読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

整骨院・接骨院のパート募集!初心者が応募してみるのはアリ?ナシ?

働き方のキホン

町で評判のあの整骨院も……パート募集してる?

f:id:edit_sirason:20170418113743j:plain


どんな町にも必ずといって良いほどある整骨院・接骨院。
実は整骨院・接骨院では会計・受付・事務のパートスタッフを募集しているところが多くあります。
痛みや不自由に苦しむ多くの患者さんに寄り添い、より快適な生活を送れるようお手伝いをしていくのが整骨院・接骨院の目的。
社会や地域への貢献度も高く、やりがいの大きなお仕事です。
地域の人々との交流を通してたくさんのことを学ぶことができ、事務スタッフとしての経験がある方はスキルを生かすこともできます。
もちろん、未経験の方でも挑戦することができるお仕事ですので、これから始めてみたいという方にもオススメですよ!

でも、実際に整骨院のお仕事って簡単?ムズカシイ?
その秘密とお仕事内容をご紹介します!

整骨院ってどんなところ?

整骨院・接骨院にいる先生の資格は「柔道整復師」という国家資格。
厚生労働大臣認可の専門学校や大学で専門的な知識を習得し、卒業時に初めて国家試験の受験資格が与えられます。
学校を出るだけではなく、国家試験に合格しないと柔道整復師を名乗る事はできず、施術を行うこともできないのです。

整形外科では外科手術・投薬・レンドゲン撮影などを使用して治療をすることが認められていますが、整骨院・接骨院では人間が本来持っている自然治癒力を最大限引き出し、痛みや暮らし難さとうまく付き合いながら症状を改善していくことを目的としています。
アスリートやスポーツを楽しむ方、様々な事情で手術や投薬・レンドゲンなどリスクを伴う治療が難しい患者さん、体力が低いお子さんやお年寄りなどが多く訪れる場所になっています。

整骨院のパートのお仕事の内容

先ほどご紹介したとおり、患者さんへの施術を行うためには国家資格が必要になります。
ですから、整骨院で募集されるパートスタッフは多くの場合が「会計・受付・事務」といった職種になるのです。
具体的な業務の内容を簡単にまとめました。

■業務の内容
・患者さんや来客の対応
・受付、カルテの管理
・保険関連処理業務
・医療器具のセット、治療の補助
・備品の補充、発注

カルテの管理の際、データ入力等が必要な場合がありますが、簡単なパソコンの操作ができれば問題なく作業をすることができるでしょう。
また保険関連の事務作業については、先輩スタッフが丁寧に指導する体制を作っている整骨院・接骨院がほとんどなので安心してください。
不安に思うようであれば、整骨院の国家資格を発行している協会がインターネット上で詳しい解説をしていますので、そういったページを参照しながら勉強することもできます。
治療の補助も、国家資格を取得していないスタッフが直接患者さんに触れて治療を行う行為は違法にあたるため、パートスタッフが担当するのは患者さんに患部を冷やす保冷材を渡したり、先生に治療器具を手渡したり、施術に使ったタオルや包帯を洗濯をしたりといった雑務です。
難しさはないお仕事なので、安心して取り組んでください。

医療関係の事務員!でも難しくない!

整骨院・接骨院には本当にいろいろな患者さんがそれぞれの痛みや辛さを抱えてやってきます。
リウマチの痛みに苦しむお年寄りから部活で怪我をしてしまった学生、中にはプロのアスリートが治療のために訪れることもあるのです。
そういった人々に対して、直接治療をすることはできなくても「少しでも症状を軽くしてあげたい」「快復してほしい」という気持ちを持って接することができるかどうかが大切なのではないでしょうか。
人と人とのコミュニケーションや、感謝の言葉にやりがいを感じるという方には大変オススメのパートです。

