読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「馴染めない」「苦手な人がいる」……、職場の人間関係の不安を解決するちょっとした「コツ」とは?

困った時

発想の転換で、働きやすい環境をつくりましょう

f:id:re_design:20160721152026j:plain

「パート勤務を始めてみたいけれど周りに溶け込めるかどうか心配」「今パートで働いているけれど、上司や同僚に気が合わない人がいる」「職場に馴染めなくてなかなかパートが続かない」など、職場での人間関係に悩みや不安を抱えている方は多いのではないでしょうか。

せっかく条件が合う仕事を見つけたのに、人間関係のトラブルで辞めてしまうというのはもったいないことですよね。そこでここでは、職場の人たちと上手く付き合うための、ちょっとしたコツをご紹介します。

ケース1:「職場にどうしても嫌いな人や苦手な人がいる」

職場に嫌いな人や苦手な人がいると、「その人に会わなければいけない」と考えただけで、仕事に行くのも気が重くなってしまうものです。それが上司や先輩であれば、尚更でしょう。しかし、職場に自分と合わない人がいること自体は珍しいことではありません。大事なのは、「あまり意識しすぎないこと」です。具体的には、次のようなことを試してみるとよいでしょう。

1.自分から挨拶をする

挨拶は社会人の基本的なマナーであり、コミュニケーションの潤滑油です。たとえ相手からの挨拶がなくとも、こちらからはきちんと挨拶をしておきましょう。自然に互いの関係性がよくなっていったりすることも期待できます。

2.他の人に話す

人間関係の悩みはひとりで抱えてしまいがちですが、信頼のおける同僚や先輩がいれば、相談してみるのもおすすめです。誰かに相談すること自体がストレス発散にもなりますし、客観的なアドバイスをもらえる可能性もあります。

3.視野を広く持ってみる

いったん「苦手」と思ってしまうと、その人に関する全てが嫌になってしまうことがあるものです。そこで一度、「なぜ苦手なのか?」を冷静に考えてみるとよいでしょう。自分の固定観念や考え方のクセに気が付いたり、自分の働きぶりなどを見直したりするきっかけにもなるでしょう。

4.受け流す

最も避けたいのは、人間関係の悩みやストレスばかりを意識してしまって、肝心の仕事でミスをしがちになったり、体調を崩したりしてしまうことです。職場は本来、なによりも仕事をする場なのです。嫌いな人や苦手な人のためにそれがおろそかになってしまうなんて、もったいないことですよね。ですから、「私はここに仕事をしに来ているんだ」「この人は私とは考え方が違うんだ」などと、ある程度は割り切って考えて受け流すよう努めましょう。

ケース2:「人間関係づくりが下手。職場に馴染めるか不安」

初めての職場は誰もが少なからず緊張するものですが、実はそれは新しい仲間を迎える側の人たちも同じです。少しだけ勇気を持って自分から歩み寄ることで、ぐっと職場に馴染みやすくなります。

1.挨拶はしっかりと

挨拶は、第一印象を決めるものです。元気に挨拶をしてくれた相手に悪印象を持つ人はまずいません。普段より心持ち大きな声ではっきりと声に出して挨拶をすれば、緊張もほぐれるでしょう。同時に笑顔も忘れずに!

2.全員の顔と名前を覚える

一緒に働く人たちの顔と名前を覚えることは、職場に馴染んでいく上で非常に大切なことです。ポイントは、誰かに話しかける際に、「○○さん」と相手の苗字を極力呼ぶようにすることです。早く覚えられますし、名前を呼ぶことで相手に親近感を与えることができるため、距離も縮まりやすくなります。名前を覚えるのが苦手という方も、各人の名前と特徴をメモに書き何度も見直すなどして、一日も早く覚えるようにしましょう。

3.積極的に動いてみる

最初は分からないことだらけなので、つい受身になってしまいがちですが、積極性を見せるのは大切なことです。派手にアピールする必要はありませんが、思いや意志は言葉や行動に移さなければ伝わりませんよね。少々勇気が要る場面もあるかと思いますが、分からないことは自分から質問をするなど、先を読んだ行動を試みるなど、可能な限り積極的に行動していきましょう。

