読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独身でパートは不安? 独身女性が感じるパート勤務の悩み

働き方のキホン

価値観に縛られず、パート勤務の特性を活かしましょう

f:id:re_design:20160721153504j:plain

独身でパート勤めをしていることに、悩みや不安を持つ女性も多いようです。その多くは、「パートは主婦が家計を助ける副収入としてするもの」というイメージに起因するものです。 しかし、働き方の多様性が認められつつある現在、パート収入で生計を立てることも、決して珍しくはない時代といえるのではないでしょうか。

そこでここでは、「パートとして働く独身女性が抱える悩み」と「パート勤務の場合の家計」について考察します。

1.20代独身女性のパートの悩み

独身でパート勤務をしている20代女性は、その働き方に対して周囲の理解が得られずに悩むケースが多いようです。

同じ20代でも、結婚している女性であれば、

  • 勤務時間を選んで働けるため、主婦業と両立しやすい
  • 勤務時間によって給料を調整できるため、夫の扶養内で働ける

などの理由から、あえてパートを選ぶ方も多いでしょう。

しかし、独身の場合には、家庭を優先する主婦のように仕事をセーブする必要がないため、あえてパート勤務を選ぶということが理解されにくい場合もあるようです。

その上、一般的なパートのイメージには、

  • 将来につながるスキルやキャリアが得られにくい 
  • 人員削減の対象となりやすく、長く働ける保証がない

というマイナス面もあります。独身のパート勤務に不安を感じる方は、このような将来の経済面・生活面での不安定さを心配しているのではないでしょうか。

ただしこうした考え方は現在、特に若い世代では薄れ、より柔軟に捉えられつつあるようです。自分の趣味や、目標とする職業のための勉強と両立させるなどのために、あえてパート勤務を選ぶという方も多くいます。また、昔と比較すると賃金も上昇した現代ではパート収入だけで生計を立てることも可能となっているため、独身の働き方の一つとして、違和感なく受け入れられつつあります。

2.40代独身女性のパートの悩み

独身でパート勤務をしている40代女性は、勤務先で違和感を覚えてしまうケースがあるようです。同じ職場に同世代の女性パート従業員が多いケースも少なくありませんが、40代の従業員たちが主婦ばかりであると、立場の違いから居心地の悪さを感じてしまうこともあるようです。 しかし20代の場合と同様、パート勤務ならではの自由度の高さを利用して、自分なりに私生活を充実させることができれば、主婦と比べて引け目を感じてしまう必要は本来ありません。現代では「終身雇用」や「独身は正社員として仕事に邁進するべき」という考え方よりも、いわゆる「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和や多様な生き方を大切にする考え方)」が主流となっています。パートという働き方も、それに沿ったものであるといえるでしょう。
また、40代にもなると親が高齢となるため、介護が必要になってくるケースも珍しくありません。その際、勤務時間を自分の都合に合わせて選びやすいパート勤務は好都合なのです。
このように、「パートでよかった」「パートだからこそよかった」と思える理由を意識することで、戸惑いを感じることもなくなるでしょう。

3.パート勤務の場合の家計

パート勤務の収入で一人暮らしをする際の家計について考えてみましょう。

株式会社アイデム「人と仕事研究所」では、パートの募集時平均時給を定期的に集計しています。
これによると、平成28年3月の結果は以下の通りです。

  • 東日本エリアの平均時給:1,005円
  • 西日本エリアの平均時給:939円

これをふまえると、東日本エリアにおいてフルタイムで働いた場合、週40時間勤務として 月収:1,005×40×4=160,800円
ここから社会保険料と税金が天引きされると、手取り額(通常、収入の75~85%程度)は128,000円程度となります。

さらに、生活に必要な基本支出として、以下のものが挙げられます。

  • 家賃    6.5万円(東京23区で比較的家賃の安いエリアで1Kの場合)
  • 水道光熱費 1万円 
  • 通信費   1万円 
  • 食費    2.5万円

これらを差し引くと、残るは1万8千円です。この中で、日用品や衣類・交際費・医療費等を賄わなければなりません。

ただし、家賃はエリアによって相場の差がかなり大きくなります。東京から少し離れ、埼玉・千葉・神奈川エリアであればさらに家賃は安く抑えられるので、より上手く家計をやりくりすることができるでしょう。

 

以上、パートとして働く独身女性の悩みや家計について、ご紹介しました。

ご紹介した通り、現代ではもはや「パートは主婦の仕事」という価値観に縛られる必要はありません。パート勤務という働き方の特性を活かすことで、人生をより自分らしく充実させることができるとともに、精神的な豊かさも生まれることでしょう。

パート男子の働き方とは? おすすめの業種と面接の注意点をご紹介!