整骨院・接骨院でのパートスタッフのお仕事内容についてご紹介しました。

1日4時間だから働いてみよう!短時間パートの魅力

働き方のキホン

どんな仕事を選ぶ?接客から事務まで職種は豊富

f:id:edit_sirason:20170404111856j:plain

家事や育児に追われる日々も一段落し、ようやく体調や生活リズムも整ってきた。さて、働こうかな?と思っても、ブランクが長すぎて求人に応募することを躊躇してしまう人はいますよね。新しい職場・職種に馴染めるのか、体力が持つのか、家事や育児と両立できるのかと悩みはつきません。そんな仕事への不安を感じてしまうあなたには、パートでも4時間から勤務可能な短時間の仕事を始めてみるのもいいかもしれません。フルタイム勤務では難しかった家事や育児との両立も夢ではないかも?

1日4時間からのパートはこんなにも便利!

短時間パートで多いのは1日4時間(以内)OKの募集です。子どものいる主婦は、保育園や幼稚園に預けてから10時(もしくは9時半)から14時まで働くのが理想的だと思います。職場によっては誤差がありますが、一般的な短時間パートならその時間内で募集しているところがほとんどです。また、フルタイムより短い時間のため、体力面が心配な人にとっては嬉しい働き方ができ、職場の仲間と一緒に過ごす時間が少ないこともあって人間関係に悩むことはなくなります。しかし、短時間勤務だからこそ気をつけなくてはならないこともあります。労働基準法では6時間を超える勤務では45分の休憩、8時間の場合はさらに15分の休憩を取ることを義務付けられていますが、4時間勤務では休憩は必要ないと法律上定められています。その上、長時間勤務でないことで、職場の雰囲気や業務内容にすぐ慣れることは難しいかもしれません。自分がそれでも仕事を続けられるかをよく考えてから、応募を決めるのもよいですね。

まずは定番の接客・労働系

短時間パートで募集が多く、未経験でも働きやすいとされるのは接客・販売を行うサービス業や、軽作業を行う工場での仕事です。ファミレス、コンビニ、パン屋、スーパーなどがあり、とくに飲食店のホールスタッフは主婦パートの人気職種のひとつです。飲食店の場合、土日よりも平日のランチタイムに人手が欲しいことが多く、短時間であっても勤務してくれる人を募集しています。仕事内容はお客様にオーダーを聞き、料理を運び、レジで清算の作業をします。お客様と直接やり取りをすることが大半ですが、人と接するのが好きな人は楽しくパートを続けられると思います。サービス業は、シフト制で勤務時間を管理していることがほとんどで、自分の好きな日・時間に働くことができます。また、店舗によってはまかないが出ることも魅力的。一方、工場の軽作業は製造、加工、仕分け、梱包、検品など仕事内容はさまざまですが資格が必要なく、すぐに覚えられる作業が多いです。勤務形態は早朝・朝・夕方・深夜などシフトできっちり管理されており、交代制で働きます。従業員の多い工場では、子どもの病気によって急な休みを取りたい時でも代わりが見つかりやすいです。

短時間であってもオフィスワークはある

接客も軽作業も苦手・・・と思う人はオフィスワークを探してみましょう。1日4時間勤務でもオフィスワークの代表格である事務の募集が見つかります。事務でも一般事務、営業事務、経理事務といったさまざまな部署があるため仕事内容は違ってきますが、書類作成、ファイリング、データ入力など基本的にはパソコンを使って作業を行います。また、電話対応や備品管理などを任せられることもあります。事務はパソコンスキル必須ですが、比較的簡単で未経験の人でも勤務可能であること、将来正社員を目指す人にとって経験を積みやすい仕事のため人気が高い職種。そのほか、もし資格を持っているなら医療事務や銀行受付、資格がないならコールセンターのオペレーターもあります。

4時間だけのパートでも数多くの求人が出ています。このほかに、学校・社員食堂での調理補助、清掃、介護補助など、資格がなくても勤務できる仕事がいっぱいです。短時間でも不安があるなら、イベントや繁忙期だけの仕事を選んでみるものいいですよ。自分のワーク・ライフ・バランスを考え、パートを始めてみましょう。

実はとってもやりがいが大きな清掃のパート。他にもたくさんのメリットがあるって知ってる?