4.仕事のスキルを磨く

ミスなくしっかり仕事をすることがこれ以上ないアピール手段であることは間違いありません。スキルが高まれば自然と一目置かれる存在になりますし、ご自身のモチベーションアップにもつながります。そして自分に自信が持てれば、コミュニケーションもさらに円滑に進むようになるでしょう。

 

以上、2つのケースに分けて具体的なポイントを紹介してきました。

人間関係の悩みは、つねに転職理由や退職理由の上位に位置付けられるほど、一般的にありがちなものです。悩みの渦中にいるときはネガティブな感情にとらわれて、つい視野が狭くなってしまうこともあるでしょう。

そこで、ここでご紹介した方法を試すとともに職場外などで上手くストレスを開放しながら、ご自身がより気持ちよく働ける環境をつくってみてくださいね。

パート勤務の方が抱える職場ストレスについて

困った時

より気持ちよく働ける職場を探すために、気をつけるべきこととは?

f:id:re_design:20160721155002j:plain

パート勤務は、比較的自分の都合に合わせて働きやすいため、主婦の方を中心に人気があります。家庭の事情により、フルタイム勤務ではなくあえてパート勤務を選んでいる方も多いでしょう。そんな中「職場に行くのが辛い」と、仕事への負担を強く感じている方も少なくないようです。そこには、どのような理由があるのでしょうか?

パートが辛い。職場ストレスの原因とは?

パートを始めた理由はもちろん、人それぞれです。家計の足しにしたい・お小遣いを稼ぎたい・子育てがひと段落したので時間を持て余すようになったなど、何かしらの動機があったはずです。しかし、思っていた以上に仕事が負担となり、勤務が困難に感じられてしまう場合があるようです。具体的には、以下のような理由からです。

1.職場の雰囲気が悪い

職場の雰囲気が悪いということにも様々な状況がありますが、中でも「上司や同僚に苦手な人がいるために職場に行くのが憂鬱」というケースが最も多いようです。職場にいるだけで過度に気疲れしてしまうような状況になると、肝心の仕事にも集中できませんし、出勤するのが辛くなってしまいますよね。

2.労働条件が合わない

採用時に提示された労働条件と、実際の労働環境が違ったというケースです。思いのほか残業が多く定時に帰れなかったり、無理なシフトに入ることを強要されたりすると、家事や子育てに忙しい主婦の方は、特に困ってしまいますよね。

3.やりがいを感じられない

求人情報に書かれていた業務内容と実際のそれとが違ったり、正社員との業務内容の差を感じたりして、やりがいや働く意味を見失ってしまうケースもあるようです。

4.ブランクがあるがゆえの不安

結婚や出産を機に退職して専業主婦となった後、子育てが落ちついたためパートを探すことにした時、ブランクがあることが不安の種となる場合があります。ブランク明けは仕事のリズムがつかみにくかったり、慣れない職場環境で一層疲れがたまったりするともいわれています。

パートを探す時に気をつけるべきポイントとは?

パート勤務のメリットのひとつは比較的自分の都合に合わせて働くことができる点だからこそ、勤務地や勤務時間など、自分の立場やライフスタイルに合った労働条件をきちんと考え、それに沿った職場探しをすることが大切です。前述のような様々な職場ストレスを出来る限り避けるためにも、慎重に探しましょう。

まずは、勤務地エリアをある程度絞りましょう。遠いとその分帰りも遅くなるため、子供をすぐに迎えに行けなかったり、疲れてしまい家事に支障が出たりする可能性があります。自転車や車での通勤が可能なのか、また公共の交通機関を利用する際は時刻通りに運行されている路線なのかを確認しておくこともおすすめします。同時に、残業の有無・交通費が支給されるかどうかなどもチェックしましょう。これらは、求人情報に記載されていることも多いです。

次に、どんな職種にするかを検討します。以前担当したことのある業務も含め、自分が得意な業務は何か、考えてみましょう。ブランクがあったとしても、これなら自分でも無理なくできる、またはできそうといった業務を挙げてみましょう。また、職種だけではなく職場の雰囲気も大切です。可能であればお客さんとして実際に職場(店舗など)に足を運んでみて、仕事のペースや働いているスタッフなどが自分に合いそうか、確認するとよいでしょう。

