読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしゃれでカワイイ!?パン屋の仕事。本当のところは?【その2】

しごと探しのキホン

パン好きよ、集まれ!パン屋で働くからこそわかる秘密

f:id:edit_sirason:20161205155303j:plain

コンビニやスーパーなどと同じく接客販売を行うパン屋。扱う商品は違いますが、仕事内容は基本的に変わらないですよね。それならパン屋を選ばなくてもいいや、と思う人もいるのでないでしょうか?しかし、パン屋で働くからこそ知ることができたパンの秘密、ほかのジャンルの店では得られなかったパン屋ならではのメリットはたくさんあります。些細なことから、もっと前から知っておけばかよかったと思えるものまで、【その1】にはなかったものをいくつかご紹介します。今以上にパン屋について知っておけば、パート先を探しているあなたにとって有益な情報になるかもしれません。

ただパンを売るだけじゃない。こんな頼み事も受けます!

パン屋の仕事はレジ打ちに袋詰め、商品の陳列をしますが、それ以外にもお客様の対応をしなくてはなりません。何が人気のパンか、原材料は何か、焼き立ての時間はいつかなど尋ねられたらすぐに答えられるように、スタッフは店や扱っている商品について常に勉強しています。そのため、バイトやパートのスタッフであっても、質問をしたらきちんと対応してくれます。しかし、口頭で聞くことはあっても何かを直接お願いすることはあまりないですよね。そう多くの人が思っているようですが、ほとんどのパン屋ではお客様の要望があればさまざまなことを請け負ってくれます。例えば、カットされていない食パンを買う人は自宅で好みの厚さに切っていると思います。うまく包丁で切ることができればよいですが、失敗してしまうこともありますよね。それならばパンを購入する時に頼んでみましょう。好きな厚さを言えばその幅でスライスしてくれます。また、食パンだけではなく具材の入っていないフランスパンなど硬いパンも同様に切ってくれます。焼き立てパンの注文や大量のパン注文、予約も無理な要求でなければ引き受けてくれる店舗もあるので、知っておくと便利です。

お得感あり!!パン屋さんで働くメリット

食べ物を扱う店で働くことになれば、もしかしたらタダで商品がもらえるかも…?と、一度は考えますよね。パン屋も例外ではありません。客の立場から見れば羨ましいと思う人もいるでしょう。しかし現実はそれほど甘くなく、売れ残ったパンは全て破棄するかチェーン店舗であれば工場に返却して処理してもらう店舗が多数です。中には賞味期限前であればパンをもらえる店舗もありますが、一般的ではないのでパンをもらえることが当たり前のような考えで働くことはやめましょう。しかし、タダではないですが割引制度を導入している店舗もあるため、安くパンが手に入ることはパン屋パートの利点です。家事を任されている主婦であれば家計が助かりますね。

知識を吸収!パン屋だから知っているパンの雑学

毎日、同じ物を見たり触ったりしていると自然とついてくるのが知識です。パン屋ではパンについての雑学が吸収できます。例えば、フランスパンを購入する時、一緒に透明な袋ももらいますよね。これは食べきれない分はすぐに冷凍保存(適度な厚さに切ってから)できるようにサービスで配布しています。パンは水分が多く、あまり日持ちのしない食品のため常温保存よりも冷凍保存に向いています。冷凍しておけば長期間の保存が可能になりますし、まとめ買いをしても安心です。保存方法も簡単で、食パンなら一枚ずつ、小ぶりなパンならそのまま食品用ラップフィルムに包み、保存袋に入れて冷凍庫へ。食べる時は凍ったままトースターで焼きましょう。実はパンは焼き立てが一番おいしいわけではなく、食パンなら8時間から半日、フランスパンやクロワッサン、デニッシュなら1から3時間置いた方がもっとおいしいといわれています。そのため、時間が経過してからパンを食べるのもよいですね。パン屋の仕事は販売スタッフであれば原材料、カロリー、製造に携わっていれば調理方法なども知ることができるため、日々の生活にも役に立ちますよ。

 

いかがだったでしょうか?パン屋で働いているなら当たり前のことかもしれませんが、知らなかったこともありますよね。もしパートで働くことになれば、パンについての知識はもっと増えていきます。パン好きはもちろん、普通に好きという人であってもパンマスターになれます!

