読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てが落ち着いたから准看護師として働いてみる!

働き方のキホン

街のクリニックで患者さんのサポートをしよう

f:id:edit_sirason:20170216135310j:plain

看護師には正看護師、准看護師の二種類あります。前者は国家資格免許ですが、後者は都道府県知事が発行する免許です。正看護師は高校卒業後、看護短期大学か看護専門学校に通い免許を取得します。しかし、准看護師は中学校の卒業資格があれば、そのまま准看護師養成所に通い資格を取ることができます。学校も正看護師と違い費用が少なくて済むため、近年では社会人や主婦になった後に准看護師の資格を取る人たちが増えています。では、准看護師の資格を持っている人、これから持とうと思う人、それぞれにとってどんな場所やスタイルでパートすることがよいか准看護師についてもう少し説明しながら、求人応募に役立つ情報をご紹介していきます。

資格取得は今からでもチャレンジできる!

准看護師と正看護師は学校や勉強の年数が違うため、資格の種類が違いますよね。そのため仕事・給与に差も出てきます。原則的に正看護師は医師の指示のもと患者のケアや診療の補助を行いますが、准看護師は必ず医師や正看護師からの指示を受けなくては動くことができません。また、仕事内容に関しては正看護師と変わらないことをしますが、准看護師の時給は正看護師よりも低く、出世もあまり望むことができません。それでは、准看護師はデメリットしかないのではないかと思いますが、メリットもあります。まず正看護師・准看護師の資格を取るのに年齢制限はありませんが、准看護師の場合は学校に通う年数が少ないため費用を抑えることができます。そして学校に通いながら働くことができるため、午前中は病院、午後は学校というスケジュールで動くことができます。勉強をしながらお金を稼ぐことができるということで、家庭を持つ人や子育てが落ち着いたから資格取得に励もうと思っている人にとっては嬉しいことですよね。そのため、30代、もしくは40代であっても学校に通い始める人は大勢います。

求人が多いのは病院よりもクリニック

資格取得後や休職明けに就業先を探そうと求人に応募したり、面接を受けたりするかと思いますが、なかなかうまくいかないことがあります。准看護師の場合、就業先を病院だけに絞るのではなくほかの施設も考えてみるとスムーズに働く先が見つかることがあります。例えば、クリニックでは人件費を抑えるため正看護師よりも准看護師を積極的に雇っているところがあります。また、介護施設では人手不足のところも多く、准看護師の需要も高まっています。働き方は正社員として勤務することはもちろん可能ですが、家事の両立を考えて非常勤であるパート勤務を選択しましょう。看護師の数が少ないクリニックでは急な休みを取ることは難しいかもしれませんが、夜勤なし残業が少ないところが多く、日勤のみで働くこともできます。介護施設も同じで、夜勤ありの場合でもシフト制を導入している施設がほとんどのため、自分の都合のよい時間を選ぶことができます。准看護師にとってパート勤務は、一番働きやすい勤務形態なのではないでしょうか。

准看護師でも負けてはいない

デメリットが多いと思われる准看護師ですが、勉強や自分のやる気次第によって給与は上がり、新人の教育にも携わっている人もいます。しかし、正看護師との差が気になる人は准看護師からのキャリアアップに挑戦してみましょう。再び学校に通うことになりますが、全日制の看護学校や通信教育以外にも、定時制看護学校があります。ここであれば准看護師として働きながらに通うことができるため、大変ではありますが収入を得ながら勉強をすることができます。ただし、准看護師から正看護師になる際には気をつけなくてはなりません。病院によっては准看護師として働いたキャリアが無効になってしまうこともあります。正看護師へキャリアアップしたいなら、必ずそのことを考えてから資格取得後の就業先を探しましょう。

 

准看護師は正看護師に比べると年々、資格取得者が少なくなってきています。しかし、今後高齢者が増加していくと病院だけではなく、介護施設などで働く看護師がもっと必要となり、准看護師の求人応募も多くなります。年齢を重ねても活躍することは可能ですし、さまざまな施設・時間で活躍できるため、高時給のパートとして准看護師で働くことを考えてみてはいかがでしょうか。

最初が肝心!初出勤の挨拶であなたの印象も変わる

働き方のキホン ピックアップ

緊張が一番の難敵。ありのままの自分を出そう!

