企業に一番アピールできる項目です。履歴書にも志望動機を書く項目はありますが、職務経歴書ではより詳細に記載する必要があります。
人事担当者にもよりますが、履歴書は人事の保管資料として使用されるケースが多く、選考の際は職務経歴書の内容でジャッジされています。
応募先企業に興味を持った理由や入社後に活かせるキャリアの他、将来のビジョンまで明確になっていると印象も良くなるでしょう。

 

以上、職務経歴書の書き方について、ご説明しました。

職務経歴はフォーマットも内容も自由度の高いものだからこそ、その書き方次第で、相手に伝わるあなたの魅力度は大きく変わります。あなた自身を売り込むためのツールであるという意識を持って、見本などにとらわれず、これまでに身に付けた実務能力を最大限にアピールできるものを作成しましょう!

 

不採用の連鎖から抜け出そう! パートの面接に合格するには?

しごと探しのキホン

基本を押さえ、○○をアピールして、採用を勝ち取ろう

f:id:re_design:20160721155140j:plain

働きたい気持ちは十分にあるのに、面接では自分をアピールしきれない・何度受けても受からない・また落ちた……そんな方に、面接を突破するためのポイントをご紹介します。

基本をしっかり押さえましょう

面接の合格率を上げるために大切なことは何でしょうか? 志望動機? 自己PR? 株式会社アイデムのアンケート結果によると、採用担当者が面接時に重視するポイント・採用の決め手は下記の通りです。

1位:積極性(76%)
2位:挨拶(69%)、 はっきりとした返事(69%)
4位:服装と身だしなみ(68%)
5位:声の明るさ(66%)

面接に合格するためには、何をどのように話すべきか、思い悩んでしまう方が多いと思います。話す内容はもちろん大切ですが、それ以上にまず重視されるのが、このアンケート結果からも分かる通り、仕事に対する積極性や明るくハキハキとした態度・身だしなみなど、見た目や声から受ける印象です。

身だしなみは整っているか? 挨拶はしっかり行っているか? はきはきと発声しているか? 仕事に対する熱意は伝えているか? など、どれも基本的なことではありますが、それぞれきちんとできていたか、これまでに経験した面接を振り返ってみましょう。

長く安定的に働けることをアピールしましょう

「短期」と記載のある求人情報を除いて、多くの企業が応募者に求めていることは、「長期間安定的に働いてもらうこと」です。

ここでいう「長期間」とは、どんなに少なくても半年、基本的には年単位です。仕事を教えて1人前になってもらうまでには、長い時間と労力がかかります。また、もしも退職してしまった場合には再度求人を行わなくてはならず、求人広告を掲載する費用や採用活動を行う手間などもかかります。したがって、長く働いてくれるかどうかは、企業側にとっては大変重要なことなのです。

また「安定的」というのは、決まった時間・曜日で休むことなく勤務し続けられるということです。学生の場合、テスト期間などに長期間勤務を休むことがあります。主婦の場合には、子供の体調不良や家庭の事情で急に勤務を休まなくてはならないことがあります。もちろん、ある程度致し方ない部分ではありますが、企業側としては、職場の状況もふまえて適切に配慮しながら、出来る限りバランスのよい働き方をしてもらいたいものなのです。

逆に、短期間しか勤められないのではないか? 休むことが多く、シフトに穴を開けやすいのではないか? と思われてしまうと、採用される確率は下がってしまいます。

ただし、偽るのはよくありません。採用後のミスマッチを防ぐため、やむを得ない事情により休みが多くなることなどが想定される場合には、選考段階で正直に伝えるようにしましょう。

年齢やライフスタイルに合った職場を選びましょう

応募先を選ぶ段階で、求人情報をより深く読み込むようにしてみましょう。採用されやすい人物像についてのヒントを見つけることができます。

例えば、「多くの主婦の方が活躍しています」「扶養範囲内での勤務に調整可能です」などの文言が書かれている求人は主婦の方が多く、平均年齢も高めの職場であると推測されます。また、「あなたの空いた時間に稼げます」「週1回でも歓迎です」などの文言は、比較的勤務時間などに融通のききやすい職場であると推測できるでしょう。

さらに、基本的な方法ではありますが、応募先企業のホームページを見て職場の雰囲気を把握したり、実際に職場(店舗など)をお客さんとして訪れたりしてみるのも、分かりやすいでしょう。

 

以上、パートの面接の合格率を上げるためのポイントについて、ご紹介しました。

パートという働き方は、勤務時間や勤務日をある程度自分の都合に合わせられるのが特性のひとつでもあります。ここでご紹介したポイントを実践し、ぜひ、あなたの生活に適した職場の採用を勝ち取ってください!