働き方のキホン

清掃のパートに隠れたメリットを解き明かす!

f:id:edit_sirason:20170324165956j:plain

ビルメンテナンスの一環でもある清掃の業務はパートの募集がコンスタントに行われており、気になった方も多い職業なのではないでしょうか。

しかし、実際にどのような勤務形態になるのか、仕事の内容や職場はどこになるのかといったことはなかなか分かりにくいですよね。

そこで今回は気になる清掃スタッフのパートについて調べてみました。

清掃スタッフの本当のトコロ

清掃スタッフさんのお仕事といっても、職場も掃除をすることになる担当の場所など、活躍の場所は数多くあります。

■清掃スタッフさんの職場
・オフィスビル
・学校、幼稚園
・ショッピングセンターなど商業施設
・駅、空港など交通機関
・病院、介護福祉施設
・ホテル、旅館
・官公庁、役所など
・テレビ局やラジオ局など

お仕事をする場所だけでもこれだけの選択肢があります。

他のお仕事では入ることが難しい施設などにも、スタッフとして入るチャンスがあるとも言えますね。

■清掃スタッフさんの業務内容
・機械を使っての掃除(掃除機、クリーナーなど)
・手作業での掃除(お手洗い、事務机など)
・ベッドメイキング
・窓拭き
・ゴミ出し、分別
・書類の記入
・設備の点検確認

もちろん、これらの全てをひとりで担当するのではなく、多くの場合が複数のスタッフでチームを組みそれぞれの作業を分担することで業務を効率化させています。

また、今までにやったことがないという作業であったとしても、先輩スタッフやチームリーダーが丁寧に指導してくれるケースがほとんどですから安心してチャレンジしてください。

清掃スタッフのイイトコロ

清掃スタッフの最大の利点は、拘束時間が短く時給も比較的高めに設定されているため、効率的にお金を稼げることです。

たとえばホテルの客室清掃のケースでは、宿泊客のチェックアウトから次の宿泊客のチェックインまでの間に清掃・ベッドメイキングを行います。
オフィスビルでは、朝に多くの人が出勤してくる時間の少し前から午前中に、ショッピングセンターでは来店客数のピークの前や閉店前など、シフトがある程度決められているのです。
決められた時間内で如何に効率良く作業を進めていくかが重要視されるお仕事なので、残業や時間前作業はほとんどありません。

また、採用に際しての年齢制限がほとんどない職場が多く、年齢やキャリアに関わらずやる気と人柄を重視されます。
パートを探していても年齢がネックになり、就職活動が行き詰っている方には是非オススメしたい職種です。そのほか、掃除や様々なものの手入れのプロの技を学ぶことができるので、自宅の家事も効率良く進められるようになったという体験談もありました。
仕事で習得したスキルを自分の家庭で活かすことができるのは、清掃スタッフの強みのひとつかもしれません。

清掃スタッフのオススメしたいトコロ

今回は清掃スタッフのパートのお仕事についてご紹介しました。
「気になってはいたけれど、一歩踏み出すことができなかった」という方には是非オススメしたい職業です。
多くの人が訪れる場所で縁の下の力持ちとして頑張るとても社会貢献性の高いパートです。

ふとした瞬間にかけられる優しい「ありがとう」の言葉が大きなやりがいに繋がっているという意見も多くあります。
お掃除が好き、人のためになる仕事がしたいと考えている人には大切な思い出とやりがいを与えてくれる素敵な仕事です。

世のタメ、人のタメ!実は私のタメになる?介護のパートの実態を調べてみた!

