読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実はとってもやりがいが大きな清掃のパート。他にもたくさんのメリットがあるって知ってる?

働き方のキホン

清掃のパートに隠れたメリットを解き明かす!

f:id:edit_sirason:20170324165956j:plain

ビルメンテナンスの一環でもある清掃の業務はパートの募集がコンスタントに行われており、気になった方も多い職業なのではないでしょうか。

しかし、実際にどのような勤務形態になるのか、仕事の内容や職場はどこになるのかといったことはなかなか分かりにくいですよね。

そこで今回は気になる清掃スタッフのパートについて調べてみました。

清掃スタッフの本当のトコロ

清掃スタッフさんのお仕事といっても、職場も掃除をすることになる担当の場所など、活躍の場所は数多くあります。

■清掃スタッフさんの職場
・オフィスビル
・学校、幼稚園
・ショッピングセンターなど商業施設
・駅、空港など交通機関
・病院、介護福祉施設
・ホテル、旅館
・官公庁、役所など
・テレビ局やラジオ局など

お仕事をする場所だけでもこれだけの選択肢があります。

他のお仕事では入ることが難しい施設などにも、スタッフとして入るチャンスがあるとも言えますね。

■清掃スタッフさんの業務内容
・機械を使っての掃除(掃除機、クリーナーなど)
・手作業での掃除(お手洗い、事務机など)
・ベッドメイキング
・窓拭き
・ゴミ出し、分別
・書類の記入
・設備の点検確認

もちろん、これらの全てをひとりで担当するのではなく、多くの場合が複数のスタッフでチームを組みそれぞれの作業を分担することで業務を効率化させています。

また、今までにやったことがないという作業であったとしても、先輩スタッフやチームリーダーが丁寧に指導してくれるケースがほとんどですから安心してチャレンジしてください。

清掃スタッフのイイトコロ

清掃スタッフの最大の利点は、拘束時間が短く時給も比較的高めに設定されているため、効率的にお金を稼げることです。

たとえばホテルの客室清掃のケースでは、宿泊客のチェックアウトから次の宿泊客のチェックインまでの間に清掃・ベッドメイキングを行います。
オフィスビルでは、朝に多くの人が出勤してくる時間の少し前から午前中に、ショッピングセンターでは来店客数のピークの前や閉店前など、シフトがある程度決められているのです。
決められた時間内で如何に効率良く作業を進めていくかが重要視されるお仕事なので、残業や時間前作業はほとんどありません。

また、採用に際しての年齢制限がほとんどない職場が多く、年齢やキャリアに関わらずやる気と人柄を重視されます。
パートを探していても年齢がネックになり、就職活動が行き詰っている方には是非オススメしたい職種です。そのほか、掃除や様々なものの手入れのプロの技を学ぶことができるので、自宅の家事も効率良く進められるようになったという体験談もありました。
仕事で習得したスキルを自分の家庭で活かすことができるのは、清掃スタッフの強みのひとつかもしれません。

清掃スタッフのオススメしたいトコロ

今回は清掃スタッフのパートのお仕事についてご紹介しました。
「気になってはいたけれど、一歩踏み出すことができなかった」という方には是非オススメしたい職業です。
多くの人が訪れる場所で縁の下の力持ちとして頑張るとても社会貢献性の高いパートです。

ふとした瞬間にかけられる優しい「ありがとう」の言葉が大きなやりがいに繋がっているという意見も多くあります。
お掃除が好き、人のためになる仕事がしたいと考えている人には大切な思い出とやりがいを与えてくれる素敵な仕事です。

世のタメ、人のタメ!実は私のタメになる?介護のパートの実態を調べてみた!