おしゃれでカワイイ!?パン屋の仕事。本当のところは?【その1】

しごと探しのキホン

場所、仕事内容、時間、詳しく知るともっと働きたくなるかも

f:id:edit_sirason:20161201101707j:plain

パン屋の仕事は家事や育児に支障がでないようなシフト制の勤務が多く、未経験や年齢も関係なく始めることができるので、人気のあるパートのひとつです。パンの焼けたいい香りの中、かわいい制服で明るく楽しく仕事ができる。ベーカリーで働くイメージってこんな感じですよね。でも、早起きしなくてはならない、体力が必要になるなど負のイメージもついています。果たしてどちらが本当なのでしょうか?お店はどんなところにあり、どんな仕事をして、どんな働き方をするのかなど、パン屋についての詳しい情報を知って、これからの求人応募に役立ててみてはどうでしょうか。

パン屋はどこにでもあるのが強み!

もし「あなたの生活エリアにパン屋はありますか?」と聞かれたら、ほとんどの人があると答えますよね。自宅から徒歩圏内、駅前、デパート内、地下街、大通り沿い、ショッピングモール内など、街には一店舗以上あるところがほとんどです。その中には個人経営店、大手チェーンの系列店、国内や海外の有名ブーランジェプロデュースの店、イートインができる店、大きな駐車場がある店といったような、庶民的な店舗から個性的な店舗までさまざまなパン屋が開業しています。また、郊外の場合は大手製パン会社の工場もあります。パン屋が増えるということは、同時に求人も増えます。そのため、好きなパン屋、好きなパン、好きな場所などさまざまな理由で働く場所を選ぶことができます。自分のライフスタイルに合わせて応募できるのがパン屋の求人です!

基本はレジ打ち、中には製造の仕事も

求人広告を見ると、パン屋のパートで募集しているのは主に販売スタッフです。販売の仕事はレジ打ち、商品の袋詰め、商品の陳列、試食用の提供、トング・トレイの補充と消毒、店内の清掃を行います。イートインのある店舗ではドリンクをづくりや配膳をすることもあります。また、店舗によっては製造の仕事を任されることもあります。ただし、パン職人のように粉をこねて一から作る場合もありますし、焼くだけの状態で成形(冷凍の場合もある)されたパンをオーブンに入れる作業の場合もあります。そして販売スタッフ、製造スタッフともにパン屋の仕事で必須となるのは、商品の値段、種類を覚えることです。レジの機械によっては直接値段を打ち込むもの、パンの名前で押す場所が決められているもの、表に名前・種類で分類されたバーコードを読み取るものなど、さまざまです。値段を手打ちしなくても大丈夫なこともありますが、パンの名前は覚えていないと仕事が進まないため、必ず記憶しましょう。最近ではアレルギーを気にする方も多いので、パンの材料も覚えておくといいかもしれません。街中にある店舗について並べましたが、パンの製造工場ではライン作業の業務となり、材料の用意、用具の洗浄、梱包など、配置された場所によって仕事内容は変わっていきます。店舗であっても工場であっても肉体労働となるので、体調には気をつけましょう。

あなたの働きやすい時間を選択しちゃおう!

パン屋といえば朝が早い!と思いますよね。正にその通りで、店の開店時間にはパンが並んでいなくてはならないため、朝の勤務は焼く作業や陳列作業の時間をふまえた時間となっています。一方、夜は駅前、地下街、チェーン店となると遅くまで営業していることが多々あります。そのため、閉店後に片付けや清掃を行っていると終電間際の時間帯になることもあるようです。ほとんどのパン屋では朝、午前、午後、夜といったシフト制で勤務時間をわけていることが多く、空いている時間があれば都合を合わせることが可能です。また、朝も夜も難しい…と思っても3~4時間からの勤務でもOKのため、パートで働く人にとっては最適な職場かもしれませんね。

 

パン屋の仕事、想像通りの部分や違っていた部分もありますよね。詳しく知ると、パン屋は大変だな…と思えるかもしれません。しかし、メリットもたくさんあります。【その2】ではパン屋で働いているからこそ知り得たことをご紹介します。

短期のパート、どの時期に始める? クリスマス・バレンタイン……

しごと探しのキホン

季節のイベントは短期で働けるチャンス!

f:id:edit_sirason:20161118104906j:plain

ハロウィン、クリスマス、バレンタインなど……毎年、季節のイベントが近づいてくると、ショーウィンドゥのディスプレイが華やかに彩られ、自然と楽しい気分にさせられますよね。一方、街が賑わいムードになるこの時期は、短期のパートで効率よく稼ぐチャンス! 長期でやれるほど時間はないけれど、稼げるときに稼ぎたいという人は、この時期を逃す手はありません。

 

人気の短期パートですが、イベントに関連したものは、どの時期が狙い目なのでしょうか。そして、たくさんのライバルをおさえて、無事に採用される秘訣とは!? 今回は、季節ごとのイベントに合わせて募集される短期パートについてお話します!