f:id:edit_sirason:20170208102317j:plain

何歳であっても何度目であっても初めての場所や人の前では緊張しますよね。しかし、初出勤の日はパート先を訪れると、仕事を覚えるよりもまず先に職場の人へ挨拶を行わなくてはなりません。職場や部署によっては全員に向けて挨拶をしないこともありますが、あなたに仕事を教えてくれる上司や先輩は必ずいますよね。一対一でも初日の挨拶によってあなたがどんな人か印象が変わってきます。当日、焦ってよくわからないことを口にしないよう準備しておくと、緊張せずにスムーズな挨拶ができますよ。

自己紹介は長文よりも簡潔に

初対面の相手に会った時、あなたはどんなことを話しますか?フランクな場ではなく、職場では硬い挨拶が好ましいですよね。自己紹介の基本は、

1 最初の挨拶

2 名前

3 一言

4 締めの挨拶

といった短いもので大丈夫です。わかりやすく言葉にすると、「おはようございます(もし時間帯が遅ければ、お疲れさまです)。今日からこちらでお世話になります、●●●(あなたの名前)と申します。よろしくお願いします」となります。これだけでも十分相手に伝わりますが、何か自分なりの言葉を添えたいと思うなら、「慣れるまでご迷惑をおかけするかもしれませんが、少しでも早く皆さんのお役に立てるようがんばります」「早く仕事に慣れるようがんばります」「一生懸命がんばりたいと思っています。ご指導よろしくお願いします」など、挨拶と一緒に抱負や意気込みを述べるとよいですね。もちろん、最初と最後にお辞儀をすることは忘れないようにしましょう。

自分をアピールしたいなら、特徴ある一言を入れてみる

短く簡潔に、が理想の自己紹介ですが、あなたと同時入社の人がいれば、もしかしたら挨拶の内容が被ってしまうかもしれません。自分を主張したいなら、基本の挨拶の中に特徴的な一言を入れてみるのはどうでしょうか。オーソドックスなのものでは前職、出身地、どこに住んでいるかなどですが、特技、趣味などを言うと同じ趣味の人が話しかけてくれるかもしれません。また、名前にまつわるエピソードや見た目とのギャップネタなど、たった一言入れるだけで「この人楽しい人だな」と良い印象を持ってくれるはずです。しかし自虐をやり過ぎたり、ウケを狙ったものまね、一発ギャグなどは失笑を買うだけなのでやめておきましょう。あなたの価値を下げてしまうかもしれません。

内容だけじゃなく、話し方にも注意しよう

どんなにイケてる挨拶を考えても、話し方によっては全てが台無しになってしまいます。話すのが苦手だからって、恥ずかしそうに俯いたり、早口になったりしていませんか。また、小さな声でボソボソ喋ってしまえば、「この人大丈夫かな?」「仕事続けられるのかな?」と心配されて、印象は悪くなります。大勢に注目されるのが怖いのなら、自己紹介は名前とよろしくお願いしますだけで大丈夫です。その時は、顔を上げ、大きな声で明るくハキハキ話しましょう。笑顔でいるだけで、あなたの第一印象はぐんとよくなります。緊張しやすい人なら前日から話すことをじっくり考えて、頭の中で挨拶の様子をイメージすることで不安は薄れていくはずです。

 

初日の挨拶は、気持ちよく仕事を始めるための第一歩です。挨拶なんて適当でいいと思わず、あなたらしい自己紹介をして好印象を持ってもらえれば、仕事を教える人も楽しく指導してくれます。長く快適にパートを続けたいのなら、まずは初出勤の挨拶から考えてみましょう。

看護師として働くなら、家庭と両立?それともキャリアアップ?

働き方のキホン

何を選んでもいいようにきちんと下調べをしておこう

f:id:edit_sirason:20170201112944j:plain

看護師が復帰をするならどの施設がよいのでしょうか?近年は病院、クリニック、介護施設、訪問看護ステーションなど働く場所はいくつもあります。しかし、心機一転して新しい場所を選ぶ人がいる一方、以前働いていた場所に戻る人もいますよね。病院勤務も例外ではなく、ブランク明けの看護師が大勢働いています。しかし時間の都合がつきやすく、パート求人の募集も多い介護施設や訪問介護の看護師は、家庭との両立がしやすいと考えられていますが、病院勤務では両立ができるでしょうか?また、復帰となればキャリアアップを目指したい人もいると思います。病院勤務ならどの診療科がよいのか、そしてキャリアを積むならどうすればよいのか考えてみましょう。

家庭と両立したいならどこで働く?