働き方のキホン

下調べと準備はしっかりと! 採用の鍵は面接官の不安を晴らすこと

f:id:re_design:20160721155409j:plain

パートで働くことを希望するのは、もちろん女性ばかりではありません。しかし、総務省統計局が公表している平成27年(2015年)労働力調査結果によると、2015年の全国のパート人口961万人のうち、男性は108万人で約9人に1人となっており、現在のところ、圧倒的に女性のほうが多いのは確かです。そのため、「男性は採用されにくいのでは……?」と感じたことがあるという方も、意外と多いのではないでしょうか。

そこでここでは、パートの仕事を探す男性にとってネックになりやすい「業種選び」と「面接」について、知っていれば少し得をするポイントをご紹介していきます!

求人情報誌・ネットから職場の傾向をつかむ

パート勤務に限りませんが、一緒に働くメンバーは、仕事選びの重要な要素のひとつです。もし採用が決まったとしても「職場に男性がひとりもいない」「周りは主婦ばかりで居心地が悪い」など、男性にとってストレスのかかる状況では、快適に働き続けていくことは難しいものです。ですから、職場の環境や、企業側がどんな人に応募してほしいと思っているのかなどについて、ある程度は応募前に知りたいものですよね。

それらを知る上でまず頼りになるのは、求人情報です。「フリーター歓迎!」「大量募集!」などのキャッチフレーズが記載されている職場は、比較的性別年齢を問わず、広く門戸を開いている仕事である可能性があります。

採用基準は最終的には各経営者の判断なので一概にはいえませんが、タクシーや警備は年代を問わず、男性が多い職種です。一方、スーパーマーケットのレジ担当や食品工場は女性が多い傾向にあります。ただし、同じスーパーマーケットでも品出しや清掃など業務が違えば男性も多いものです。また、コンビニエンスストア・ゲームセンター・ファストフード店なども、比較的男性が多いようです。

面接の服装は職種に合わせて選ぶ

応募する仕事が決まったら、次は面接の準備に取り掛かりましょう。まず悩むのは服装ですが、正社員ではないので、必ずしもスーツを着用していく必要はありません。清潔感がありカジュアルすぎない服装を心掛けましょう。夏なら襟のあるシャツにスーツのズボン又は落ち着いた色合いのチノパン、冬ならその上にジャケットを羽織るとよいでしょう。

例外は、事務系・医療系や百貨店などスーツで働くことが一般的な職種や、特に礼儀正しさが求められる職種に応募する場合です。これらの場合には面接でもスーツを着用して臨むのがおすすめです。また、靴をしっかり磨いておくのも忘れずに。意外と目につく部分です。

面接でアピールすべきは「パート勤務を選んだ理由」と「長く続けられること」

面接で必ず聞かれそうな質問については、事前に準備しておくことが大切です。特に、「なぜ正社員ではなくパートなのか?」という志望動機は聞かれることが多いので、答えを用意しておきましょう。

必ずしもすべてを正直に話す必要はありませんが、重要なのは、面接者がこの質問をする背景にある「この人は、正社員の仕事が見つかったら辞めたりしないか?」という不安に対し、納得させることができるものであることです。

例えば、「家庭内でメインの働き手は奥さんで、子育てや家事と両立できる仕事を探している」「資格を取るために勉強しており勤務時間が短いパートを希望している」など、パートという雇用形態を選んだ理由と、長く続けられることをしっかりと伝えるようにしましょう。

 

以上、男性がパートの仕事を探す際におすすめの業種と面接のポイントについて、ご紹介しました。ぜひ参考にしてみてください!