恐れずに挑戦しよう! 筆記試験のあるパート採用

しごと探しのキホン

パートの筆記試験は義務教育レベルで突破可能

f:id:re_design:20160721155219j:plain

パートの採用にて、筆記試験を実施する企業が珍しくないことをご存知でしょうか。
学校を卒業して以来、筆記試験と無縁であった方は不安を覚えてしまうかもしれませんが、過度に恐れる必要はありません。筆記試験があるというだけで応募を躊躇していては、よい仕事との縁を逃してしまいます。筆記試験への抵抗をなくし、仕事選択の幅を広げましょう!

その第一歩は、中身を知ることから。パートの筆記試験とは、どのようなものなのでしょうか?

1.パートの筆記試験の内容

パートの筆記試験は一般的に、難易度が高いものではありません。勤務するうえで常識として身に付けておいてほしい最低限の知識を問うものが主流です。義務教育レベルの「算数」や「国語」の問題が出題される傾向があります。小学校高学年~中学校レベルの計算や漢字・熟語などが多いようです。

実際に試験を受けたことがある方の中には、かつては解けたはずの問題が分からず、愕然としたという経験を持つ方もいることでしょう。特に漢字の書き取り問題では、思いのほか出来が悪い場合が多いようです。メールやSNSでのコミュニケーションが当たり前となった現在、尚更かもしれませんね。また、日常生活では計算機を使用しての計算が多いため、四則計算の基本的な解き方を忘れてしまっている方もいるようです。スムーズに解けるよう、念のため確認しておくとよいでしょう。

2.筆記試験を通して審査されるポイント

パート選考で筆記試験を実施する企業は、その結果から、応募者が業務遂行に必要な能力を備えているかを判断します。

例えば、レジ担当への応募者には計算力を審査されることがあります。バーコードを読み取れば自動で合計額やお釣りを計算するPOSシステムやキャッシュレジスターが普及していますが、それらの故障や設定ミスなども皆無ではないため、レジ担当の計算力に頼らなくてはならない場面もあるためです。

また筆記試験では、その点数だけが評価の対象になるとは限りません。解き方で、適正を判断されることがあります。
例えば、同じ問題を同じ時間で解いた時、
1)全ての問題に答えを記入して正解率50%
2)半分の問題に答えを記入して正解率100%
という2名の応募者は、点数が同じでも評価が異なる可能性があります。
この解き方から予測されるのは、
1)は「時間内の作業数を優先するスピード重視タイプ」
2)は「作業の正確さを優先する慎重タイプ」
という個性であり、企業が求める人材を見極める要素のひとつとなります。

3.筆記試験のための対策

前述の通り、パート採用の筆記試験は一般常識や義務教育レベルで難易度の高い試験ではないため、特別な準備をする必要はありません。しかし企業や職種によっては、難易度の高い問題を出題する場合もあります。問題集も販売されていますので、必要に応じて活用してみるとよいでしょう。

4.告知なし(抜き打ち)の筆記試験

パートの募集要項に記載がなくとも、面接時に筆記試験が実施されることがあります。ただしその場合、応募者を動揺させるほどの難易度やボリュームの試験ではなく、簡易な小テストレベルのものであることが多いようです。突然の筆記試験に動揺しないためにも、一応の心構えをしておくと安心です。

5.性格検査など

国語や算数などの知識の有無を問う試験だけではなく、自身の性格について問う検査も行われる場合があります。応募先企業の社風や職種に適しているかを知るためのものです。形式は様々にありますが、知識を問う試験とは異なり、ひとつの正解があるわけではないので、偽らず正直に回答しましょう。

 

以上、パート採用の筆記試験についてご紹介しました。難しい問題ではない場合が大半だということに、まずは安心していただけたでしょうか? 筆記試験への抵抗をなくし、より幅広く、あなたに適した仕事を探してみてください!