 

以上、パート勤務の職場ストレスとそれを防ぐための職場探しのポイントについて、ご紹介しました。

どんな仕事にもある程度のストレスはつきものですが、出来る限り気持ちよく働ける職場を見つけて、経済的にも生活的にも、潤いのある毎日を送れるとよいですね。

私、このままでいいの? 人生の岐路に立つ30代女性の抱える悩みについて

困った時

立場により様々な、人生のターニングポイント

f:id:re_design:20160721154916j:plain

30代に入ると、多くの人が自分の置かれた状況について、あらためて考えるようになります。特に女性は、焦りを感じてきたり、自分の働き方について考え直したくなったりする時期かもしれません。時には周りの友人と自分とを比べ、つい愚痴を言ってしまったり、このままでいいのかと悩んでしまったりすることもあるでしょう。

30代女性のイメージって?

30代になると、世間の目に自分がどのように映っているのか、気になってくる方も多いのではないでしょうか。一般的に聞かれるイメージとして、主婦の方であれば「家事や子育てに奮闘している」、独身の方であれば「仕事をバリバリやっている」「ひとりの暮らしを自由に謳歌している」といったものが挙げられます。経験も責任感も増し、同時に自信もつき、大人の女性としての魅力が増す頃ともいえます。

実際に仕事の面では、キャリアを積み、会社で信頼されるリーダー的なポジションに就いている方も珍しくないでしょう。仕事が最も面白くなってくる時期かもしれませんね。

一方で、このまま今の職場で働き続けていてよいのか、仕事一筋で生きていっていいのかなどと、疑問や不安を抱くようになる方もいるでしょう。結婚や出産に対する焦りを感じはじめる方もいるかもしれませんね。 このように30代女性は、特有の強さと魅力を持ちながらも、今の自分の立場とこれからの生き方について考え直す時期を迎えることが多いようです。あらゆる場面で責任を感じたり選択を迫られたりして、人生の岐路に立たされているような感覚を覚えるのでしょう。

そこでここでは、30代女性が抱えがちな悩みや不安について、独身・主婦、正社員・パートおよびアルバイト、それぞれの立場からご紹介します。

正社員勤務の悩み・不安

正社員勤務の30代女性の悩みでよく聞かれるものは、今後のキャリアについてです。この先も今の仕事または職場でよいのかという悩みや、結婚や出産に際して、家庭との両立や産休および育休復帰後の働き方やキャリアに不安を感じる方が多いようです。

パート・アルバイト勤務の悩み・不安

パート・アルバイト勤務の30代女性は、今後の経済状況や働き方に不安を感じる方が多いようです。これから先の人生やマネープランを見据えて、生涯にわたって続ける仕事や、自分が本当に目指したい仕事を模索しはじめる方も少なくありません。正社員への転身や、資格取得を目指す方も多いようです。

独身の悩み・不安

30代独身女性は、今後の生き方について、仕事はもちろん、結婚・出産などについても含め真剣に考えるようになる方が多いです。自分はどんな人生を送りたいかについて、長いスパンで思い描きながら悩む機会が増えるようです。自分の人生における優先順位も、より強く意識するようになるでしょう。

主婦の悩み・不安

30代主婦の方に多く聞かれる悩みが、やはり家庭内のことです。家計管理や育ち盛りの子供の育児や教育、親戚付き合いに悩む方が多いようです。外で働きたいと思っても身近に頼れる人(親など)がいなかったり、保育園に空きがなかったりして、ジレンマを抱えている方も少なくないようです。また、すでに外に出て仕事をしている方は、子供の急な体調不良などに対応しなくてはならない大変さや、なかなか自分の時間がとれないという辛さがあるようです。

 

このように、30代を迎えた女性の悩みは多岐にわたります。今まさに当事者の方には、共感できる部分もあったのではないでしょうか。人生のターニングポイントともなり得る30代には立場を問わず悩みや不安がつきものですが、ぜひ目を背けず真剣に向き合って、人生をより充実させていってくださいね。

