読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不採用が続くのはなぜ?パートが決まらない人の共通点

しごと探しのキホン

まずは、“採用されない理由”を考えることから始めましょう

f:id:edit_sirason:20160803132544j:plain

面接で、笑顔でハキハキと答えているはずなのに…なぜ不採用なの?

お子さんがまだ小さいと、不採用の理由とされることが多いのは周知の事実ですが、そうではない場合、ほかの理由があるはずです。

何度パートの面接を受けても不採用になってしまう人は、焦る前に、一度立ち止まって、不採用になる理由を考えて、その対策を練ってみましょう。

その求人はあなたを求めていますか?

求人サイトや求人誌、お店に貼り出されている募集など、パートを探す手段はたくさんあります。

その中からパートを探すとき、多くの人が気にするのは「勤務場所」や「時給」だと思います。けれども、少しでも採用される確率を上げたいのであれば、「○○歓迎」「○○活躍中」の部分や、「写真」にも注目するようにしましょう。なぜなら“本当はどのような人を求めているのか”そのヒントを得られるからです。

「雇用対策法」や「男女雇用機会均等法」により、原則、求人に年齢制限をつけたり、性別の限定をつけたりすることが禁止されています。そのため、企業側は求める人物像を明確に打ち出すことはできませんが、「40代活躍中」と書いたり、従業員の集合写真を女性のみにして、女性を求めていることを暗に伝えたりすることはできます。

これらをヒントに“企業は40代の女性を採用したいはず”と推測して、自分がその条件に合っているのなら応募してみる、というのも採用確率を上げるひとつの手です。

パートでも「企業研究」は重要です

新卒の就職活動を体験した人ならば、一度は「企業研究は絶対にするように」と言われたことと思います。これはパートの場合も同様です。

「家事や子育ての合間で履歴書も書かなければいけないのに、企業研究まで!?」と思うかもしれませんが、せめて、その企業のHPがあるのなら、応募する前に必ずチェックするようにしましょう。

いくら条件面が希望に合っていても、その業種自体に全く興味が持てなかったり、企業の考え方に共感できないところがあったりすると、採用されたとしても仕事が苦痛になってしまう恐れがあるからです。逆に、条件面と希望にズレがあっても「仕事以外でも役に立つことが身につけられそう」などと、前向きな妥協点を見つけられるかもしれません。

また、飲食店など、お客さんとして職場見学ができるところならば、どんなお店なのかを実際に見てみるのもおすすめです。自分がそこで働く姿を想像できるかを基準に、お店の雰囲気を体感してみましょう。

「転職回数が多い」=「経験豊富」とは、基本“なりません”

基本的に転職回数が多い人は「すぐに辞めてしまいそう」と敬遠されるのは事実です。

そのデメリットをカバーするために「転職回数が多いので、その分経験豊富です」というアピールをする人もいますが、一社当たりの在籍期間が短いと、浅い経験を積み重ねているだけと思われるのが関の山です。

期間限定の募集でない限り、企業は長く勤めてくれる人を求めます。なぜなら、新しい人を迎える度に仕事を教える手間は負担以上の何物でもないからです。

ただ、転職の理由が結婚や出産などの場合は、単なる自己都合の退社とは区別されるので、履歴書にはその旨を明記するようにしましょう。

「正社員じゃなくてパートだし、合わなければ辞めればいいや」という考えで、仕事に就いては辞めるのを繰り返すと、後々「長く勤めたい」という考えに変わった際に、不利に働くことを肝に銘じておいてください。

結婚・妊娠などの都合があり、長期では働けないけれども、仕事はしたいのであれば、期間限定の派遣の仕事などを選ぶようにしましょう。

このような事情で期間限定の仕事を積み重ねる分には、いざ長期で働けるようになったときに「一緒に働く人に迷惑をかけないように気遣いのできる人」という好印象を企業側は抱くはずです。

「人柄重視」といえども「外見」も重要です

「人は見た目が9割」とはよく言ったもので、いくら性格が良くても、外見の印象が悪いと、結果「不採用」になってしまいます。

「外見」といっても、顔のつくりや体型ではなく、主に「清潔感」のことです。

面接でいくら人柄の良さをアピールしても、髪はボサボサ、服はしわくちゃでは「清潔感のない人」という印象しか残りません。

たとえ風が強かったから、電車が混んでいたからなどの事情があったとしても、企業には関係ありません。

風が強い日なら、面接の前に髪を整えられるよう余裕を持って家を出ればいいし、電車が混みそうなら、しわになりにくい服を選べばいいのです。

「清潔感」に言い訳はできません。日頃から清潔感を保つ意識を持ちましょう。

オシャレをしながら働ける! 服装や髪型・ネイルOKのパートとは?