保育園・幼稚園に子供を預ける母親のパート事情

働き方のキホン

居住エリアの入園難易度や育児環境による仕事選びの違いとは!?

f:id:re_design:20160721153646j:plain

未就学児を持ちながら働くことには、様々な制約があります。子供が手を離れている時間をうまく活用してパート勤務でお金を稼ぎたい!と考える主婦は多いものです。しかし、やる気は十分あるものの、どこでどんなふうに働けばいいのか?子供はどこに預けるのか? などを具体的に考え始めると、躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、未就学児を持つ母親のために、保育園や幼稚園に子供を預けて働く母親のお仕事事情について、ご紹介していきます。

保育園に通わせながらパート勤務をする場合

保育園に通わせている母親の雇用形態は、どのようなものが多いのでしょうか? それは、その地域の保育園への入りやすさによって違うようです。

保育園への入園希望者が多く、入園が困難なエリアの場合

保育園への入園が困難なエリアの場合は、子供たちの母親は正社員や派遣社員で働いている割合が高くなるケースが多いとされています。例えば、特に保育園入園激戦区といわれている東京都杉並区の平成28年度の「利用調整基準表(指数)」と平成28年4月入所の「認可保育園の内定者指数一覧」を見てみると、その入園指数から、夫婦ともに月20日以上・1日8時間以上勤務の場合がほとんどのようです。
パート勤務でも月20日以上・1日8時間以上での勤務はもちろん可能ですが、そのペースで働いた場合、配偶者の扶養から外れてしまいます。そのため、保育園を利用してまでフルタイムのパート勤務をする場合、割に合わないと感じる方も少なくありません。したがって、入園激戦区ではパート勤務の母親よりも、正社員などフルタイム勤務の母親が多いことが想定されます。

保育園への入園が比較的容易なエリアの場合

厚生労働省の平成27年度4月1日時点の「都道府県・政令指定都市・中核市別待機児童数集約表」によると、千葉市・川崎市・相模原市など都心近郊でも、待機児童数ゼロのエリアは複数存在しています。
入園激戦区では、入園指数として母親の勤務状況が「月20日以上、1日8時間以上勤務」の最高得点を取得しないと入園しにくいようですが、待機児童ゼロをはじめ競争率の低いエリアの場合、例えば月12日以上・1日4時間といった短時間の勤務形態でも入園が可能となります。そうした場合は当然、母親たちの仕事もフルタイムの正社員などに限らず、パート勤務をはじめ多様になるようです。

このように、保育園への入園のしやすさはそこに居住している母親たちの雇用形態やエリアによって、大きく変わってきます。まずはご家庭のマネープランを踏まえて、ご自身がどの程度稼ぎたいのか・働きたいのか(勤務時間や雇用形態など)を慎重に検討しましょう。居住エリアの決定は様々な理由や事情を含めてなされるものですが、場合によっては、より入園しやすいエリアへの引っ越しを検討することなども選択肢として考えられるでしょう。

幼稚園に通わせながらパート勤務をする場合

幼稚園に子供を通わせながらパート勤務をする場合には、下記の条件によって、選べる仕事の幅は大きく変わるようです。

  • 代わりに送迎をしてくれる人の有無 
  • 延長保育利用の可否 
  • 夏休みなど長期休暇中の子供の預かり先の有無

身近に送迎を代わってくれる人がいたり、延長保育が利用できたり、長期休暇中も通園できたりする幼稚園があれば、仕事の幅はかなり広がります。ご自身の能力と希望を考慮して、多くの職種および雇用形態の中から選ぶことができるでしょう。
一方、上記条件が難しい場合には、どうしても仕事の選択肢は狭くなってしまいます。勤務可能な時間が9〜14時頃までと短く、送り迎えもスムーズにするために、園の近くで勤務しなければならないケースが多いのではないでしょうか。
例えば、自宅近くの店舗や工場での軽作業に従事している方も多いようですが、これらはやはり子供を持つ主婦を中心に希望者が多い傾向があるため、根気よく面接を受けていく必要があります。また、職場に保育所を併設し、ママさんパートが安心して働ける環境を整えている職場もあるため、積極的に探してみるといいでしょう。