働き方のキホン

介護で働くってハードルが高い…?

f:id:edit_sirason:20170307132421j:plain

社会全体の高齢化が進み、どんどん身近になってきている介護や福祉のお仕事。
実際にご家族やお友達との会話の中でも介護の話題が上ることが増えてきてはいないでしょうか?
お仕事でも同様に介護・福祉関連の業種の求人が増えてきています。
身近になりつつある介護ですが、いざその業界で働くとなるとあまりポジティブなイメージが無いのが介護業界…。 

「具体的なお仕事の内容は?」「生活時間帯を変えられないので夜勤はちょっと…」
「介護って体力的にも精神的にも大変な仕事のイメージ」

こんな風に考えている方も多いのではないでしょうか。
しかし悪いことばかりではないのが介護のお仕事。
介護職に就いている筆者の弟(執筆当時24歳)の体験談も交えながらご紹介します!

介護のお仕事の具体的な内容は?

介護のお仕事は、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)などで、障害を持つ方や高齢者など生活の上での支援を必要とする方へ生活の質向上のためにさまざまなサービスを提供すること。
食事や着替え、車椅子への移動、入浴の補助などの本当に何気ない日常の動作をお手伝いすることがほとんどです。
その他、利用者の送迎、施設内の清掃、排泄補助、記録の入力、レクの企画・運営などを行います。
自分では無意識にとっている動作が困難な利用者さんと接する難しさはありますが、やはり自分の仕事がすぐに感謝の形で返ってくる喜びは何事にも代えがたいものでしょう。
また、クリニックや大学病院などの医療施設でも介護職のスタッフは募集されています。
これら医療機関では、看護師や医師と協力しながら利用者の方の生活のお手伝いをすることになります。
利用者の方の中には薬を服用する必要があったり、栄養管理などが必要な方も多くいるので、医療の専門家に任せることができる施設は安心できますよね。 

提供するサービスや施設の形態ごとにデイサービス、訪問入浴、訪問介護など名称がありますが、生活に難しさを抱える方々を補助するという面では共通しています。

実はフレキシブル!自分にあった働き方ができる!

介護のお仕事をしていく上で気になるのが「勤務時間」。
「夜勤があると自分のプライベートの時間を取ることができないんじゃないか」と心配になる方もいるのではないでしょうか?
というわけで、介護施設で働く勤務形態について調べてみました。 

・日勤(朝~夕方)
・夜勤(午後~夜)
・深夜勤(夜~翌朝)

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)では、大きく大別すると以上のような勤務時間が一般的なようです。
これらの勤務時間を組み合わせてシフトを作っています。
深夜から朝にかけての勤務の際には手当てが給付されますし、所謂「夜勤明け」として深夜勤務の翌日の午後からその次の日に休みを割り当てられるケースが多いようです。
深夜勤→1.5日間というサイクルになる訳ですね。
介護サービスのオシゴトをしていると連休が取りにくいイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、筆者の弟はこの「夜勤明け」に旅行に行ったりライブにいったりキャンプに行ったりとかなりアクティブにすごしています。

パートタイマーであれば「日勤のみ」「深夜勤なし」の条件を出している介護老人福祉施設もありますし、居住施設を兼ねていないデイケアサービスのみの施設や訪問介護、訪問入浴などの業態の施設であれば深夜勤務や夜勤の仕事はありません。

「介護業界」でも様々な働き方、サービスがあるので、自分自身のライフスタイルに合わせた働き方を探してみてください!

60歳を過ぎても働きたい!どんなパートがあるの?

働き方のキホン

「定年後が不安…」と思うのは『損』です!

f:id:edit_sirason:20170224153911j:plain

今やっているパートが60歳で定年。もう仕事はせずに、悠悠自適に過ごそうと思っても、貯金と年金だけで生活するのは不安。それに、旅行とかちょっとした贅沢もしたい。そうなるとやっぱりお金に余裕が欲しいですよね。かと言って同じ職場で再雇用制度を使って65歳まで働くとしても、契約上賃金がかなり下がってしまう。それなら新しいパートを探そうと思っても、60歳以上歓迎の求人があるのか心配…。
いろいろ不安はあると思いますが、まだ働きたいという気持ちがあるのなら、とにかくどんな仕事があるのか見てみましょう。迷っている分、働ける時間を減らすのは損ですよね!