しごと探しのキホン

おすすめの仕事と、面接の注意点

f:id:re_design:20160721175142j:plain

結婚・出産を経て子供が成長し、自分の時間が増えてくるとともに、ファッションはもちろん髪型やネイルにもこだわりたいと思うようになる主婦の方も多いでしょう。その際仕事のために、オシャレをすることは諦めなければならないのかと不安に思う方も少なくないものです。そこでここでは、服装や髪型・ネイルが自由な仕事について、ご紹介します。

服装や髪型・ネイルOKの仕事とは?

オシャレを楽しみながら働けるパートの仕事には、大きく分けて2つあります。
1.服装や髪型・ネイルが個性となり、その職種や職場の魅力を増大させる要素の一つになる仕事
2.仕事中に顧客など外部の人との接触がない仕事
具体的には、以下のような仕事です。

アパレルショップでの仕事

アパレルショップをはじめファッションに関わる仕事は、服装はもちろん髪型やネイルが自由な職場が多いものです。ただし、それぞれの職場(取扱商品やブランド)のイメージやテイストを大きく逸脱しないことが必要になります。その職場で取り扱っている商品を身に付けなくてはならない場合もあるでしょう。したがって、ご自身のセンスや嗜好と似ているショップを選ぶことが大切です。

テレフォンオペレーターの仕事

顧客と直接対面することがなく電話対応のみのテレフォンオペレーターの仕事も、服装や髪型・ネイルが自由な場合が多いものです。ただし、例えば電話と同時にパソコンの入力作業も行うような場合、長い爪では作業がしにくいものです。テレフォンオペレーターは顧客とリアルタイムで迅速かつスムーズに対話をすることが重要な仕事なので、あくまで仕事に支障がない範囲でのオシャレを心掛けましょう。

工場や倉庫での軽作業スタッフ

こちらもテレフォンオペレーターと同様、顧客と対面することがないため、服装や髪型・ネイルが自由な場合が多いものです。ただし力仕事があるため、短いスカートや長い爪では仕事がしにくい可能性もあります。特に食品を扱う工場では、ネイルや長い髪を束ねずにいることは禁止されていることが多いものです。求人情報で、どのような商品を扱う職場なのかをチェックするといいでしょう。

この他にも、コンビニや居酒屋のスタッフ、スポーツジム・エステサロン・美容院などの受付の仕事も服装や髪型・ネイルが自由な場合が多いものです。ただし、店舗や職場によってその自由度合いは異なるため、応募前に実際に職場を訪れて確かめたり、採用担当者に問い合わせてみたりするといいでしょう。

服装や髪型・ネイルOKのパートの面接を受ける際の注意点

アパレルショップの販売員など、センスや個性が評価される一部の職種を除いては、勤務時に服装自由の仕事であっても、面接時には落ち着いた服装で臨んだほうがいいでしょう。必ずスーツを着用しなくてはならないわけではありませんが、私服でも露出や色味を抑えたものを選びましょう。 なお、株式会社アイデムの調査によると、採用担当者が面接時に重視するポイントの上位は、積極性(76%)・挨拶(69%)・はっきりとした返事(69%)・服装と身だしなみ(68%)となっています。

この結果からも分かる通り、面接時の服装や身だしなみは重要なものです。十分に好印象を与えるための要素としても服装や身だしなみで清潔感や誠実さを示すことは大切ですので、意識して整えるようにしましょう。

 

以上、服装や髪型・ネイルOKの仕事についてご紹介しました。
オシャレを諦めずに働ける職場は、意外に多くあることがお分かりいただけたかと思います。求人情報でもその点は大きくアピールされていることが多いので、ぜひ積極的に探してみてください!