 

以上、保育園や幼稚園に子供を預けて働く母親のお仕事事情についてご紹介しました。

家庭と仕事、どちらも両立させるには、まずご自身の希望やその優先順位を明確にする必要があるでしょう。ぜひそれらを踏まえて、あなたの理想の働き方に適した職場を探してみてください。

日常会話レベルでも始められる! 英語を活かしたパートの仕事

働き方のキホン ピックアップ

訪日外国人の増加で、英語を活かせる仕事は増加中

f:id:re_design:20160721154402j:plain

忙しい家事や子育ての合間をぬっての仕事は、できるだけ効率的に働きたいものです。他の仕事より高時給が目立つ「英語を活かした仕事」を検討したことがあるという方も多いのではないでしょうか? 一方、「どれぐらい英語ができればいいの?」「経験がなくても大丈夫?」といった不安で、なかなか応募に踏み切れない……という方も少なくないでしょう。そこでここでは「英語を活かした仕事」について、その内容や実際に求められる英語レベルなどをご紹介していきます。

ひとことに「英語を活かす」といっても内容は様々

英語を活かした仕事にはどのようなものがあるのでしょうか? まず連想されるものとして、一昔前までは、海外企業の事務職や英語の先生・英会話スクールの受付などでした。しかし年間約2000万人もの外国人観光客が日本を訪れる現在、英語が必要とされる仕事の種類も需要も増加しています。例えば、以下のような職種があります。

事務・電話対応・受付

業種は幅広く、日本企業の海外事業部から外資系のメーカー・法律事務所・広告会社・テレビ局・NPO法人まで様々です。

データ入力

貿易関連などに多い英語データの入力の仕事です。

子供向けの英語教師

保育園や子供向けの英会話教室で、英語を教える仕事です。低年齢からの英語教育が盛んな現在、需要も増えています。

ショップ・飲食店の店員

空港や観光地・外国人観光客がよく訪れる場所などでは、英会話のできる人を歓迎している店が多くあります。

翻訳

企業のメールや契約書などの翻訳の仕事です。自宅で行える場合も多くあります。

 

時給の高さとスキルアップが魅力

英語を活かした仕事に就く最大のメリットは、何といっても一般の仕事に比べて時給が高いことでしょう。具体的な数字は職種や勤務地により差がありますが、例えば企業内の英語事務職の場合、一般の事務職に比べて時給が200~300円高いことも珍しくありません。
また、仕事を通じて語学力に磨きをかけられるということも見逃せないポイントです。外国語は日常的に使っていなくてはどうしてもスキルが落ちてしまうものですが、日々の仕事で使い続けていればスキルアップが期待できます。そして、数年後に他の職場への転職を考えているような場合にも、身につけた語学をアピールできるでしょう。

日常会話レベルで挑戦できる仕事もある

気になるのは、仕事に就くために必要な英語力です。一般的に「TOEIC600点」「英検2級」レベルが基準だといわれていますが、現在ではこれは最低基準といえるでしょう。求められる英語力は職場や仕事によってまちまちなので、一概にはいえません。
例えば、英会話教室の受付などはそれほど高い英語レベルは求められず、簡単な日常会話ができればOKという場合がほとんどです。しかし、場所柄外国人の来客が非常に多い店やホテルなどでは、より高いレベルを求められることがあります。
一方、外資系企業の事務や受付、法律事務所・特許事務所の事務職などでは、電話やメールへの対応も発生するため、相手の話を瞬時に聞き取る力や文書を正確に読み書きする力が求められます。ただ、こうした求人では多くの場合「TOEIC800点以上」など英語力の目安が具体的に示されている場合が多いため、自分に可能な仕事かどうかが比較的判断しやすいでしょう。

 

以上、英語を活用したパートの仕事についてご紹介しました。
どの求人にも共通していえるのは、即戦力が求められるということです。求められるレベルは様々ですが、提示された業務を問題なく行える英語力は必須といえます。それをより正確に判断するためにも、TOEICや英語検定などの資格を受検し、自分の英語力を客観的に知っておくことをおすすめします。そしてこちらでご紹介したポイントを参考に、ご自身に適した仕事をみつけてください!