【1】短期求人もあり!コールセンター

一口にコールセンターといっても、その業務内容は求人によって異なります。例えば、官公庁関連で、問い合わせ電話の対応や簡単なデータ入力を行う仕事。研修期間があるので、コールセンターでの勤務経験がなくても挑戦しやすいのが特長です。コールセンターは未経験歓迎や期間限定、週2日~OK、1日3時間~OKなど、希望に合わせてシフトを選べる求人が多数あります。パートの中でも比較的高時給なので、短時間で効率よく稼げます。また、立ち仕事に自信がない人にもおすすめです。

【2】早朝勤務で健康的な1日を♪コンビニスタッフ

「早く寝て、早く起きる方が生活のリズムに合う」という人には、コンビニエンスストアがおすすめ。
レジ・品出し・清掃・発注、ほかにも仕事内容は多岐に渡りますが、ひとつずつ仕事を覚えていくことで、充実感や満足感を得られます。いろいろな仕事を覚える自信がない人は、清掃専門のスタッフを募集しているコンビニもあるので、そのような求人を探すのもひとつの手です。人生経験豊富で、接客に長けており、遅刻や欠勤の少ない高年齢層のスタッフを求めているコンビニは増加傾向にあるようです。

早朝のみならず、昼間や夕方、夜間、深夜と自分の生活リズムに合わせてシフトを選べ、さまざまな仕事ができ、いろいろな人と出会える…。きっと充実した生活を送れるはずですよ。

【3】癒しの接客を。ファーストフード店

ファーストフード店というと、学生が多く働いているイメージがありますが、最近は「接客されると和む」との声もあり、ここでも高年齢層のスタッフが増えています。また、注文が入るたびに調理をし、できたてを提供するスタイルのファーストフード店では、日頃の家事で得た、料理を効率よく進めるコツが役立つはずです。高年齢層ならではのハートフルな接客が求められているファーストフード店で、あなたならではの接客を目指してみてはいかがでしょうか?

【4】接客に自信がない人は客室清掃スタッフ

接客関連以外のパートでは、ホテルの客室清掃があります。清掃のほかにシーツの交換などの付随業務がある場合がほとんどですが、接客をすることは基本ありません。一緒に作業を行う人とのコミュニケーションが取れさえすれば、黙々と仕事に没頭できます。昼過ぎまでの求人が多く、夕飯の準備など余裕を持ってやりたい人にもおすすめです。土日のみの勤務でもOKの求人もあり、無理なく働けます。
働きながら適度な運動もできるので、健康管理を兼ねてのパートにもぴったり。中には清掃後のお部屋のチェックのみの仕事もあります。

【5】未経験・無資格でもOK!福祉関連施設のスタッフ

これからますます求人の増加を見込めるのが福祉関連の仕事です。特に介護関連というと、体力勝負のイメージがありますが、介護に直接関わらない仕事もあります。例えば、グループホームのフロントスタッフや介護施設への送迎ドライバーなどは、体力を気にする必要はほぼなく、さらに、未経験・介護関連の資格がなくてもできます。入所している方は同年代なので、気持ちをくみやすく、より心に寄り添ったサービスができるはずです。実際、福祉業界で活躍する高年齢層の方は多くいます。ヘルパーの資格を持っているのなら、よりさまざまな形で介護に関わることができ、やりがいを感じられるでしょう。
また、病院の食事の調理補助を行うパートもあり、家事を通しての料理経験を生かすことができます。

いかがでしたか?新しいことにチャレンジするのはなかなか勇気がいりますが、今までの経験を生かせたり、新しい出会いがあったり、働く充実感を得られたりするのは、やっぱりうれしいものです。
お金の余裕+αで、あなたにとっての「うれしいこと」が得られるような仕事を選びましょう。

子育てが落ち着いたから准看護師として働いてみる!