ブランクがあっても大丈夫! 幼稚園のパート

しごと探しのキホン

採用の鍵は、経験と熱意のアピール

f:id:re_design:20160721153830j:plain

子供が好き・子育て経験を活かしたいなど、幼稚園での仕事は子供を持つお母さん方にとっても、魅力のある仕事ではないでしょうか。

そうはいっても資格や経験がないとダメ? 勤務時間や待遇はどんな感じ? と、いろいろと気になる方も多いことでしょう。そこでここでは、幼稚園でのパート勤務の実態について、ご紹介します。

どうやって探す?

どんな職種がある? 幼稚園での仕事は一般のアルバイト・パート求人情報検索サイトのほか、自治体によっては「東京都私立幼稚園連合会」のように、まとまった情報を提供している団体もあるので、それらを参考に探してみるといいでしょう。
幼稚園教諭保育士は免許制であり、その取得には大学や短期大学・専門学校での単位取得が必要となります。一方、教諭の補助や助手・保育アシスタントなどのポジションは資格を問わない場合がほとんどです。また少ないながら、幼稚園の事務を担当する職員や送迎を担当する運転士の募集もあります。

待遇・勤務条件は?

幼稚園でのパートの待遇は地域や園により様々、かつ資格の有無によっても異なるため一概にはいえません。一例として東京近辺の場合では時給1000円~1200円程度が多く、勤務時間は週1~2日から週5日勤務までと様々です。
また、子供のいる方には夏休みなどの長期休暇が取れるか否かも気になるところですよね。園児が休みの間は職員も休みという園もあれば、休業期間中も預かり保育を実施して、職員が交代で出勤する園もあります。応募する際には通常の勤務時間や待遇だけではなく、長期の休みを取ることが可能かどうかも確認するといいでしょう。

経験と熱意のアピールが何よりの面接対策!

結婚や子育てなどで数年間第一線を離れていた場合、面接で何を話せばいいのか、特に志望動機として何を言えばいいのかは気になるところです。 基本的には、即戦力となる経験者を求める傾向にありますので、面接では次のような点をしっかり伝えておくのがおすすめです。

これまでの経験

「0~3歳児の保育に関して7年間の経験がある」「3~5歳児の教室運営に5年間携わった」など、具体的な数字を交えて経験をアピールしましょう。また、自身のママとしての経験も貴重なアピールポイントとなりますので、子育てを経験する中で学んだことなどについての具体的な話も盛り込むといいでしょう。

ブランクとその理由、および現在はその状況が改善されたこと

雇用する側はまず大前提として、「長く安定的に働いてくれる人を雇いたい」と思っているものです。ですから、「子供を預かってくれる人がおらず、子育てのために一度は職を辞めたけれど、今は延長保育に対応している保育所が見つかったので復職したいと思っている」など、ブランクの理由と、現在は復帰の条件がしっかりと整っていることを明確に伝えるようにしましょう。

この園を選んだ理由

園にはそれぞれ、運営および教育方針や理念などに特徴があるので、必ずホームページなどを参照して下調べを行い、その園を選んだ理由を明確にしておきましょう。勤務条件の一致だけではなく、こうした部分の理解も周囲と協調して長く働いていくためには大切です。

面接の服装は私服でもOK

必ずスーツを着用しなければならないというわけではありませんが、色はグレーや紺・ベージュなど落ち着いたもので、ブラウスや薄手のセーターなど、派手すぎないものを選びましょう。また、子供と接する仕事ということをイメージしながら、アクセサリーやネイルなども華美なものは避けましょう。

 

以上、幼稚園でのパートの仕事についてご紹介しました。

ブランクのある方もこちらでご紹介した内容をヒントに、ぜひ自信をもって応募してみてください!

面接の合否連絡はいつ来る?