独身時代と違い、一般的に結婚後は自分のために使える時間が少なくなってきますよね。しかし、家事を疎かにせず働きたいと思っている人は多いと思います。午前中や午後のみの勤務など、時間の都合がつきやすい介護施設や訪問看護に従事するのもいいですが、病院も選択肢のひとつに考えてみてはどうでしょうか。まず、忙しいというイメージで敬遠されそうな病院勤務ですが、多くの看護師が働いているためほとんどの施設がシフト制をとっており、時間の融通が効きます。また、同じ世代やママ看護師が増えてきていることもあり、子育ての相談ができたり、子どもの学校行事や突然の病気で休みをとっても理解をしてくれる人も多いです。大きな病院だと残業も少なく、24時間体制の保育所を設置しているところもあり、予想外のことが起きてもサポート体制が整っているところがあります。家庭とパートを両立したいママさん看護師にとって病院は安心して働ける場所ですね。

病院で仕事を探すならどの診療科?

病院勤務を選んだ場合。では、どの科なら働きやすいでしょうか。パートの場合、【時間の融通が効く】【責任が少ない】【時給が高い】【残業が少ない】【休日が取りやすい】などを念頭に置いて応募先を探している人が多いと思います。病院には内科・外科・眼科・皮膚科・産婦人科・小児科・整形外科・泌尿器科などさまざまな診療科があります。また、外来や病棟もあります。それぞれ体制や仕事内容が違ってくるため、良いところや悪いところを確認しなくてはなりません。例えば、病院内でも病棟勤務では基本的に夜勤があるため、子どものいる看護師にとってはネックとなってしまいます。しかし、外来では夜勤が少なく定時で帰宅できることが多いため、ママさん看護師が多く働いています。一方、診療科の中では内科や外科、整形外科、人工透析科の人気が高いです。しかし、内科は残業が多く一般業務をこなすためスキルアップが難しい。外科は患者の入れ替わりが激しく常に勉強が必要。整形外科は救急患者を受け入れている病院だと術前術後の管理をしなくてはならず多忙。人工透析科は何年も病院に通っている患者がほとんどのため、コミュニケーションスキルが必要になります。このように人気がある科であっても、デメリットはあります。求人を探す時期によって、募集している病院や就業できる科は違うため、自分がどんな場所でどんな体制で働きたいかをよく考え、応募先を決めましょう。

将来を考えるならどの資格?

看護師の資格があるからパートで働きたい。だけど、それだけで終わるのは嫌。そんな風に考えている人は少なからずいると思います。もしそうであれば、キャリアアップを考えてみませんか?病院にはたくさんの診療科があるため、専門的な知識と能力を持つプロフェッショナルの看護師が必要となってきます。看護師のキャリアアップの代表的な資格に、特定の看護の分野で熟練した看護技術と知識が持つ認定看護師、患者個人や家族など医療に関わる人間関係のトータル的なケアを行う専門看護師があります。両資格とも持っていると、高度な医療施設に転職できたり収入が増えたりとメリットはありますが、5年以上の実務経験や専門看護師の場合は大学院に通うことが資格取得の必須となるため、難関資格とも言われています。一方、高収入を得られることや独立して助産院を開業できることで助産師の資格も人気です。そのほかにも、取得するのに比較的ハードルが低い資格や転職に有利な資格もあるため、今の自分ならどの資格を目指すことができるかを考え、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

パート看護師といっても働く場所・夢は多様です。子が手を離れてからでも、育児休暇中に勉強してからでもできるので、あなたに合った選択をしてみてください。

忙しい主婦を救ってくれる!?家事代行を使ってみよう

働き方のキホン

お手軽な価格もあり。まずはお試しから初めてみては?

f:id:edit_sirason:20170113165857j:plain

ドラマや映画などで家事代行(お手伝いさん)を雇う家庭は富裕層と設定されるため、お手伝いさんのいる家=ある一定数の家のみ、と思っている人が多いですよね。しかし、近年は家事代行会社がいくつもできたことで、低料金でサービスを受けることができるようになりました。どんな家庭でも依頼することができ、また、共働きの家庭だけではなく、独身者や単身赴任者なども使うようになり身近な存在になっています。ですが、まだまだパートママは仕事をしつつも家事もきちんとこなすことが理想的と思い、家事代行を使うのに負い目を感じる人もいますよね。家事代行サービスがあなたの生活にどんな変化をもたらすのかを知ると、使ってみたくなりますよ。

子育てと家事で生まれたイライラが消滅!

