読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実は隠れたメリットがたくさん!「休憩なし」パートをオススメする理由

しごと探しのキホン

休憩がないパートって?

f:id:edit_sirason:20170123162027j:plain

パートを始めたい皆さんにとって、大きな障害になっているのが時間の問題なのではないでしょうか。

「お仕事を始めたいけれど、家事や育児との両立に不安……。」
「子どもの保育園や幼稚園のお迎えに間に合うか心配…。」
「家事をやらなくてはいけないから、朝早く出勤することは難しいし…。」
「家族のために時間はしっかりと確保したい……!」

そんな声は主婦層のみならず、多くの働く人々共通のものなんです。
しかし、実はパートのお仕事の中にも時短勤務と呼べる働き方があることはご存知でしょうか?
それはずばり、休憩時間をカットするパートのこと! 

休憩時間をカットする、時短勤務は…… 

・フルタイムのお仕事よりも圧倒的に就業時間が短い!
・拘束時間が短いので、お仕事の前後に家事もしっかりできちゃう!
・体力的にも精神的にも、家庭に軸を置いてお仕事ができる!

というメリットがあります。
今回はそんな良いこと尽くめの時短パートについて、詳しくご紹介します。

時短パートをオススメする理由とは?

時短といっても、ただ単純に労働時間を減らせば良いというわけではありません。
家庭と仕事の両立を目指す方にオススメする働き方に大きく関係するのは、実は「休憩時間」のシステム。 

実は労働基準法で定められている規則には、 

・労働時間が6時間を超える場合においては45分以上
・8時間を超える場合においては1時間以上

の休憩をすることが定められています。
法律上での定めなので、これに違反した場合は雇用主も雇用者も罰せられることになってしまいます。 

しかし、逆を言えば『労働時間が6時間以下の場合は、休憩をとる必要がない』ということです。 

午前10時からのパートタイムでシミュレーションをしてみましょう。

①3時間勤務+45分休憩+3時間15分勤務=拘束時間は7時間、終業時刻は17時!
②6時間勤務+0分休憩=拘束時間は6時間、終業時刻は16時! 

つまり、6時間以下に労働時間を設定すれば、休憩時間分の拘束時間を減らすことが可能になります。
45分、1時間のゆとりはとても大きいですよね。
1時間早く帰ることができれば、保育園や幼稚園の送り迎え、買い物や料理、掃除などの家事にも余裕を持って取り組むことができそうです。

気になるお給料は?

「それだけ拘束時間が短くなってしまうと、お給料も減ってしまうのでは……?」 

なんて不安を持っている人もいるのではないでしょうか?
そこで計算をしてみましょう。
先ほど出した例を再び見てみましょう。

①3時間勤務+45分休憩+3時間15分勤務=拘束時間は7時間、終業時刻は17時!
②6時間勤務+0分休憩=拘束時間は6時間、終業時刻は16時! 

時給は拘束時間につくのではなく、労働時間に依拠します。
そのため、休憩時間にお給料は発生しないのが原則です。
労働時間は実質15分しか減っておらず、休憩時間だけをカットすることで終業時間のみを早めています。

これを時給(例として時給900円のパートの場合)に換算すると、その差額はわずか『225円』!!

225円のために45分~1時間も長く仕事場に残っていたことになります。
一日あたり225円お給料は減りますが、その分家族のために余裕を持って時間を作ることができる、と言い換えることもできますね。
実際にニーズに応える形で5時間~6時間の勤務時間でシフトをくむパートの求人も増加傾向にあるようです。

そのほかにもあるメリット!

実は平成28年10月1日から社会保険の加入対象が広がったことはご存知でしょうか?
パートタイマーやアルバイトのスタッフであっても、社会保険に加入しやすく制度が変わったのです。
具体的に言えば、将来もらえる年金の額が大きくなったり、医療保険の充実が期待できます。 

一週間あたりの所定労働時間(あらかじめ働くことが決まっている時間)が20時間以上であり、一ヶ月あたりの収入が88,000円以上であることが条件となります。
これらの条件を満たしていれば、健康保険に加入が可能になり、『出産手当金』や『傷病手当金』の受給ができるようになります。
働く女性にとっては心強い保障を受けられるようになるのです。
また、厚生年金保険にも加入できるようになることで将来に受け取ることができる年金の金額が大きくなることがあります。 

これらの保障を、より少ない労働日で受けることができるようにするための工夫としても『休憩なしパート』を検討してみるのもひとつの手ではないでしょうか?