しごと探しのキホン

募集形態や面接担当者のタイプによって違う、連絡時期と合否サイン

f:id:re_design:20160721153048j:plain

緊張する面接を終えて気持ちが落ち着いてくると、「合格か否か」「連絡はいつくるのか」は、誰もが気になるものです。

面接時のあの態度は不採用? 数日のうちに連絡が来なければ不採用? など、巷でよく聞く噂に振り回されて、必要以上に一喜一憂してしまうこともあるでしょう。

そこでここでは、採用パターンや採用者のタイプや面接時のサインから、合否連絡待ちのモヤモヤした気持ちを軽減できるヒントをご紹介します。

採用パターンから合否通知がいつくるのか考える

50名採用! 100名採用! などの大量採用の場合

一度にたくさんの人を採用する場合、採用のスピード感が重視される場合が多いため、合否の連絡は、採用・不採用ともに当日や翌日など早い段階でされることが多いものです。なかなか連絡が来ない場合は合否ラインギリギリの可能性もあります。また大量採用の場合、双方の希望シフトが一致するかどうかを重視するケースも多いため、ご自身が出した希望と求人票に記載されている勤務条件を見比べてみるのもよいでしょう。

1名から数名の少人数採用の場合

この場合は欠員補充の募集であることが多く、人数を確保することより、自社の求めている人物像に近い人を採用することを重視しているケースが多いものです。そのため、すべての面接希望者をひととおり面接してから十分に検討して決定することがあり、合否連絡までに一週間ほど掛かってしまうケースも珍しくありません。

採用担当者のタイプから合否通知のパターンを考える

上記で述べた募集形態に加えて、採用担当者のタイプや職場の意思決定ルートによっても、採用者決定までのスピードは変わってきます。いち早く現場に人を配置したい場合には、少人数の採用予定でも先着順で「いいな」と思った人を素早く採用してしまうケースもあります。また、採用の決定権を持つ人が複数いる職場では社内での検討や承認手続きが長引き、合否連絡は遅くなってしまう傾向があります。

合格・不合格のサインを面接で見分けることはできるのか?

面接の場で合否を見分けることができたら、結果待ちの間の気持ちも少しは楽になりますね。巷でよく聞く合格・不合格のサインについて、その真偽と共に紹介していきます。

 

不採用の場合の話をされた

よくあるのは「不採用の場合でも履歴書をお返ししません」「不採用の場合はメールにてご連絡します」などの言葉です。不安に感じる方が多いようですが、これらの言葉は面接を行う上での基本的な連絡事項である場合が多く、選考結果の連絡方法(電話かメールかなど)と同様、すべての面接者に対して言っていることがほとんどです。悲観的に捉えないようにしましょう。

勤務日に関して具体的な話をされた

面接の最後に「いつから勤務可能か?」「水曜日と金曜日の週2回勤務はどうか?」など、勤務可能日や時間・勤務開始日などについて具体的な話をされた場合は、合格の可能性があるでしょう。合格の連絡とともに最初の出勤日の調整などを行うために、質問をしている場合が多いからです。逆に、面接の段階ですでに不採用が決まってしまっている場合には、こうした質問をされる可能性は低いでしょう。

面接官の態度が冷たかった、もしくは優しかった

面接官の態度は合否と比例しないことも多々あります。採用後のあなたに期待するがゆえに厳しく面接をするケースもあれば、今後あなたが自社のお客さんになり得るということをふまえて、不採用であっても丁寧で和やかな面接を行う場合もあります。

 

以上、面接の合否連絡のタイミングとそのサインについてご紹介しましたが、これらが絶対というわけでは、もちろんありません。例外や、会社の個別具体的な事情も様々にあるため、やはり結果が来てみないと分からないものです。

大切なのは、合否連絡が来てから後悔しないように、面接の場で持っている力を出し切ることです。そして面接を終えたら、あまり色々と推察しようとせず、心を落ち着けて待ちましょう。

面接は、雇用する側とされる側がお互いの相性を確かめる場です。それぞれに相性の合う職場・合わない職場があるため、合否の結果やそれまでの過程に振り回され過ぎず、前向きに、自分に適した職場をみつけていきましょう。

「どんな内容?」「どこで探す?」銀行でのパートの仕事を徹底解剖

しごと探しのキホン

経験者は高待遇。ただし未経験者にもチャンスあり!