短期のパートは季節ごとにいろいろ

イベントに合わせて求人が出される短期パートですが、具体的にどのような内容のものがあるのでしょうか。まずは1月~12月までに募集が多い求人を確認してみましょう。

 

1月 年賀状の仕分け、福袋の販売、試験監督など

2月 バレンタイン関連商品の販売

3月 ホワイトデー関連商品の販売

4月 引越しスタッフ

5月 GW時期のイベント設営、試食販売

6月 お中元の販売、ブライダル関連スタッフ

7月 お中元の販売、海の家などのリゾートバイト、祭りなどの警備

8月 海の家などのリゾートバイト、祭りなどの警備

9月 ブライダル関連スタッフ、引越しスタッフ

10月 ハロウィン関連商品の販売

11月 お歳暮の販売、試験監督

12月 お歳暮の販売、クリスマス関連商品の販売、正月関連商品の販売、試験監督

 

このように、1年をとおして季節ごとにさまざまな種類の仕事があり、それに合わせて求人が出されます。最も多いのは、やはりイベントが盛りだくさんの12月~2月中旬。この時期は短期で働きたいという方にとっては一番の稼ぎ時とも言えます。

採用されるための4つのポイント

季節のイベントに合わせた短期パートは、人気ゆえに競争率が高く、希望しても採用されずに落とされてしまうという話もよく聞きます。パート代をあてにしてレジャーや貯蓄の計画を立てていたのに、受からず予定が崩れてしまうなんて嫌ですよね。そのためにも、あらかじめ短期のパートに採用されやすい方法を知っておきましょう。

ではここからは、応募にあたって特に気を付けてほしい4つのポイントをご紹介します。

1.早め早めに応募する

人気の求人は、当然そのパートを狙っている人が殺到します。どこにしようか迷っているうちに時間がたってしまい、いざ応募してみたらすでに埋まっていた、なんて話も少なくありません。また、季節のイベントは、思った以上に早くから募集しています。たとえば、クリスマスは12月25日ですが、実際の業務は12月の上旬ごろから繁忙期となります。そのため、大体の企業は10月から募集しますし、早ければ9月からすでにはじめているところもあるのです。そう考えると、狙っているイベントの3か月前くらいから応募する準備をはじめておくのが良いかもしれません。または、もっと前から登録を済ませて他のイベントでパートの経験を積んでおくと、いざ本命の求人があったときに経験をアピールできるのでオススメです。

2.シフト希望はできるだけ多く出す

人事担当者の立場で考えると、短期とはいえ、なるべくたくさんシフトを入れて働いてくれる人のほうが採用したくなりますよね。もちろん、できないのにできると言う必要はありませんが、採用される前に勤務できる日を聞かれたときは、なるべく出勤希望日を多く出して、やる気をアピールすることが大切です。特にイベントの直前はかなり忙しくなるため、この期間に勤務できるかどうかは重要なポイント。あらかじめ日程調整して、プライベートの予定をなるべく入れないようにしましょう。

3.面接は明るく笑顔で!

季節のイベントに関連した短期パートは、お客さまを目の前にして接客する販売業務が多いため、明るい対応ができる人のほうが採用されやすくなります。ですから、面接時には笑顔で接客に向いていることをアピールしましょう。挨拶はもちろんしっかりと行い、声も大きめにハキハキと話すと好印象です。

4.健康面をアピールする

特に季節のイベントが多い冬の時期は、体調を崩す人が増えてくるため、人事担当者も応募してくる人が当日しっかり勤務できるかどうか気になっています。ですから健康面は積極的にアピールしましょう。たとえば、普段から風邪を引かないよう体を鍛えていることや、いざというときに備えてインフルエンザの予防接種を受けていることなど、体調管理に気を付けていることがあれば、上手に伝えられるといいですね。