「未経験」をマイナスにしない!頭ひとつ抜け出すパートの志望動機とは?

しごと探しのキホン

「未経験だから…」と選択肢を減らすのは損です!

f:id:edit_sirason:20170116115947j:plain

子育てがひと段落して「そろそろパートを探さなければ」と求人情報サイトや求人情報誌を見るあなた。「未経験可」の文字を見つけては仕事内容に目を通してみるけれど、経験者の方がどうしても有利に思えてしまう…。それなら経験のある職種を、とピックアップしてみるものの、シフトや時給などが希望と合うものが見つからない。そんなジレンマに悩まされている人は多いのではないでしょうか?

さて、理想的なパートを見つけるために必要なことは「選択肢を初めから絞り過ぎないこと」です。シフトや時給などライフスタイルに深く関連する部分を大きく妥協して、経験を生かしてできるパートを選んだとしても、後々、日々の生活に無理が出る可能性があります。結果、早々に辞めることになってしまっては、元も子もありません。

選択の幅を広げるために必要なことは「未経験の職種」も候補に入れることです。

最低限の条件をクリアする候補を洗い出しましょう

まず、経験の有無は気にしないで、興味のあるパートをピックアップします。その中から必要となる資格をチェックし、該当の資格を持っていない場合は候補から外しましょう。ただし、資格を取ってでもやってみたいという仕事があれば、資格の取得方法を調べて、挑戦するかどうかを検討するのもひとつのです。

次に、シフトや時給などを見て、あなたのライフスタイルに合うかを確認します。「土日に入れる方」「夕方もできる方」などの条件があったとして、どう考えても対応するのが難しい場合は、候補から外した方が賢明です。採用されたいからと面接でできると言っても、後々やっぱりできないとなったら、企業側に迷惑をかけることになります。また、あなたにとっても、短期間でパートを辞めて職歴を増やすのは、新たなパートを探すときに不利となります。

未経験でもそのパートを選んだ理由をハッキリさせましょう

次に、なぜそれを候補に残したのか改めて考えてみましょう。「仕事内容に興味がある」「前からやってみたいと思っていた」「未経験だけれどできそうな気がする」など色々だと思います。ここで大事なのは、このように思うのは何かしら自分に向いていそうな要素があるはず、ということです。例えば事務なら「家計簿を毎日エクセルでつけている」、飲食店のホールスタッフなら「初対面でも人見知りしない」など、職種に関連するなにかしらの特性があると思ったのではないでしょうか。

採用側は短期の募集ではない限り、長く働いてくれそうな人を探しています。そのため、向いていないからとすぐに辞めてしまいそうな未経験の人を採用するリスクは避けたいと考えているはずです。未経験でも、自分のこういう習慣、性格がこの仕事に向いているということを具体的に志望動機に盛り込むのが重要です。

ただ「家計簿を毎日エクセルでつけています」ではなく「○○や○○などの関数を使って作成した表で、その月の家計が赤字にならないよう毎日管理をしています」と、自分のエクセルに関する知識を入れ、さらにコツコツとした作業が苦にならないことをアピールするのもひとつの手です。

その職種に関連する資格を持っているのなら、もちろんアピールしましょう。

その会社に対する「愛着」を示しましょう

志望動機を構成する要素で、職種に関連する自分の特性のほかに重要なのが「その企業」を志望した理由です。正直なところ一番の理由は「家から近いから」「高時給だから」だったとしても、それのみを伝えるのでは熱意が感じられません。ほかの企業ではなく、その企業を選んだ理由を示しましょう。

例えば、家から近いカフェだとしたら「近所では子供連れで気兼ねなく利用できる唯一のカフェなので、以前から度々利用していました。子供連れのお客様がさらに心地よく利用できるようなサービスができればと思い応募させていただきました」など、その企業ならでは特長を盛り込むようにしましょう。事務や工場ワークなど、実際の仕事場を覗くことができない場合は、その企業のホームページなどをみて、事業内容や製品、企業の方針などを調べ、その会社ならではの部分に共感・関心を持って志望したことを伝えましょう。

 