f:id:re_design:20160721155442j:plain

事務系のパートを探していると、目にする機会が多いのが「金融事務」や「銀行事務」などと紹介される、銀行関連のパートの仕事。何だか気になりつつも難しそう・大変そうだから応募には尻込みしてしまう……という方は多いのではないでしょうか。

確かにこれらは「経験者優遇」と明記されているものも多く、未経験者は遠慮してしまいがちかもしれません。しかし、ひとことに銀行といっても様々な部署があり、それぞれ仕事の内容も違えば、募集基準も違います。

そこでここでは、求人情報だけでは分からない、銀行関連のパートの仕事の実情について、詳しくご紹介します。

仕事の種類は多彩

一般的に、銀行のパートの募集は職種別に行われます。募集している機会が多いのは、次のような職種です。

ロビー案内係

ATMや整理券発券機の側など常にロビーに待機して顧客を出迎え、手続きの案内をしたり、ATM操作に関する質問に答えたりする仕事です。接客スキルに加え、機械の操作や銀行で取り扱う業務全般を熟知している必要があるため、銀行業務経験者が好まれる傾向にあります。

窓口事務担当

窓口を訪れる顧客に対し、預金の受け入れや支払い・振込みなどの事務処理全般を担当する仕事です。迅速かつ的確に処理を行うことはもちろん、顧客からの質問に答えたり、保険や投資信託などについての問い合わせがあった場合にはスムーズに担当者に引き継いだりする手際のよさも必要とされるため、銀行業務経験者を募集することが多くなっています。未経験者の場合には、事前に2~3ケ月の研修があることがほとんどです。

窓口の後方や事務センターでの入力担当

窓口の後方や事務センターで、預金口座の開設や手形の処理・税金の収納処理などの事務手続きを行う、いわば後方支援のポジションです。主な仕事は事務処理とそれに付随する入力作業などで、顧客と接することはありませんし、電話対応もないことが多いです。また、残業がほとんどないという特徴もあります。

一般事務

銀行本部や事務センター内でデータ入力や電話の取次ぎなどを行う事務の仕事です。特別なスキルが必要というわけではないので、銀行業務の経験は不問であることが多いです。ただし、銀行ではなくとも一般的な事務仕事の経験はあるほうが歓迎されるかもしれません。

未経験者が取り組みやすいのは裏方系の入力担当・一般事務

以上の通り、特に直接顧客と接する窓口事務・ロビー案内係については、銀行業務経験者限定で募集している場合が少なくありません。一方、データ入力がメインの裏方業務や一般事務は、経験者優遇ではあるものの、同時に未経験者も募集している場合があります。これらは顧客対応もなく、業務内容を一度覚えてしまえば同じことの反復となる業務が多いので、未経験者でも比較的取り組みやすい仕事といえるでしょう。

募集情報は求人情報サイトや銀行ホームページをチェック!

銀行関係の求人情報は、各種求人情報サイトに掲載されているほか、各銀行のホームページで直接募集していることもあります。働きたい地域が決まっている場合には、その地域にある銀行のホームページをチェックしてみるとよいでしょう。

時給は職種によりまちまち。一般の事務仕事よりはやや高め

時給は職種によって異なり、一般的には「窓口業務>ロビー案内係>事務センターでの入力担当≧一般事務」となっていることがほとんどで、即戦力となる経験者を特に歓迎する職種は高待遇となっています。具体的な金額は各銀行や地域によって異なりますが、例えば一般事務でも、企業などでの一般事務に比べるとやや高めとなっている場合が多いものです。

面接にはスーツで臨もう

通常、パート勤務の採用面接ではスーツを着用する必要はないのですが、銀行のようなオフィスワークの職種の場合には、スーツを着用するのがおすすめです。色は黒やグレーなど落ち着いたものが無難ですが、清潔感があり派手すぎなければ、ベージュなど明るい色調のものでもよいでしょう。

 

以上、募集内容だけでは分かりにくい銀行でのパート勤務について、ご紹介しました。

職種は様々にありますが、各職種の業務内容はどの銀行でも似通っている部分が多いものです。一度経験しておけば他の銀行でも活かせるというメリットもありますので、未経験の方も、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。