パートを始めると今まで行っていた家事に加え、毎日家から離れて仕事に向かわなくてなりません。そうなると、自然に自宅にいる時間が減ってきますよね。一日の大半を職場で過ごし、子どもとは朝と夕方以降しか一緒にいることができなくなります。また、仕事でヘトヘトになって帰宅することもあるので、料理・洗濯・掃除も毎日することはできなくなり、休日に全て行うことになれば子どもと遊ぶ時間もなくなってしまいます。夫に少しでも家事を任すことができるのなら負担は減りますが、難しい家庭もありますよね。誰も助けてくれず一人で育児とパートをする日々が続くと、次第にイライラが蓄積し、夫や子どもにストレスをぶつけてしまい家庭内が険悪になっていきます。もし、家事代行を使ってイライラの原因である家事を任せてしまえば、心にゆとりを持つことができ、家庭も明るくなります。空いた時間を子どもや夫のために使うことができますし、余裕があれば自分だけの時間に費やすことも可能です。家事に費やす時間を買うことによって、家事代行サービスはあなただけではなく家族の生活をも快適にしてくれます。

何が心配?デメリットも調べてみれば問題なしって思えてくる

家事代行で一番気になるところは【代金】ですよね。生活を豊かにするためにパートをしているのに、家事代行を使ったばかりに貯金ができなくなるのは意味がありません。家事代行サービスが普及する前は高い代金を支払うことになっていましたが、近年は業者が増えたことで平均的に1時間2000円前後の低価格でサービスを受けることができます。また、週に1回など定期的に利用するなら定期料金となり、一回分の代金は安くなります。サービス内容も初回お試しプラン、スタンダードなプラン、各家庭の好みに対応したオーダーメイドプランなど、代行会社によってさまざまなサービスを展開しています。自分で行えば家事は無料で済みますが、プロの掃除は部屋を隅々まできれいにしてくれ、掃除テクニックも教えてくれるため、お金を支払ったからこそ味わえるサービスです。一方、家事代行でもう一点気になることは、【他人を家に入れることに抵抗がある】ではないでしょうか。盗難や個人情報の流出を心配したり、どんな人が来るのか恐怖を感じる人もいますよね。家事代行会社では申し込み後、カウンセリングや無料打ち合わせを行い、その後プランに適したスタッフが伺います。代行会社によってはHPやメールでスタッフの詳細を知ることができるため、安心して家事代行の当日を迎えることができます。

掃除、料理以外にこんなことまで頼める

家事代行のサービスで真っ先にイメージするのは掃除ですよね。あくまでも日常的な掃除の範囲内の掃除をモットーにしており、キッチン、ダイニング、リビング、廊下・玄関、トイレ・バスなどの片付け、水周り、床の掃除を依頼することができます。次にイメージするのは料理ですが、朝・昼・夜の食事の準備、下ごしらえ、作り置き、パーティーの準備、買い物なども頼むことができます。家事代行会社によっては洗濯からアイロン掛け、シーツ交換、縫い物、ゴミだし、公共料金の支払い、郵便・荷物の受け取り、整理整頓、子どもの送迎なども請け負ってくれるため、代行会社を詳しく調べてからサービスを申し込みましょう。依頼者の在宅中だけでなく、鍵を預け不在時でのサービスも可能な場合もあるので、代金の変動も詳しく見ておきましょう。

 

家事代行は自分の時間もとれず、毎日忙しく働くパートママをお助けするサービスです。初めはどんな人が来るのかが不安かもしれませんが、厳しい審査と研修を受けたスタッフが来るため心配はいりません。また、家事が苦手な人にとっても家事代行を使うことでストレスが軽減し、毎日をゆったり過ごすことできます。必ず自分が家事をしなくてはいけないという考えをせず、家族全員がリラックスできる生活を目指すために家事代行サービスを利用してみてはいかかでしょうか。

いつも行く店と違うの!?病院内にある売店やコンビニってどんな所?