仕事に生かせそうな自分の特性、さらに、その会社ならではの特長に対する共感や関心を詳細に盛り込むことで、あなたならではの志望動機ができあがります。
ウェブサイトからの例文を引用するのみでは、採用担当者の目はごまかせません。
あなたならではの仕事に対する熱意が伝われば、未経験でも決してマイナスにはならないので、興味はあるけれど未経験だからと候補から外すのはもったいないです。

未経験の職種に挑戦してみたいという気持ちが沸いたなら、ぜひ挑戦してみましょう。新しいあなたに出会うことができるかもしれません。

どこでも一緒じゃないの!?会社によって違う一般事務の仕事

ピックアップ しごと探しのキホン

簡単そうに思えて…実は奥が深い!人気オフィスワーク

f:id:edit_sirason:20161220105320j:plain

求人のランキングで必ず上位に入るのが一般事務の仕事です。ノルマなし、残業なし、比較的体力も使わないというイメージのため、パートだけではなく正社員、派遣社員からも人気があり、求人がでると応募が殺到します。しかし、難関を突破していざ一般事務の仕事に就いてみたけど、思っていたものと違った…という意見を聞くことがあります。それは一般事務がWord、Excel、PowerPointなど、パソコンを打ち込むだけの仕事だと思い込んでいるからなのではないでしょうか。一般事務といってもさまざまな業務内容があり、イメージ通りではない仕事をすることもあります。それは企業や部署によって異なっており、ひとくくりにしてはいけません。では、基本的なパソコン業務のほかに一般事務はどんな種類の仕事をするのでしょうか?

覚えておこう!職場によって違う事務の仕事

基本的に事務の仕事は、資料や契約書など各資料の作成、データ集計・入力、ファイリングといった社内業務がほとんどです。また、電話・メール、来客応対、清掃、コピーやFAXの送受信なども行います。しかし、これらは一般的な企業の場合で、ほかの企業では以下のような業務をすることもあります。

●公務員(役所や学校)…対「人」という構図の仕事が多く、役所では住民の生活(戸籍や住民票などの手続き、産業振興、地域防災・防犯など)、学校では生徒の教育活動(学校施設の管理、備品管理、生徒や講師の住まいを探すサポートなど)を向上させるための業務。
●外資系…英語や他の外国語で輸入品等の受注業務、納期の問い合わせ。
●町工場…荷物発送や工場で作っている製品の検品や梱包などの軽作業。
●病院(医療事務)…受付、問診、診察介助、カルテの入力、会計、清掃。
●銀行…窓口業務(口座開設、入出金・振込・各種申込に関する受付や確認など)、融資やローンに関連する業務。

また、一般企業でも経理事務(売上・入金確認、小口・経費清算などお金の流れを管理)・営業事務(営業が使用する社内会議の資料・顧客へのプレゼンテーション資料の作成など)では、専門的なスキルが必要となります。特別な企業であればあるだけ、資格やスキルが必要となります。事務であっても会社を支える一員のため、細かい部分に気を配って仕事を行いましょう。

あると便利!スキルによっては職場が変わるかも

事務仕事で必須となるのはWordとExcelです。しかし求人サイトを見ると「パソコンのできる方」と書かれていることが多く、どのくらいできればいいのか不安ですよね。それならば履歴書に書くことができ、自信にもなる資格を取っておきましょう。パソコン関連の資格は多いですが、マイクロソフト社の検定MOSが事務職に適しているとされています。多くの企業が利用しているパソコンソフト会社であり、Word・Excelに加え、PowerPointやAccess、Outlookの検定もあるため、希望する業務やスキルに合わせて取得することができます。そのほか、英語関連ではTOEIC、お金関連ではファイナンシャル・プランナー、ビジネスマナーであれば秘書検定、経理や財務であれば日商簿記検定を持っていると事務職の中でも業務の幅が広がります。パソコン能力が初心者であっても、仕事をしながら勉強することも可能なので、パートだからといって諦めずにスキルアップを考えてみるのもよいですね。

未経験、週3~4日から選択できるシフト制、雇用形態はさまざま

一般事務は仕事内容もですが、雇用形態も企業や職種によって違います。どの企業も正社員、契約社員、派遣社員、パート、アルバイトと多様な募集があります。また、募集要項に沿っていれば未経験でも可のところは多いです。正社員でなければほとんどが残業はなく、カレンダー通りのスケジュールで定時まで働きます。パート・アルバイトの場合は週3や週4などの日程や9時から15時まで、平日のみ・休日のみなど、シフト制を導入している企業もあります。