働き方のキホン

街のクリニックで患者さんのサポートをしよう

f:id:edit_sirason:20170216135310j:plain

看護師には正看護師、准看護師の二種類あります。前者は国家資格免許ですが、後者は都道府県知事が発行する免許です。正看護師は高校卒業後、看護短期大学か看護専門学校に通い免許を取得します。しかし、准看護師は中学校の卒業資格があれば、そのまま准看護師養成所に通い資格を取ることができます。学校も正看護師と違い費用が少なくて済むため、近年では社会人や主婦になった後に准看護師の資格を取る人たちが増えています。では、准看護師の資格を持っている人、これから持とうと思う人、それぞれにとってどんな場所やスタイルでパートすることがよいか准看護師についてもう少し説明しながら、求人応募に役立つ情報をご紹介していきます。

資格取得は今からでもチャレンジできる!

准看護師と正看護師は学校や勉強の年数が違うため、資格の種類が違いますよね。そのため仕事・給与に差も出てきます。原則的に正看護師は医師の指示のもと患者のケアや診療の補助を行いますが、准看護師は必ず医師や正看護師からの指示を受けなくては動くことができません。また、仕事内容に関しては正看護師と変わらないことをしますが、准看護師の時給は正看護師よりも低く、出世もあまり望むことができません。それでは、准看護師はデメリットしかないのではないかと思いますが、メリットもあります。まず正看護師・准看護師の資格を取るのに年齢制限はありませんが、准看護師の場合は学校に通う年数が少ないため費用を抑えることができます。そして学校に通いながら働くことができるため、午前中は病院、午後は学校というスケジュールで動くことができます。勉強をしながらお金を稼ぐことができるということで、家庭を持つ人や子育てが落ち着いたから資格取得に励もうと思っている人にとっては嬉しいことですよね。そのため、30代、もしくは40代であっても学校に通い始める人は大勢います。

求人が多いのは病院よりもクリニック

資格取得後や休職明けに就業先を探そうと求人に応募したり、面接を受けたりするかと思いますが、なかなかうまくいかないことがあります。准看護師の場合、就業先を病院だけに絞るのではなくほかの施設も考えてみるとスムーズに働く先が見つかることがあります。例えば、クリニックでは人件費を抑えるため正看護師よりも准看護師を積極的に雇っているところがあります。また、介護施設では人手不足のところも多く、准看護師の需要も高まっています。働き方は正社員として勤務することはもちろん可能ですが、家事の両立を考えて非常勤であるパート勤務を選択しましょう。看護師の数が少ないクリニックでは急な休みを取ることは難しいかもしれませんが、夜勤なし残業が少ないところが多く、日勤のみで働くこともできます。介護施設も同じで、夜勤ありの場合でもシフト制を導入している施設がほとんどのため、自分の都合のよい時間を選ぶことができます。准看護師にとってパート勤務は、一番働きやすい勤務形態なのではないでしょうか。

准看護師でも負けてはいない

デメリットが多いと思われる准看護師ですが、勉強や自分のやる気次第によって給与は上がり、新人の教育にも携わっている人もいます。しかし、正看護師との差が気になる人は准看護師からのキャリアアップに挑戦してみましょう。再び学校に通うことになりますが、全日制の看護学校や通信教育以外にも、定時制看護学校があります。ここであれば准看護師として働きながらに通うことができるため、大変ではありますが収入を得ながら勉強をすることができます。ただし、准看護師から正看護師になる際には気をつけなくてはなりません。病院によっては准看護師として働いたキャリアが無効になってしまうこともあります。正看護師へキャリアアップしたいなら、必ずそのことを考えてから資格取得後の就業先を探しましょう。

 

准看護師は正看護師に比べると年々、資格取得者が少なくなってきています。しかし、今後高齢者が増加していくと病院だけではなく、介護施設などで働く看護師がもっと必要となり、准看護師の求人応募も多くなります。年齢を重ねても活躍することは可能ですし、さまざまな施設・時間で活躍できるため、高時給のパートとして准看護師で働くことを考えてみてはいかがでしょうか。