会社にどう伝える? パートを辞める理由

困った時 ピックアップ

円満に辞めるための配慮を忘れずに

f:id:re_design:20160721154109j:plain

長く働きたいと思って選んだ職場でも、事情や心境の変化により、辞めたいと思うこともあるものです。その理由はもちろん人により様々ですが、できるだけ円満に退職したいものですよね。そこでここでは、パートを辞める理由としてよく聞かれるものと、辞める際に気を付けるべきポイントについて、ご紹介します。

パートを辞める理由

1.職場への不満やストレス

職場への不満やストレスが発端の理由として、具体的には以下のような例があります。

  • 人間関係に問題がある(苦手な人がいるなど)
  • 職場の雰囲気になじめない 
  • 想像していた仕事と違った 
  • 労働環境が応募時に伝えられていたものと違った 

これらは職場責任者などに正直に伝えることも大切ですが、後味の悪い辞め方となったり、引き止められたりしてしまう可能性もあります。そのため、場合によっては別の無難な理由(生活環境の変化など)を用意することも一つの方法といえるでしょう。

2.子育て

働き続ける中で、子育てとパートとの両立が難しいと感じる方は多いものです。子供のいる主婦をパートとして採用する際、会社側としては、子供の都合でパートを休みがちになったり辞めたりしないかということを心配するものです。面接でその点を確認される場合も少なくありません。そのため、子供を理由に辞めることは採用時の約束を破るようなことになり、心苦しく感じてしまう方もいるかもしれませんが、

  • 子供の学校の役員になり、これまで通りに働けなくなった
  • 子供が受験をするため、そのサポートに集中したい

といったように、採用当初とは生活環境が変わってしまったということを理由にすると、比較的理解が得られやすいかもしれません。

3.妊娠

妊娠を機に辞める場合は、理解を得られやすいものです。辞める時期については、妊娠の経過や体調・パートの業務内容などを考慮のうえで判断することになります。経過や体調が良好かつ悪阻もひどくない場合、体への負担が特別大きい仕事でなければ8~9ヶ月頃まで働く方もいます。妊娠したことは早めに職場責任者に伝え、相談しながら、お互いに都合のよいタイミングでスムーズに退職することが理想です。

4.体調不良

体調不良は、会社としても引き止めにくい退職理由の一つです。体調を崩しながら無理に働き続けることは当然、病状の悪化につながってしまいます。また、会社が期待する働きも十分に行えない可能性があるため、黙って我慢をせず、まずは勇気を出して体調不良であることを会社に申し出ましょう。あくまで体調が第一なので、あなた自身が辛く感じ、退職したいと思う場合には、遠慮をせずその意思をはっきりと伝えたほうがいいでしょう。診断書を求められた場合には提出することで、より納得してもらいやすくなるでしょう。

パートを辞める際のポイント

辞めることで、職場に少なからず迷惑をかけてしまうことは確かです。業務の引き継ぎなどがスムーズに行えるよう、以下のポイントに配慮しましょう。

1)退職を申し出るタイミング

退職希望日の何日前までに申し出る必要があるかについては、雇用契約書や就業規則に記載があるので、確認してみましょう。記載がない場合でも、1ヶ月前までには伝えるといいでしょう。

2)退職の意思の伝え方

基本的には、職場責任者(店長など)に直接、退職の意思を伝えます。気まずさやためらいから電話やメールで済ませたいという方も多いですが、適切ではありません。人間関係の問題や体調不良からどうしても直接伝えることが難しいという場合には、まずは電話やメールで伝えてみてもいいでしょう。いずれにせよ言い訳や自分の思いを一方的に伝えようとするのではなく、あくまで会社や職場への配慮を忘れないようにしましょう。

 

以上、パートを辞める理由とその際に気を付けるべきポイントについてご紹介しました。

辞める際には気まずさやためらいが残るものですが、会社への誠意や心遣いをもって率直にその意思を伝えることで、スムーズに理解してもらえるものです。円満な退職のためにも、こちらでご紹介したポイントを参考に、ぜひ勇気を出して伝えてみてください。