どんな時期にパートを探すべき?ある特定時期に的を絞る

しごと探しのキホン

すぐ行動するのはよいが、時期を見極めることも必要

f:id:edit_sirason:20161107115958j:plain

欲しい商品を購入する時、すぐに手に入れずにバーゲンやシーズン後など、時期を待ったことはありませんか?世間の流れとは少しだけタイミングをずらすことで、得することがあったのではないでしょうか。パートの求人も同じようにタイミングを計って応募してみると、以前はうまくいかなかった職種や応募先であっても合格の可能性が高くなるかもしれません。一年の中で求人の多い時期、少ない時期は必ずあるので、まずはそのよい時期というのはいつなのかを考えてから、仕事を探してみるのもよいですよね。

働く人が切り替わる時期を狙う

ある仕事をしたいと思い応募しても、企業の採用人数に対して応募人数が多く、不採用になってしまったことはありますよね。自分に能力がなかった、応募先の会社とは合わなかった、などさまざまな理由が考えられますが、もし応募人数がもっと少なかったら受かっていたのでは?と想像したことはないでしょうか。そんなのは採用に関係ないと思われそうですが、応募数が少なければ採用される確率は増えるはずです。では、どんな時期が狙い目なのでしょうか。一般的に一年に二度、採用枠が増えるといわれています。正社員ではボーナスを貰った後、学生は新生活や就職活動を始めるため、一斉に辞めてしまう傾向があります。そのため1月~3月、7月~9月に大量の募集がでる可能性があります。もちろん正社員や学生アルバイトが辞めても、パートを希望するあなたのシフトの時間や業務内容とはズレが生じてしまうかもしれません。ですが、企業が人材を求めているのには変わりはなく、誰かが空けた場所があなたの場所になるはずです。もし、何度も不採用通知を受けているのなら、働いていた人が切り替わる時期を狙って応募をしてみましょう。

職種で変わる時期を狙う

求人募集は職種によって変わってくることもあります。基本的には人材の切り替え時期と同じですが、卒業シーズンと重なるため学生バイトの多い飲食店は2月、製造業は新規プロジェクトなどが立ち上がるため2月末から3月、9月頃に増えるといわれています。また、年末・年始やお歳暮の時期は繁忙期となるためスーパーやデパートは12月頃に募集が増える傾向があります。ただし、イベントに合わせた短期募集が多く、長期で働きたいのならば10月くらいから仕事を探した方がよいでしょう。12月はよほどのことがなければ募集の数を増やす企業はないため、ほとんどの求人雑誌・サイトでの募集は減少しています。一方、看護や介護など、医療関係の仕事は3~5月といわれていますが、人材不足や急に欠員が出ることもある職場のため、一年を通して常に募集されている職種です。このように自分がやりたいと思う仕事によって応募の多い時期を狙うのもよいかもしれません。

逆の発想!?あえて少ない時期を狙う

パートの求職者は4〜5月・9~11月に増加し、12〜1月・7〜8月は減少するといわれています。前者は子どもの手が離れたり、学校が始まったりする時期で後者は子どもが長期の休みに入る時期です。全てのパート求職者が子どもに合わせて仕事を探すわけではありませんが、多くの人が同じタイミングで仕事を探しています。そして求人募集も求職者の増加に合わせて多くなっています。もちろん募集が多ければ合格の確率も高くなるためこの時期に応募するのがよいでしょうが、あえて少ない時期を狙って応募することもチャンスを広げる手のひとつです。なぜならば求職者が少ない時期に企業が求人を出すということは、今すぐにでも人材が欲しいという場合が多く、また、応募してくれる人が少なければ企業が多少条件を緩めて採用を考えてくれる可能性もあります。求人が少ないから応募したい企業がないと決めつけるのではなく、あえてその中からあなたが希望する就職先を探し応募することもパート先を見つけるための近道かもしれません。

 

このように、一年の中でいくつも求人応募が増える時期があります。その時期にうまく合わせて仕事を探すことができればよいですが、子育てや家庭の事情でタイミングが合わないこともありますよね。そのためにはどの時期が働き始めるのによいかをあなたなりに考えつつ、常に求人情報をチェックして準備しておきましょう。

軽作業ってどんな仕事? 徹底解剖!