働き方のキホン

介護で働くってハードルが高い…?

f:id:edit_sirason:20170307132421j:plain

社会全体の高齢化が進み、どんどん身近になってきている介護や福祉のお仕事。
実際にご家族やお友達との会話の中でも介護の話題が上ることが増えてきてはいないでしょうか?
お仕事でも同様に介護・福祉関連の業種の求人が増えてきています。
身近になりつつある介護ですが、いざその業界で働くとなるとあまりポジティブなイメージが無いのが介護業界…。 

「具体的なお仕事の内容は?」「生活時間帯を変えられないので夜勤はちょっと…」
「介護って体力的にも精神的にも大変な仕事のイメージ」

こんな風に考えている方も多いのではないでしょうか。
しかし悪いことばかりではないのが介護のお仕事。
介護職に就いている筆者の弟(執筆当時24歳)の体験談も交えながらご紹介します!

介護のお仕事の具体的な内容は?

介護のお仕事は、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)などで、障害を持つ方や高齢者など生活の上での支援を必要とする方へ生活の質向上のためにさまざまなサービスを提供すること。
食事や着替え、車椅子への移動、入浴の補助などの本当に何気ない日常の動作をお手伝いすることがほとんどです。
その他、利用者の送迎、施設内の清掃、排泄補助、記録の入力、レクの企画・運営などを行います。
自分では無意識にとっている動作が困難な利用者さんと接する難しさはありますが、やはり自分の仕事がすぐに感謝の形で返ってくる喜びは何事にも代えがたいものでしょう。
また、クリニックや大学病院などの医療施設でも介護職のスタッフは募集されています。
これら医療機関では、看護師や医師と協力しながら利用者の方の生活のお手伝いをすることになります。
利用者の方の中には薬を服用する必要があったり、栄養管理などが必要な方も多くいるので、医療の専門家に任せることができる施設は安心できますよね。 

提供するサービスや施設の形態ごとにデイサービス、訪問入浴、訪問介護など名称がありますが、生活に難しさを抱える方々を補助するという面では共通しています。

実はフレキシブル!自分にあった働き方ができる!

介護のお仕事をしていく上で気になるのが「勤務時間」。
「夜勤があると自分のプライベートの時間を取ることができないんじゃないか」と心配になる方もいるのではないでしょうか?
というわけで、介護施設で働く勤務形態について調べてみました。 

・日勤(朝~夕方)
・夜勤(午後~夜)
・深夜勤(夜~翌朝)

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)では、大きく大別すると以上のような勤務時間が一般的なようです。
これらの勤務時間を組み合わせてシフトを作っています。
深夜から朝にかけての勤務の際には手当てが給付されますし、所謂「夜勤明け」として深夜勤務の翌日の午後からその次の日に休みを割り当てられるケースが多いようです。
深夜勤→1.5日間というサイクルになる訳ですね。
介護サービスのオシゴトをしていると連休が取りにくいイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、筆者の弟はこの「夜勤明け」に旅行に行ったりライブにいったりキャンプに行ったりとかなりアクティブにすごしています。

パートタイマーであれば「日勤のみ」「深夜勤なし」の条件を出している介護老人福祉施設もありますし、居住施設を兼ねていないデイケアサービスのみの施設や訪問介護、訪問入浴などの業態の施設であれば深夜勤務や夜勤の仕事はありません。

「介護業界」でも様々な働き方、サービスがあるので、自分自身のライフスタイルに合わせた働き方を探してみてください!

60歳を過ぎても働きたい!どんなパートがあるの?

働き方のキホン

「定年後が不安…」と思うのは『損』です!

f:id:edit_sirason:20170224153911j:plain

今やっているパートが60歳で定年。もう仕事はせずに、悠悠自適に過ごそうと思っても、貯金と年金だけで生活するのは不安。それに、旅行とかちょっとした贅沢もしたい。そうなるとやっぱりお金に余裕が欲しいですよね。かと言って同じ職場で再雇用制度を使って65歳まで働くとしても、契約上賃金がかなり下がってしまう。それなら新しいパートを探そうと思っても、60歳以上歓迎の求人があるのか心配…。
いろいろ不安はあると思いますが、まだ働きたいという気持ちがあるのなら、とにかくどんな仕事があるのか見てみましょう。迷っている分、働ける時間を減らすのは損ですよね!