 

いかがだったでしょうか?一般事務の仕事は未経験でも雇ってくれる企業があるため、パートで新しく始めるのにはよいかもしれません。しかし簡単そうに見えても、奥の深い仕事であることは間違いありません。そのため、一般事務でもどの系統の企業にするかをしっかり考えて,資格を取ってから行動をしてもよいかもしれません。

おしゃれでカワイイ!?パン屋の仕事。本当のところは?【その2】

しごと探しのキホン

パン好きよ、集まれ!パン屋で働くからこそわかる秘密

f:id:edit_sirason:20161205155303j:plain

コンビニやスーパーなどと同じく接客販売を行うパン屋。扱う商品は違いますが、仕事内容は基本的に変わらないですよね。それならパン屋を選ばなくてもいいや、と思う人もいるのでないでしょうか?しかし、パン屋で働くからこそ知ることができたパンの秘密、ほかのジャンルの店では得られなかったパン屋ならではのメリットはたくさんあります。些細なことから、もっと前から知っておけばよかったと思えるものまで、【その1】にはなかったものをいくつかご紹介します。今以上にパン屋について知っておけば、パート先を探しているあなたにとって有益な情報になるかもしれません。

ただパンを売るだけじゃない。こんな頼み事も受けます!

パン屋の仕事はレジ打ちに袋詰め、商品の陳列をしますが、それ以外にもお客様の対応をしなくてはなりません。何が人気のパンか、原材料は何か、焼き立ての時間はいつかなど尋ねられたらすぐに答えられるように、スタッフは店や扱っている商品について常に勉強しています。そのため、バイトやパートのスタッフであっても、質問をしたらきちんと対応してくれます。しかし、口頭で聞くことはあっても何かを直接お願いすることはあまりないですよね。そう多くの人が思っているようですが、ほとんどのパン屋ではお客様の要望があればさまざまなことを請け負ってくれます。例えば、カットされていない食パンを買う人は自宅で好みの厚さに切っていると思います。うまく包丁で切ることができればよいですが、失敗してしまうこともありますよね。それならばパンを購入する時に頼んでみましょう。好きな厚さを言えばその幅でスライスしてくれます。また、食パンだけではなく具材の入っていないフランスパンなど硬いパンも同様に切ってくれます。焼き立てパンの注文や大量のパン注文、予約も無理な要求でなければ引き受けてくれる店舗もあるので、知っておくと便利です。

お得感あり!!パン屋さんで働くメリット

食べ物を扱う店で働くことになれば、もしかしたらタダで商品がもらえるかも…?と、一度は考えますよね。パン屋も例外ではありません。客の立場から見れば羨ましいと思う人もいるでしょう。しかし現実はそれほど甘くなく、売れ残ったパンは全て破棄するかチェーン店舗であれば工場に返却して処理してもらう店舗が多数です。中には賞味期限前であればパンをもらえる店舗もありますが、一般的ではないのでパンをもらえることが当たり前のような考えで働くことはやめましょう。しかし、タダではないですが割引制度を導入している店舗もあるため、安くパンが手に入ることはパン屋パートの利点です。家事を任されている主婦であれば家計が助かりますね。

知識を吸収!パン屋だから知っているパンの雑学

毎日、同じ物を見たり触ったりしていると自然とついてくるのが知識です。パン屋ではパンについての雑学が吸収できます。例えば、フランスパンを購入する時、一緒に透明な袋ももらいますよね。これは食べきれない分はすぐに冷凍保存(適度な厚さに切ってから)できるようにサービスで配布しています。パンは水分が多く、あまり日持ちのしない食品のため常温保存よりも冷凍保存に向いています。冷凍しておけば長期間の保存が可能になりますし、まとめ買いをしても安心です。保存方法も簡単で、食パンなら一枚ずつ、小ぶりなパンならそのまま食品用ラップフィルムに包み、保存袋に入れて冷凍庫へ。食べる時は凍ったままトースターで焼きましょう。実はパンは焼き立てが一番おいしいわけではなく、食パンなら8時間から半日、フランスパンやクロワッサン、デニッシュなら1から3時間置いた方がもっとおいしいといわれています。そのため、時間が経過してからパンを食べるのもよいですね。パン屋の仕事は販売スタッフであれば原材料、カロリー、製造に携わっていれば調理方法なども知ることができるため、日々の生活にも役に立ちますよ。

 

いかがだったでしょうか?パン屋で働いているなら当たり前のことかもしれませんが、知らなかったこともありますよね。もしパートで働くことになれば、パンについての知識はもっと増えていきます。パン好きはもちろん、普通に好きという人であってもパンマスターになれます!