しごと探しのキホン

気軽にスタートできる仕事です

f:id:edit_sirason:20161019163043j:plain

何か仕事を始めようと思った時、気になるのは経験やスキルではないでしょうか。

「パソコンはあまり分からないし、接客業は苦手。なにもできることがない・・・」なんて落ち込むのは早計です。そんな方にこそ注目してほしいのが軽作業。

空いている時間にパパッとできて、特別高いスキルも必要としないため、主婦のパートワークとして選ばれているんです。

未経験からスタートできるのが何よりのメリット

軽作業にはどんな仕事があるのでしょうか。“軽”という文字が入るように、比較的軽い、重労働などはないようなイメージがありますよね。確かに体力をあまりつかわず、専門的な知識や資格なども必要ない業務がほとんど。未経験でもスタートしやすい仕事として人気です。

 

ただし、資格や経験があれば業務の幅が広がるのは事実。たとえば普通自動車免許を持っていれば構内の簡単な車両移動などができますし、フォークリフトの免許があれば倉庫内で活用できます。リーダーなど人を統率した経験を持っていれば、メンバーを取りまとめる役割として重宝されることでしょう。

その職種について知識や経験がなくても、使えるスキルはたくさんあります。誰にだって得意分野はあるもの。それを武器に、恐れず前向きにトライしてみてくださいね。

きっと見つかる、ピッタリの仕事

軽作業と一言でいっても、多種多様な仕事があります。

【軽作業の仕事例】

●検品作業
●ピッキング作業
●梱包
●仕分け
●製造補助
●ポスティング
●入出荷処理
●商品管理
●組立/加工
●運搬/搬入
●検査/点検
●箱詰め/仕上げ/出荷
●シール貼り

などなど数え切れないほどですね!

未経験でもできるとはいえ、慣れるまでは何がどこにあるのか分からなかったり、作業の優先順位が分からなかったり、オロオロすることもあるかもしれません。でもたいていは先輩スタッフがそばにいてくれますし、業種によってはマニュアルが整備されている場合も。

地道にこなしていけばやがて慣れて、業務効率もあがっていきます。焦らず少しずつ覚えていきましょう。

向いているのはこんな人!

難しいこともあまりなく、取り組みやすい軽作業。ですが仕事である以上、大変なこともやはりあります。

●一つの作業をずっと繰り返さなければならない
●職場によってはスピードと正確さを兼ねなければならない
●食品工場などは衛生管理に気をつかわないといけない
●ミスが許されない

どんな仕事もそうですが、特にミスやチェック漏れはしないように気をつけないといけません。一瞬の気のゆるみで不良品などが出荷されてしまえば、やがては会社全体のクレームに発生することもありますから気を引き締めていきましょう。逆にいえば単調作業と言えど責任感も必要な、大切な仕事なのです。

以上のことから、軽作業は下記のような方に向いていると言えます。

●コツコツと自分の仕事に集中したい
●じっとしているよりも体を動かして働きたい
●同じ作業を続けることが苦ではない
●短期間で稼ぎたい

もちろんこれらに当てはまらなくても、適さないというわけではありません。自分の仕事が業務の重要な部分を占めていると認識し、丁寧な作業を心がけましょう。

集中力が途切れた時、どうする?!

黙々と仕事をするのが好きな人に向いているとはいえ、やはり人間ですからあまりに長時間集中してはいられません。また最初は緊張していても、単純な作業が続くとどうしても集中力が途切れてしまいます。特に業務に慣れてくると、うっかりミスをしてしまいかねません。

そこで現役で活躍している人はどんな工夫をしているのか見てみましょう。

 ●タイムトライアルに挑戦してみる
「何時までにここまでやる」「同僚とスピード勝負をする」など。もちろん、急ぐあまりにミスがあっては本末転倒ですが、脳に刺激を与えるのも一つの手です。

 ●仲間と声をかけあう
会話をしながら進める職場ならよいのですが、個々が黙々とこなしている現場では時に頭がボンヤリしてくることも。仲間と積極的に声をかけあい、進み具合を確認している人もいるようです。

 ●ユーザーを思い浮かべる
どんな人が使うのか、その使っている人の笑顔などを想像すると、やる気が出てくるかもしれません。

 

他にも工夫できることは色々あります。自分なりに考えて、楽しく正確にお仕事していきましょうね。