【1】短期求人もあり!コールセンター

一口にコールセンターといっても、その業務内容は求人によって異なります。例えば、官公庁関連で、問い合わせ電話の対応や簡単なデータ入力を行う仕事。研修期間があるので、コールセンターでの勤務経験がなくても挑戦しやすいのが特長です。コールセンターは未経験歓迎や期間限定、週2日~OK、1日3時間~OKなど、希望に合わせてシフトを選べる求人が多数あります。パートの中でも比較的高時給なので、短時間で効率よく稼げます。また、立ち仕事に自信がない人にもおすすめです。

【2】早朝勤務で健康的な1日を♪コンビニスタッフ

「早く寝て、早く起きる方が生活のリズムに合う」という人には、コンビニエンスストアがおすすめ。
レジ・品出し・清掃・発注、ほかにも仕事内容は多岐に渡りますが、ひとつずつ仕事を覚えていくことで、充実感や満足感を得られます。いろいろな仕事を覚える自信がない人は、清掃専門のスタッフを募集しているコンビニもあるので、そのような求人を探すのもひとつの手です。人生経験豊富で、接客に長けており、遅刻や欠勤の少ない高年齢層のスタッフを求めているコンビニは増加傾向にあるようです。

早朝のみならず、昼間や夕方、夜間、深夜と自分の生活リズムに合わせてシフトを選べ、さまざまな仕事ができ、いろいろな人と出会える…。きっと充実した生活を送れるはずですよ。

【3】癒しの接客を。ファーストフード店

ファーストフード店というと、学生が多く働いているイメージがありますが、最近は「接客されると和む」との声もあり、ここでも高年齢層のスタッフが増えています。また、注文が入るたびに調理をし、できたてを提供するスタイルのファーストフード店では、日頃の家事で得た、料理を効率よく進めるコツが役立つはずです。高年齢層ならではのハートフルな接客が求められているファーストフード店で、あなたならではの接客を目指してみてはいかがでしょうか?

【4】接客に自信がない人は客室清掃スタッフ

接客関連以外のパートでは、ホテルの客室清掃があります。清掃のほかにシーツの交換などの付随業務がある場合がほとんどですが、接客をすることは基本ありません。一緒に作業を行う人とのコミュニケーションが取れさえすれば、黙々と仕事に没頭できます。昼過ぎまでの求人が多く、夕飯の準備など余裕を持ってやりたい人にもおすすめです。土日のみの勤務でもOKの求人もあり、無理なく働けます。
働きながら適度な運動もできるので、健康管理を兼ねてのパートにもぴったり。中には清掃後のお部屋のチェックのみの仕事もあります。

【5】未経験・無資格でもOK!福祉関連施設のスタッフ

これからますます求人の増加を見込めるのが福祉関連の仕事です。特に介護関連というと、体力勝負のイメージがありますが、介護に直接関わらない仕事もあります。例えば、グループホームのフロントスタッフや介護施設への送迎ドライバーなどは、体力を気にする必要はほぼなく、さらに、未経験・介護関連の資格がなくてもできます。入所している方は同年代なので、気持ちをくみやすく、より心に寄り添ったサービスができるはずです。実際、福祉業界で活躍する高年齢層の方は多くいます。ヘルパーの資格を持っているのなら、よりさまざまな形で介護に関わることができ、やりがいを感じられるでしょう。
また、病院の食事の調理補助を行うパートもあり、家事を通しての料理経験を生かすことができます。

いかがでしたか?新しいことにチャレンジするのはなかなか勇気がいりますが、今までの経験を生かせたり、新しい出会いがあったり、働く充実感を得られたりするのは、やっぱりうれしいものです。
お金の余裕+αで、あなたにとっての「うれしいこと」が得られるような仕事を選びましょう。