最初が肝心!初出勤の挨拶であなたの印象も変わる

働き方のキホン ピックアップ

緊張が一番の難敵。ありのままの自分を出そう!

f:id:edit_sirason:20170208102317j:plain

何歳であっても何度目であっても初めての場所や人の前では緊張しますよね。しかし、初出勤の日はパート先を訪れると、仕事を覚えるよりもまず先に職場の人へ挨拶を行わなくてはなりません。職場や部署によっては全員に向けて挨拶をしないこともありますが、あなたに仕事を教えてくれる上司や先輩は必ずいますよね。一対一でも初日の挨拶によってあなたがどんな人か印象が変わってきます。当日、焦ってよくわからないことを口にしないよう準備しておくと、緊張せずにスムーズな挨拶ができますよ。

自己紹介は長文よりも簡潔に

初対面の相手に会った時、あなたはどんなことを話しますか?フランクな場ではなく、職場では硬い挨拶が好ましいですよね。自己紹介の基本は、

1 最初の挨拶

2 名前

3 一言

4 締めの挨拶

といった短いもので大丈夫です。わかりやすく言葉にすると、「おはようございます(もし時間帯が遅ければ、お疲れさまです)。今日からこちらでお世話になります、●●●(あなたの名前)と申します。よろしくお願いします」となります。これだけでも十分相手に伝わりますが、何か自分なりの言葉を添えたいと思うなら、「慣れるまでご迷惑をおかけするかもしれませんが、少しでも早く皆さんのお役に立てるようがんばります」「早く仕事に慣れるようがんばります」「一生懸命がんばりたいと思っています。ご指導よろしくお願いします」など、挨拶と一緒に抱負や意気込みを述べるとよいですね。もちろん、最初と最後にお辞儀をすることは忘れないようにしましょう。

自分をアピールしたいなら、特徴ある一言を入れてみる

短く簡潔に、が理想の自己紹介ですが、あなたと同時入社の人がいれば、もしかしたら挨拶の内容が被ってしまうかもしれません。自分を主張したいなら、基本の挨拶の中に特徴的な一言を入れてみるのはどうでしょうか。オーソドックスなのものでは前職、出身地、どこに住んでいるかなどですが、特技、趣味などを言うと同じ趣味の人が話しかけてくれるかもしれません。また、名前にまつわるエピソードや見た目とのギャップネタなど、たった一言入れるだけで「この人楽しい人だな」と良い印象を持ってくれるはずです。しかし自虐をやり過ぎたり、ウケを狙ったものまね、一発ギャグなどは失笑を買うだけなのでやめておきましょう。あなたの価値を下げてしまうかもしれません。

内容だけじゃなく、話し方にも注意しよう

どんなにイケてる挨拶を考えても、話し方によっては全てが台無しになってしまいます。話すのが苦手だからって、恥ずかしそうに俯いたり、早口になったりしていませんか。また、小さな声でボソボソ喋ってしまえば、「この人大丈夫かな?」「仕事続けられるのかな?」と心配されて、印象は悪くなります。大勢に注目されるのが怖いのなら、自己紹介は名前とよろしくお願いしますだけで大丈夫です。その時は、顔を上げ、大きな声で明るくハキハキ話しましょう。笑顔でいるだけで、あなたの第一印象はぐんとよくなります。緊張しやすい人なら前日から話すことをじっくり考えて、頭の中で挨拶の様子をイメージすることで不安は薄れていくはずです。

 

初日の挨拶は、気持ちよく仕事を始めるための第一歩です。挨拶なんて適当でいいと思わず、あなたらしい自己紹介をして好印象を持ってもらえれば、仕事を教える人も楽しく指導してくれます。長く快適にパートを続けたいのなら、まずは初出勤の挨拶から考えてみましょう。