働き方のキホン

買う人のニーズに合わせた商品と接客の仕方が必要

f:id:edit_sirason:20170110104803j:plain

売店・コンビニは多くの人が集まる場所に作られています。そのため駅前、街角、ビルの中などにあるのを思い浮かべてしまうでしょうが、病院にも入っていることはご存知でしょうか?街のクリニックにはありませんが、総合病院、県・市が運営している病院、大学病院など大規模な施設であれば売店、もしくはコンビニが設置されているところがほとんどです。そのため店舗で働く求人も募集されており、従事している人はたくさんいます。ここでは病院へあまり行かない人も、今後求人応募を探す際活用できるよう、病院の売店についてご紹介していきます。

扱う商品が街の売店とは異なります

街の売店では食品、日用雑貨を筆頭にさまざまな商品を陳列していますが、病院内の売店は少し違っています。病院にあるため基本的にお客様は入院患者、患者の家族、見舞い客、医師や看護師などの職員、外来の患者です。街とは違い特定のお客様となるため、販売する商品に必要なものと必要ではないものが生まれてきます。必要なものとして、日用雑貨では寝間着・吸いのみ・コップ・お風呂セット・入院セット。また、衛生用品は必ず扱っており、ガーゼや防水テープ、使い捨て手袋、おむつ、パッドなどもあります。雑誌はファッションや情報誌もありますが、病気・健康関連の書籍を置いている店舗もあります。一方、食品は弁当・おにぎり・パン・飲み物・お菓子とほかの売店と同様のものを販売しており、一部アレルギー対策された食品も扱っています。では、反対に必要でないため店頭には置かれていないものは何でしょうか。それはアルコール・タバコ類です。患者によっては関連する病を患っている人もいるため、販売を禁止しているところがほとんどです。

仕事内容に差はなし。しかしお客様とのコミュニケーションは大切

病院内の売店は求人募集内容を見ると、接客・レジ・清掃・商品陳列・在庫管理・発注業務といった一般的な売店やコンビニと同じです。就業先の店舗によっては現金のみの支払い、宅配便の取り扱いなし、ATM・チケット発券機がないところがありますが、大手チェーンのコンビニが設置されている場合はATM、公共料金支払、宅配便受付、コピー、FAX、各種クレジットカード、電子マネーなども使え、街にあるコンビニと変わりません。そのため、さまざまな業務を覚える必要があります。また病院内にあることで、売店は不特定多数のお客様ではなく、利用するのは限られた方となっています。毎日来店される方もいるため自然と顔見知りになり、お客様から声をかけられることは珍しくありません。その時には不快な思いをさせないような対応を求められます。お客様と直接会話をする機会が多いことは、病院内売店の特徴の一つです。

基本は交代制!自分の都合に合わせて働くことが可能!

もし病院内の売店で接客スタッフのパートをするなら、扱っている商品、仕事内容のほかに気になることは勤務時間ではないでしょうか。時間の幅は店舗にもよりますが、早朝・午前・午後・夕方・夜と区切られ何人かで交代して働くシフト制を導入しています。そのため、自分の生活に合わせて好きな時間帯を選んで働くことができます。また、求人募集の要項には未経験OK、週3や4日から可能、早朝は時給アップ、食事手当てつきなどが待遇に入っていることもあります。一方、働き方はほぼ街にある売店やコンビニと同じですが、面接時は異なることもあります。一般的な店舗は直接店長などの面接を受けることになりますが、病院の売店では店舗事業を請け負っている企業で面接を受けてから、派遣される形で就業することもあります。そのため、求人応募をする際には面接場所の確認を怠らないようにしておきましょう。

 

いかがでしたでしょうか。病院の売店といっても、普段利用している街の店舗とあまり変わらないですよね。ただし、ひとつだけ気をつけておかなくてはならないことがあります。病院という閉鎖された空間のため、院内感染が気になる方もいるかと思います。インフルエンザが流行する時期には自身でマスク着用・うがい・手洗いを心がけて、感染やお客様にうつさないよう接客することが大切です。