おしゃれでカワイイ!?パン屋の仕事。本当のところは?【その1】

しごと探しのキホン

場所、仕事内容、時間、詳しく知るともっと働きたくなるかも

f:id:edit_sirason:20161201101707j:plain

パン屋の仕事は家事や育児に支障がでないようなシフト制の勤務が多く、未経験や年齢も関係なく始めることができるので、人気のあるパートのひとつです。パンの焼けたいい香りの中、かわいい制服で明るく楽しく仕事ができる。ベーカリーで働くイメージってこんな感じですよね。でも、早起きしなくてはならない、体力が必要になるなど負のイメージもついています。果たしてどちらが本当なのでしょうか?お店はどんなところにあり、どんな仕事をして、どんな働き方をするのかなど、パン屋についての詳しい情報を知って、これからの求人応募に役立ててみてはどうでしょうか。

パン屋はどこにでもあるのが強み!

もし「あなたの生活エリアにパン屋はありますか?」と聞かれたら、ほとんどの人があると答えますよね。自宅から徒歩圏内、駅前、デパート内、地下街、大通り沿い、ショッピングモール内など、街には一店舗以上あるところがほとんどです。その中には個人経営店、大手チェーンの系列店、国内や海外の有名ブーランジェプロデュースの店、イートインができる店、大きな駐車場がある店といったような、庶民的な店舗から個性的な店舗までさまざまなパン屋が開業しています。また、郊外の場合は大手製パン会社の工場もあります。パン屋が増えるということは、同時に求人も増えます。そのため、好きなパン屋、好きなパン、好きな場所などさまざまな理由で働く場所を選ぶことができます。自分のライフスタイルに合わせて応募できるのがパン屋の求人です!

基本はレジ打ち、中には製造の仕事も

求人広告を見ると、パン屋のパートで募集しているのは主に販売スタッフです。販売の仕事はレジ打ち、商品の袋詰め、商品の陳列、試食用の提供、トング・トレイの補充と消毒、店内の清掃を行います。イートインのある店舗ではドリンクをづくりや配膳をすることもあります。また、店舗によっては製造の仕事を任されることもあります。ただし、パン職人のように粉をこねて一から作る場合もありますし、焼くだけの状態で成形(冷凍の場合もある)されたパンをオーブンに入れる作業の場合もあります。そして販売スタッフ、製造スタッフともにパン屋の仕事で必須となるのは、商品の値段、種類を覚えることです。レジの機械によっては直接値段を打ち込むもの、パンの名前で押す場所が決められているもの、表に名前・種類で分類されたバーコードを読み取るものなど、さまざまです。値段を手打ちしなくても大丈夫なこともありますが、パンの名前は覚えていないと仕事が進まないため、必ず記憶しましょう。最近ではアレルギーを気にする方も多いので、パンの材料も覚えておくといいかもしれません。街中にある店舗について並べましたが、パンの製造工場ではライン作業の業務となり、材料の用意、用具の洗浄、梱包など、配置された場所によって仕事内容は変わっていきます。店舗であっても工場であっても肉体労働となるので、体調には気をつけましょう。

あなたの働きやすい時間を選択しちゃおう!

パン屋といえば朝が早い!と思いますよね。正にその通りで、店の開店時間にはパンが並んでいなくてはならないため、朝の勤務は焼く作業や陳列作業の時間をふまえた時間となっています。一方、夜は駅前、地下街、チェーン店となると遅くまで営業していることが多々あります。そのため、閉店後に片付けや清掃を行っていると終電間際の時間帯になることもあるようです。ほとんどのパン屋では朝、午前、午後、夜といったシフト制で勤務時間をわけていることが多く、空いている時間があれば都合を合わせることが可能です。また、朝も夜も難しい…と思っても3~4時間からの勤務でもOKのため、パートで働く人にとっては最適な職場かもしれませんね。

 

パン屋の仕事、想像通りの部分や違っていた部分もありますよね。詳しく知ると、パン屋は大変だな…と思えるかもしれません。しかし、メリットもたくさんあります。【その2】ではパン屋で働いているからこそ知り得たことをご紹介します。